生活

株主優待で株式を学ぶことの意味|自己投資という発想転換

株主優待

スポンサーリンク

最近は、銀行に定期預金をしてもほとんど利息が付かないです。

しばらく、使う予定のない資金をどうしようか迷っている人は多いのではないでしょうか。

ただ、銀行に置いておくより株主優待を利用して日常生活を少し豊かにしてみませんか?

そんな楽しみを味わいつつ、株式を少しづつ学んで自己投資をしてみるのも、将来年金では満足に生活できない私たちにとってはプラスになるかもしてません。

ただ、株式に投資するだけでは興味のない人にとっては恐怖と苦痛でしかありません。

しかし、株式を購入して保有する見返りに配当以外に飲食店の割引券や金券、食品など様々なサービスが提供されるならどうでしょうか?

年に2回又は1回そのようなサービスが受けられれば、ただ銀行にお金を寝かせておくよりも楽しみがあります。

ただ、銀行と違うのは株価には値上がり値下がりがあるので日々の株価の変動で投資金額よりも上回ったり下回ったりというリスクはあります。

ですが、短期保有でなければ株主優待目的で比較的安定した企業の株式を保有してみることは、経済や金融を学ぶ自己投資という選択肢の一つと考えてみてはどうでしょうか。

 

<株主優待おすすめ企業>

マクドナルド

(株価5,900円6/13現在)⇒100株単位のため60万円程度の資金が必要

誰もが知っている会社。ハンバーガーやサイドメニュー、ドリンクと交換できる引換券がもらえます。バーガー類、サイドメニュー、飲み物の無料引換券が6枚づつついて1冊になっています。

100株で1冊もらえます。

 

吉野家

(株価2,225円6/13現在)⇒100株単位のため23万円程度の資金が必要

300円の割引サービス券が10枚もらえます。頑張って働くお父さんの強い味方でもあります。

吉野家のアプリのクーポンとも併用できるので使い勝手もよく、吉野家以外にも「京樽」「海鮮三崎港」「はなまるうどん」でも使用できるのがありがたいです。

 

すかいらーく

(株価1685円6/13日現在)⇒100株単位のため17万円程度の資金が必要

100株保有で、500円分の食事券が6枚もらえます。6月と12月の2回もらえるので合計12枚もらえることになり、金額にすると6000円分の食事券になります。すかいらーくグループで使用でき、アプリのクーポンとも併用できます。

 

イオン

(株価2,425円6/13現在)⇒100株単位のため25万円程度の資金が必要

100株以上保有するとオーナーズカードが発行され100株で3%、500株で4%、1000株で5%、3000株で7%キャッシュバックされます。お客様感謝デーの5%オフと併用できるほか、イオンシネマの映画鑑賞が1,000円で見ることができます。

日々、イオンで買い物をされる方はかなりお得になります。

 

コメダホールディングス

(株価2,197円6/13現在)⇒100株単位のため22万円程度の資金が必要

コメカ(KOMECA)というプリペイドカードに100株保有で1,000円分チャージされる、さらに毎年5月に議決権行使するとさらに500円分チャージされます。

普段から、コメダ珈琲をよく利用する人にとってはありがたい株主優待です。

 

はるやまホールディングス

(株価1,043円6/13現在)⇒100単位のため11万円程度の資金が必要

100株保有で商品の15%割引券が2枚とネクタイorワイシャツorブラウスのどれか一点無料。

毎日スーツ着用の人にとっては大変助かる優待制度です。

 

他にも多くの企業が株主優待制度を行っています。ただ株式に投資するだけよりも何倍もお得な気がしますし、株主優待の優待分を利息と考えたら銀行よりもはるかに利回りが良いのがわかります。

※株価は日々変動しますので投資金額よりも値上がったり反対に値下がることもあります。

上記の中で一番のおすすめは

比較的投資金額も安く利回りが良い「すかいらーく」です。

まず投資金額が比較的少額で始められるのと、全国のすかいらーく系列で利用できる便利さと、気軽に利用できるファミリーレストランであることが一番の理由です。

 

株主優待で初めてから、株を保有しているうちにその会社が気になるようになり

次第に、社会経済や日経平均、為替などが気になるようになります。

社会経済や日経平均、為替に関心が持てなかったとしても、自分の保有している株価は気になるようになります。

自分の保有している株価が気にするようになり、次第に保有している株価以外の株も気になるようになります。

結果、投資に興味が出はじめて預貯金以外にも一部投資で資産形成を試みようという勇気が湧いてきます。

株式以外にも、税制優遇がある確定拠出年金(401K)やNISA(ニーサ)なども利用すると良いでしょう。

 

<上手に投資するには>

上手に投資するには、投資の種類を分散して、時間も分散し長期的に運用することが大切です。

株式ばかりに投資をしては、株価が大きく値下がりした時に大きく損失を出してしまいます。

株式・債権・投資信託など様々な種類にバランスよく投資することで値下がった時の損失を抑えることができます。

毎月コツコツ積み立てていく積み立て投資は高値づかみを防ぐ最も有効な手法です。

株主優待を目的にするのであれば、初めに数万円~数十万円の投資金額が必要になります。

この金額も怖いという方には、ワンタップバイ(One Tap BUY)という1000円から気軽に始められる株式投資をおすすめします。

まずは、投資を始めるにあたっては楽しく恐怖をなくしていくことが大切です。

怖いのは、仕組みが分からないからであって自分が理解できる範囲で投資すれば怖くありません。

投資は今後、高齢化社会と長寿国日本には必要なスタイルになっていくと思われます。

OneTapBuyワンタップバイとセゾン投信|この方法なら初めての投資も怖くない

確定拠出年金とNISA|税制優遇を上手に利用する

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. ふるさと納税 ふるさと納税返礼品の制度見直しで得する人はやっぱりこの人だった!…
  2. トマト栽培自然生え トマト栽培 完熟トマトを自然生えで育てると丈夫なトマトが育つのは…
  3. オールインワンジェル 化粧品を選ぶポイントどれを使えばきれいなお肌を手に入れられるの?…
  4. 傷病手当金 傷病手当金をもらっていると配偶者の社会保険に加入できない現実
  5. 4K8K次世代テレビ 次世代放送4K8K 12月からNHKなどでスタート 今さら聞けな…
  6. 高卒認定試験 高卒認定を目指そう高校を卒業しないと正社員で働くことが難しいとい…
  7. 病院 婦人科の病院選び あなたの行動は間違っているかもしれない
  8. 厚生労働省82万円の壁 厚生年金国民年金の82万円という新たな壁は私たちにはどんな変化が…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. エアコンクリーニング
  2. 昭島市民プール
  3. 専門職大学
  4. 芹沢旅館
  5. プレイステーション4
PAGE TOP