子育て

通学定期券を購入するための必要な手順 必要な書類がないと手続きできない 気をつけることはこれ!

通学定期券購入

スポンサーリンク

毎年、3月、4月になると新入生がみどりの窓口にずら~と並んでいるのを見かけるシーズン

長い列に並んだのに、必要な書類が足りず並び直しや、出直しになったらテンション下がりますよね~(>_<)

学生定期を作るときに必ず必要になる書類があります。

確認してから一度で、定期券が作れるようにしましょう!(^_^)

ケースごとの定期券の手続き方法

新入生が学生定期を作るとき

学生が公共機関を利用して通学すると時、定期券を購入し利用することになります。

通常に購入すると正規の金額となりますが、学生定期の場合はかなり安い金額で利用できるのです。

学生がいるご家庭でJR東日本・私鉄・都営・私鉄バスなど電車やバスを利用して学校に通う場合は、必ずといっていいほど学生定期を利用することになります。

学生定期を作るときに必要な書類や手順

①みどりの窓口で申し込みをする。

②学校からもらった通学証明書。

③本人確認できるもの(保険証・マイナンバーカードなど)

通学証明書は事前に学校に申請して大体は、入学式当日に学校からもらうことができます。

その通学証明書を持参してみどりの窓口へ行き、みどりの窓口に据え置きの通学定期申込書に記載したものを併せて窓口で手続きしてもらうことになります。

よって、入学式当日は通学定期を利用することができないということになります。

その日は、通常の料金で学校へ行くことになります。

通学定期を最短で作ることができるのは、学校から通学証明書を発行してもらい、みどりの窓口で定期券を発行してもらった以降ということになります。

入学前から通学定期を購入することはできないので気をつけてね!(^_^)

入学式当日は、複数の学校でも入学式を行っていることが多くみどりの窓口は大変混み合います。

社会人1年目の方々もおり、スーツを着たフレッシュな社会人も通勤定期を購入するためにみどりの窓口に並ぶ人もいます。

長蛇の列に並ぶことは覚悟しましょう。

書類が足りないということがないよう、必要書類をしっかり揃えてから順番待ちするようにしましょう。

事前に、PC(パソコン)で定期券の申し込みすることで、当日のみどりの窓口での手続きの時間を短縮することも出来ます。

【ネットde定期】

上記のJR ネットde定期にアクセスし、事前に必要事項を入力し申し込み内容を印刷しておき、手続き当日に印刷した申込書と学校から受け取った通学証明書と学生証の3点を持ってみどりの窓口へ行きます。

※事前申し込みは、利用開始の7日前から申し込みできます。あまり早くからはアクセスしても登録できません。

待ち時間が無ければすぐに手続きしてもらえます。

事前に申込書を用意していない場合は、みどりの窓口に据え置きの申込書を当日現地で書いてからの手続きとなるので、その分時間をとられてしまいます。

当日は、多くの人が定期券を買いにきます、少しでも早く順番の列に並びたいですね!

なので、事前に申込書を印刷しておくことで、少しでも手続きを短縮できるネットde定期を利用することをおすすめします。(^o^)

年度の途中で定期を作るとき

一度、定期券を購入してしまえば継続は駅の券売機で購入できます。

定期券は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月が選べます。

定期購入ができる券売機にSuica定期を入れると継続か新規かと表示されるので、継続をタッチすると現在の定期区間が表示されます。

何ヶ月の定期を購入するかを選択したら合計金額が出るのでお金を入れるかクレジットカードを入れて決済します。

クレジットカード利用の場合は、暗証番号を入力します。

定期券の継続購入は、期限が切れる14日前から購入することができ、1ヶ月より3ヶ月、3ヶ月より6ヶ月で定期を購入した方がより安く購入できます。

学年が変わるときに定期を作るとき

年度途中の継続は、最寄りの駅の定期券売機で継続購入できますが、年度が替わるときは注意が必要です。

例えば、高校1年生から2年生に変わる変わり目の時に気をつけるということです。

定期券が継続購入で、高校1年の12月に半年(6ヶ月)定期を購入したとします。

次回の継続は、高校2年生の6月に継続定期を購入することになります。うっかり最寄りの駅の券売機にSuica定期を入れて継続購入しようとするとエラーが出ます。

学年が変わった最初の継続はみどりの窓口でないと継続定期の購入ができないのです。。

これ、結構知らない方多いです。。。

我が家の息子が高校生の時に経験したことです。。。経験しないと分からないです。。通勤定期はこのようなことが無いですから(^_^;)

学生の定期購入時の年度が変わった最初の継続更新の時はみどりの窓口で手続きと覚えておきましょう。

Suicaの定期と学生証を持って手続きをします。

学生証で学生であるかの確認を1年に一度確認しているようです。

学生定期の金額はホントに安いですから不正が無いように確認しているのではないでしょうか。

Suica定期を初めて作る

Suica定期券は、初回(新規)で購入するとき、デポジット(預かり金)500円が必要になります。定期券の金額と預かり金が当日支払う金額となります。預かり金500円はSuica定期を使用しなくなり解約すれば返金されます。

まとめ

通学定期券購入は、入学式当日以降、通学証明書を持参して手続きする。

合格通知証などでは手続きできません。必ず通学証明証を持参しましょう!

年度がまたがる継続定期購入は、定期券売機での購入ができないので、みどりの窓口にて、学生証持参での手続きとなることを覚えておきましょう。

定期券購入を少しでも時間短縮したい場合は、JR ネットde定期を利用して事前に申し込みを済ませることで当日の手続きに時間を短縮することができます。

事前準備することで、当日の定期券購入をスムーズに済ませることができます。

良かったら、参考にしてください(*^_^*)

⇒ モバイルSuica(スイカ)の攻略法「10選」 JRを賢く使いこなそう

⇒ 東急電鉄(とうきゅうでんてつ) 東急バスが サブスクリプション型チケットの販売開始! 定額で交通 遊び 食事が楽しめる その内容は?

関連記事

  1. 専門職大学 専門職大学への進学という選択 2019年4月からスタートする新し…
  2. 七五三 七五三(しちごさん) ここだけおさえれば安くても豪華な七五三が準…
  3. 大学生一人暮らし 大学進学での一人暮らしは仕送りが少なくても暮らせる4つのポイント…
  4. 子供がいる人の仕事選び 子供がいて働くときに気をつけること子供がいて働きやすい会社とそう…
  5. 2020年卒 就職活動 就職活動を有利に進めるにはインターン参加は鉄則となっている現実と…
  6. 高校進学 高校進学は私立高校と公立高校どちらがお得になるのか
  7. ジョブマッチング キャリアマッチング ジョブマッチング(JM)キャリアマッチングとはどんな制度なのか …
  8. 子育て画像 子育てで悩んだら育児書(いくじしょ)ではわからない子育ての悩み解…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 虫よけ
  2. 全米オープン大坂なおみ
  3. 桃田賢斗選手 バトミントン
  4. GSOMIA ジーソミア
  5. 鎌倉極楽寺アジサイ
PAGE TOP