レジャー

空いてる小さな動物園が人気!子連れのお出かけは羽村市動物公園に決まり

羽村市動物公園

スポンサーリンク

動物園って数多くありますよね、認知度が高く人気のある動物園っていつも混んでいませんか?

今回は、小さいお子さんを連れてのお出かけでおすすめの羽村市動物公園にスポットをあててみました。

休日には子供を連れて動物園に行こうと考える家族連れは多く、特に春休み・夏休み・土日祝日に毎回大混雑に遭います。

それでも子供たちのためにと、お父さんやお母さんは朝早くからお弁当を作り車を運転してまた公共機関で出かけるのです。

人気のある上野動物園をはじめ、多摩動物園、富士サファリパークなどのように駐車場に入るために苦労する動物園ばかりでなく、比較的空いている動物園で一日のんびり過ごしてみるのもおすすめです。

羽村市動物公園は、小さい動物が中心のコンパクトな動物園です。

そうは言っても、キリンやシマウマ、シカ、トナカイ、サルといった人気の動物園にもいる動物もちゃんといるんです。

基本的には鳥類を中心に小型の動物が多く展示されています。

<動物紹介>

園内は小さなお子さんでも、動物を見ながら歩ききることができるくらいのコンパクトな動物園です。

これくらいの広さの動物園なら、親も疲れすぎず子供と一緒に園内を楽しむことができます。

人気のある動物園でのお昼は、場所取りも大変です。テーブルつきのベンチや日影などは早々に取られてしまいますが、羽村動物園はそこまで混雑することは珍しくお昼時、場所取りに焦らずともどこかしらに場所を確保することができます。

芝生広場周辺には木々が多いため日差しが強い時期でも比較的日影を確保できます。

動物だけでなく春は桜、秋はイチョウの紅葉など四季折々の木々、草花の鑑賞もできいつ行っても楽しめます。

S58の蒸気機関車の展示を始め自動遊具やミュージアムショップほか職員手作りの施設が数多くあります。

羽村動物園は、手作り感満載の動物園です。

 

【名称】羽村市動物公園

【住所】〒205-0012 東京都羽村市羽4122番地

東京からJR中央線/JR青梅線で羽村駅下車
羽村駅東口から 徒歩20分

立川バス:長岡循環行又は箱根ヶ崎駅行「羽村団地」下車

立川バスのりば/運賃案内

※JR中央線は高尾方面と奥多摩方面、五日市方面があります。必ず奥多摩方面、五日市方面(青梅線)に乗ってください。高尾方面に乗ったら着きません。乗り換えは立川駅または、時間帯によっては三鷹駅で青梅線に乗り換えることができます。

【電話】042-579-4041

 

【開園時間】午前9:00から午後16:30(3月~10月/入園は16:00まで)/午前9:00~午後16:00(11月~2月/入園は15:30まで)

【早朝開園】午前6:00~午前8:00(料金無料)
※動物は見られません。
※天候によっては中止の場合あり。

【料金】
4歳未満:無料
4歳~15歳未満:50円
15歳~65歳未満:300円
65歳~75歳未満:100円(年齢が証明できるもの持参)
75歳以上:無料(年齢が証明できるもの持参)

ファミリーパスポート(家族6人分1年間):2500円

【レンタルサービス】

・ベビーカー:一回200円(リクライニングなし/対象年齢:7か月頃から2歳)
・車いす:無料

※台数には限りがあります。

【休園日】毎週月曜日/12月29日から1月1日
※月曜日が祝日の時は開園します。

【駐車場】なし

※第一駐車場は平成28年9月に用地を拡張するために閉鎖し、第二駐車場も平成28年6月末で閉鎖となっています。

 

●駐車場は完備されていませんが、車で来園したい人●

近隣のコインパーキングを利用しましょう。

動物園から一番近くて便利な駐車場は

*リパーク羽村緑ヶ丘三丁目駐車場*

・24時間営業
・収容台数:32台
・車両制限:高さ2m/長さ5m/幅1.9m
・【平日】0:00~8:00 1時間100円/8:00~20:00 30分100円/20:00~0:00 1時間100円
・【土日・祝日】終日1時間100円

駐車場から園入口まで約300m3~5分で到着します。

一番近くて、駐車料金も他に比べて安いです。

一番近い駐車場ですが、台数が少ないため混雑しがちです。

その他の近隣駐車場

*リパーク羽村神明台4丁目駐車場*

・24時間営業
・収容台数:22台
・車両制限:高さ2m/長さ5m/幅1.9m
・終日1時間200円

駐車場から園入口までおよそ700m、約10分です。

ナビタイム:羽村市動物公園周辺駐車場

まとめ

動物園内の増設などのため駐車場がなくなってしまったことは、駅から遠い動物園としては痛いポイントではありますが、大混雑がなく入園料も安く利用でき、その動物園にしかない手作り感のある動物園には大きな動物園にはない動物との触れ合いが体験できる貴重な動物園だと言えるのではないでしょうか。

⇒ 富士急ハイランド2018年7月から入園料無料化で遊び方が変わる

⇒ 南町田グランベリーパークにスヌーピー(SNOOPY)ミュージアムがオープン!その全容を公開

⇒ 中央線特急(ちゅうおうせんとっきゅう)新しくなった「あずさ」「かいじ」「はちおじ」「おうめ」利用方法ノウハウ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!

関連記事

  1. 富士急ハイランド新料金 入園無料化になる富士急ハイランドが新料金体系を発表
  2. 吉祥寺グルメ 東京の吉祥寺(きちじょうじ)で発見!訪れたら必ず食べたい美味しい…
  3. 昭和記念公園花火大会 国営昭和記念公園(こくえいしょうわきねんこうえん)花火大会で花火…
  4. 海の公園 潮干狩り 海の公園で潮干狩り シーズン到来 人気急上昇中スポットでの潮干狩…
  5. チバニアン チバニアンとは 千葉時代地層 国際基準地層が千葉県市原市に
  6. 深大寺門前そば 深大寺の門前そば 平日も休日もいつでも混雑必至!安くて美味しいお…
  7. よみうりランドイルミネーション よみうりランド 人気のクリスマスイルミネーション らくらく渋滞回…
  8. 赤レンガ横浜クルーズ 横浜赤レンガ倉庫で横浜クルーズを楽しむための絶対ここは外せない …

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 専門職大学
  2. ラグビー選手 田村優
  3. ヤフーショッピングランキング
  4. 中島翔哉サッカー選手
  5. 南町田グランベリーパーク スヌーピーミュージアム
PAGE TOP