レジャー

民泊という選択で東京オリンピックを200%楽しむ

民泊

スポンサーリンク

政府が、空き家問題や宿泊施設不足を少しでも解消できる手段として「民泊サービス」を積極的に後押しするようになりました。

民泊には、法令上の定めはありませんが、住宅(戸建住宅、共同住宅等)の全部又は一部を活用して宿泊サービスを提供することとしています。

特に、宿泊の需要がある東京都心を中心に、大阪、京都、沖縄などにも広がっています。

2020年東京オリンピックでは、海外から大勢の人が入国してくることは確実です。

その年の、宿泊施設の需要はピークになり日本人でもなかなか2020年の夏に宿泊施設を予約することは難しくなると思われます。

東京を中心におこなわれるオリンピックですので、全国から競技を見に来る日本人と海外からの応援で来る人たちとで、東京は大混雑が予想されています。

いかに、事前準備が大切かということです。





海外からのオリンピック観戦客だけでなく、地方から東京にオリンピック観戦に来る人たちは、宿泊施設が必要になるでしょう。

チケット代も交通費もかけて東京に来るのですから、できれば宿泊施設はできるだけ安く泊まりたいと思う人も多いはずです。

また、せっかく東京に来たのだから観光も兼ねて楽しみたいという人もいるでしょう。

そんな時に、注目したいのが

「民泊サービス」です。

宿泊施設の予約は、JTB(ジェー・ティー・ビー)やみどりの窓口(JR東日本)のような大手旅行会社や楽天トラベル、じゃらんのようネット予約などで宿泊施設を利用することがほとんどです。

東京オリンピックでは、このような方法だけでは希望する場所の宿泊施設の予約は難しくなるかもしれません。

なぜなら、オリンピックのために国内外から大勢の人たちが東京周辺の宿泊施設を利用することが予想されるからです。

宿泊の需要が最も高まる時期になるべく希望の場所に宿泊するには、いろいろな選択肢の中から宿泊先を選べたほうが、より希望に近い場所に宿泊先を予約することができるのではないでしょうか?

今回は、まだまだ利用が少ない民泊という選択肢でオリンピック観戦も観光も楽しもう、ということに焦点をあててみました。

そこで利用したいのが

STAY JAPAN(ステイ ジャパン) 

という民泊サイトです。

宿泊するだけでなく、宿泊しながら東京を楽しむことができます。

例えば、大河ドラマでお馴染みの「真田左衛門佐信繁(さなださえもんのすけのぶしげ)(幸村)(ゆきむら)」の甲冑(かっちゅう)が展示された築66年の古民家をフルリノベーションして宿泊施設にした部屋、忍者ハウスのような部屋、コンドミニアムタイプ、ホテルタイプ、本棚とベットが一体化した隠れ家タイプの部屋など個々の趣味に応じた様々な部屋のタイプがあり、ただ宿泊するだけのホテルとはまた違った楽しみ方ができるのが「民泊」です。

この民泊のもっと凄いところが、料金設定です。

普通の宿泊施設よりも、宿泊料金が平均的にかなり安くなっていることです。

宿泊スタイルとしては

●部屋タイプ

●一棟タイプ

●コンドミニアムタイプ

の3種類があります。

料金設定は

宿泊料金+清掃料金+手数料(宿泊料金の合計の15%)となっていますが、中には清掃料金を取らない宿泊施設もあります。

宿泊料金はかなり安いので、もちろん食事等は付きませんがキッチンがある為自炊ができます。
そのほか、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、電子レンジ、テレビ、アイロン、ドライヤーなどの家電が設備として置いてあるところがほとんどです。

長期滞在にも非常に便利に工夫されています。

また、休前日割増料金もない部屋が結構あります。

土日祝日しか休みがない人にとっては、旅行に行くときはいつも料金がハイシーズンの時ばかりで、旅行費用もシーズンオフに行かれる方よりは高額を払っての旅行がほとんどでしょう。

そんな中、この民泊というシステムは土日祝日でも料金が変わらない部屋もありますし、土日祝日の割増料金があっても良く利用するようなホテルの金額に比べたら格段に抑えられた金額になっています。

このような部屋を利用し、料金を抑えることで、その浮いたお金を観光で楽しむための資金に使うことができます。

 

例)夏季シーズンの土曜日、日曜日を利用して一泊で2人で東京のホテルを利用した場合

 

=大手旅行会社や楽天トラベル、じゃらんなどで予約した場合=

●ニューセントラルホテル(神田駅から徒歩2分)・・・2018年8月11日(土)~12日(日)宿泊
※5月23日現在、予約不可

●明神の湯ドーミーインPREMIUM神田(神田駅から徒歩)・・・2018年8月11日(土)~12日(日)宿泊
16,250円×2人=32500(サ・消費税込)
朝食付き

=民泊(みんぱく)= STAY JAPAN(ステイジャパン)で予約した場合=

●AND HOSTEL KANDA スタンダードダブル(神田駅から徒歩8分)・・・2018年8月11日(土)~12日(日)宿泊
9350円+1,403円(宿泊料の15%手数料)=10,753円
食事なし

※すべて2018年5月23日現在の予約状況

 

上記で比べてみて、どうでしょうか?

楽天トラベルで神田駅から徒歩圏内のホテルを探してみましたが、空室を探すのもなかなか大変でした。やっと見つけたホテルも宿泊料金が高かったです。

民泊を利用した場合、明神の湯ドーミーインPREMIUM神田の宿泊料金の1/3で宿泊できます。朝食は付きませんが、それを差し引いてもかなり安く泊まることができます!

20,000円ほど浮いたお金で、贅沢な朝食も食べれるし東京観光などで残ったお金を有効に使うことができます。

 

 

まとめ

東京オリンピック2020(東京五輪2020)が開催される年の夏の宿泊は、早めの計画、宿泊予約が東京オリンピックを楽しむ為には必要不可欠になってきます。

このように、民泊を上手に利用して浮いたお金で東京の名所巡り、オリンピック競技応援と充実した時間を過ごしてほしいと思います。

民泊を利用することで、「東京オリンピック2020の夏を200%楽しめる」を実現しよう。

⇒ オリンピック競技会場の新国立競技場のアクセスと休憩できるお店

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 鎌倉極楽寺アジサイ 江ノ電で鎌倉散策梅雨の時期のあじさいを見るおすすめスポット
  2. 都立小金井公園 都立小金井公園(とりつこがねいこうえん)は犬連れOKで入園料無料…
  3. サマーランドナイトプール サマーランドのナイトプールで楽しく過ごす為の外せないポイント
  4. 昭和記念公園花火大会 国営昭和記念公園(こくえいしょうわきねんこうえん)花火大会で花火…
  5. ムーミンバレーパーク ムーミンバレーパークオープン ムーミンの世界をそのまま体感できる…
  6. キャンプ キャンプ場でこれだけあれば満喫度120%の7つ道具
  7. 芹沢旅館 福島県で大型犬と宿泊できる貴重な温泉付き旅館
  8. 吉祥寺グルメ 東京の吉祥寺(きちじょうじ)で発見!訪れたら必ず食べたい美味しい…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大乱闘(だいらんとう)スマッシュブラザーズ
  2. 大学生一人暮らし
  3. 岡田健史
  4. 専門職大学
  5. シルバーウィーク旅行
PAGE TOP