生活

お掃除機能付きのエアコンを壊さないの清掃業者選択方法と注意点

エアコンクリーニング

スポンサーリンク

今年の夏は、猛暑を通り越して激暑です。電化製品売り場(電気店)は大忙しです。エアコンが爆発的な売れ行きを続ける中、エアコン取り付け工事が間に合わず、大変な思いをしている人が多いと聞きます。

それと同じくらい、エアコン掃除業者(エアコンクリーニング)も大忙しです。今年はエアコン使用率も高く、カビやホコリでエアコン効率も悪いし身体にも悪いとエアコン掃除を業者に頼むご家庭が急増し、お願いしてもすぐに来てもらえず、順番待ちなのです。

エアコン掃除を業者にお願いするときに、気をつけなければならないことがあります。

 

おそうじ機能付きエアコンは壊れやすい!! です。

 

最近のエアコンのほとんどはお掃除機能付きです。家電量販店に行っても普通のエアコンはあまり置いていません。

我が家もエアコンが一階二階で合計4台ありますが、すべてお掃除機能付きです。購入するときにお店の店員さんに勧められたので購入したのですが、今ではとても後悔しています。

お掃除機能付きといってもエアコンの中をキレイに掃除してくれるわけではなく、定期的にエアコン内部に付いたホコリを取ってくれるだけなんです。自分で外して掃除するのとあまり変わらないんです。





私はてっきり手の届かない中の方まで掃除してくれて、キレイになるのかと思っていましたがそれは間違いでした。

結局掃除したいけれど、手の届かないところは真っ黒なカビが付着しとれないのです。

しかも、お掃除機能付きエアコンはエアコン掃除を業者に頼むと金額がお掃除機能付きでないエアコンよりも高額なんです。

お掃除機能付きが付いていなければ8,000円くらいで掃除してくれる業者がたくさんあります。

しかし、お掃除機能が付いているだけで一台15,000円以上の料金がかかります。高いところでは20,000円くらいする業者もいるんですから、我が家のように複数台のエアコン掃除を頼もうと思っても簡単に「お願いします」といえる金額ではないのです。

しかも、お掃除機能付きエアコンの掃除は掃除する人の腕が悪いと、基盤内部に水が入ってしまいショートして壊れてしまうのです。今年は、私の周りでも掃除してもらったけど、「エアコンが壊れた。」「エアコンが動かなくなった。」と言う話をチラホラ聞いていました。業者に頼んで掃除してもらいたいけれど、どこの業者がよいのか分からなくて随分時間をかけて探しました。

くらしのマーケットというサイトのエアコンクリーニング業者一覧の中で自分の住んでいる住所で絞り込みをかけて、その中から選びました。

選ぶ基準は、

①金額

②作業実績

③損害保険に加入しているか

まず、金額です。複数台お願いするときは金額も高額になるため、なるべく安い業者を選びたいところです。ですが、安くてもしっかり作業してくれなければ困ります。

次に作業実績を確認します。大体はどれくらいのエアコン掃除をしているかを表記していますが、中には記載がない業者もあります。そういうところは、選択肢から外します。きちんと、どれくらいの数の掃除をしているのかという実績をきちんと表記してくれている業者は、信頼性も高まりますし、作業実績でどれくらいの腕があるかも判断できます。

最後に、もしも作業した後にエアコンが壊れてしまったときのことを考えると、損害保険に加入している業者が安心です。

くらしのマーケットで探してお願いしたのは「おそうじショップあきる野本店」でした。

お掃除機能付きのエアコンを2台お願いして25,000円でした。作業は、夫婦で行いエアコン洗浄はご主人で、エアコンカバーや部品を洗うのは奥様でした。エアコン掃除についてのあるある話を教えていただきながら楽しく時間を過すことができとても感じの良いご夫婦でした。作業は丁寧で、天然洗剤で汚れを落としてその後二度目のすすぎで消臭抗菌コートを無料でやっていただきました。

リビングに付いているエアコンの汚れは、ホコリ、黒カビ、油でした。掃除して出た水は真っ黒で油で分離しており、ヘドロのようでしたね、こんな汚いエアコンを使用していたのかと思うと鳥肌が立ちました。

ダスキンは、エアコンが壊れる確率がとても高いそうです。エアコン掃除で伺った先でエアコン掃除をしようとエアコンカバーを外すと部品がポロッと落ちてくる、時には数個の部品が落ちてくることもあるそうです。

前回のエアコン掃除あとにカバーを取り付ける際に無理やりに被せたたため、部品が破損してしまうケースだそうです。

また、掃除をしてもらったあと使用せず、翌年の初夏に使おうとモコンを付けたらエアコンカバーが落ちてきたという話もあるそうです。

このような破損、故障が多発してしまうのは、作業員の腕しだいと言うことになります。ダスキンだからおそうじ本舗だから大丈夫ということはないのです。結局作業してくれる人がどれだけ経験があるかが大事になってきます。

色々な種類のエアコン掃除、色々なケースのエアコン掃除をどれだけ多く作業してきたかが、その作業員の腕になるわけで、そのようなベテラン作業員にエアコン掃除を頼んだ場合は、破損や故障といったトラブルのリスクも軽減できます。

ダスキン、おそうじ本舗など有名な会社だからとお願いしても、実際ベテランの作業員が来るかは分かりません。

ですので、会社で選ぶのではなく、作業員の実績重視で選ぶのがよいのです。

くらしのマーケットは作業員の写真が載っているので、事前にどんな人が来るのかわかります。予約を入れると返信が来て日程を調整します。おそうじ機能付きエアコンかそうでないか、型番などの確認のメールが入ります。不明点などあれば質問できて訪問日当日までに不安は解消されています。当日も、作業に入る前に作業工程の説明があり、掃除の洗剤の説明があり、掃除後にはキレイになったかどうか、運転にして壊れていないかの確認を一緒にします。

料金は、予約時に確定している金額と同じ金額を請求されました。

予約、作業当日の作業行程と料金についてはとても明確な説明でわかりやすかったです。

 

まとめ

エアコン掃除業者を選ぶうえで大事なこと

①金額

②作業実績

③損害保険に加入しているか

有名な会社だからエアコン掃除を頼んで安心ということはありません。実際に作業に来る人の腕が悪ければ、故障、破損の原因になります。そして、その人達は「壊しました。」とは絶対に言いません。

④清掃作業が終了したら、必ず自分の目で確認すること。

エアコンのリモコンの運転スイッチを入れてきちんと作動するか、きちんと冷えるかを必ず確認しましょう。

日数が経ってから破損、故障に気がついてもなかなか対応してくれません。





おそうじ機能付きエアコンは、おそうじ機能としての役目をほとんど果たしていないのが現状です。このおそうじ機能が付いているだけで、エアコン掃除が複雑になり結果、清掃料金が高くなってしまうのです。

来ていただいた、エアコン掃除のご夫婦がおっしゃるには、エアコンのおそうじ機能付きは、効果がないため本来必要ないものです。

メーカーがこの機能を付けることで、高く売ることができるという戦略的なところが大きいということです。

色々なご家庭に、エアコン掃除に行きますが現在、ほとんどのご家庭はおそうじ機能が付いているエアコンを使用しているとのことです。しかし、その方達は、次にエアコンを買い換えるときは、おそうじ機能付きでないエアコンを購入すると言っているそうです。私もその一人です。

家電製品はやっぱりシンプルなのがよいという結論になりました。

⇒ エアコンの嫌な臭いをすぐに無くす方法はこんなに簡単だった

⇒ 楽天西友ネットスーパー 使ってみたら便利でポイントもどんどん貯まってお得感が半端ない!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 換気口掃除エアコンフィルター 掃除嫌いでも大丈夫ズボラな私が教える誰でもできる簡単掃除術
  2. 扶養控除等申告書 扶養控除申告書どうする? 子供がアルバイトで扶養から抜けたら税金…
  3. 個人賠償責任保険水漏れ 格安の個人賠償責任特約付加で突発的破損の出費に備えよう
  4. 虫よけ 梅雨時期に発生する虫が嫌ヤスデを退治するには
  5. e-Tax(いーたっくす)確定申告 e-Tax(いーたっくす)で確定申告(かくていしんこく) ラクラ…
  6. ふるさと納税 ふるさと納税返礼品の制度見直しで得する人はやっぱりこの人だった!…
  7. 保険セールスレディー 生命保険会社のセールスレディとして働いてみて良かったこと悪かった…
  8. 4K8K次世代テレビ 次世代放送4K8K 12月からNHKなどでスタート 今さら聞けな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 富士急ハイランド画像
  2. 虫よけ
  3. ぬか床の作り方
  4. 財布紛失手続きマニュアル
  5. 部分日食
PAGE TOP