レジャー

横浜赤レンガ倉庫で横浜クルーズを楽しむための絶対ここは外せない 【保存版攻略法】

赤レンガ横浜クルーズ

スポンサーリンク

横浜港(よこはまこう)周辺には、横浜ワールドポーターズを始め赤レンガ倉庫、横浜中華街(よこはまちゅうかがい)、よこはまコスモワールド、横浜ランドマークタワー、クイーンズスクエア横浜などショッピングにグルメやイベントなど一日では遊びつくせない街です。

横浜はペリー来航でも知られていますが、普通の街並みとは少し違ったレトロな異国情緒(いこくじょうちょ)あふれる建物も混在していることから建造物(けんぞうぶつ)を観て周るだけでもかなり楽しむことができます。

今回は、赤レンガ倉庫周辺から出航している、赤レンガ倉庫 横浜クルーズが意外とお勧めです。

普段、陸から見ている横浜の町並みを海から見られることもあって、普段と違う横浜の風景を見ることができるので一度は乗ってみたい船の一つです。

料金も手ごろですし、昼間はもちろん夜も運行しているので個人的には両方体験してみることをお勧めします。





横浜赤レンガ 横浜クルーズ

赤レンガ倉庫 横浜クルーズの乗車料金は?

大人:1,200円

中学・高校生:800円

小学生:600円

 

駐車場は専用駐車場がないので赤レンガパークの駐車場を利用!

●赤レンガパーク第一駐車場

住所:神奈川県横浜市中区新港1-1

収容台数83台

60分500円 以降30分250円

●赤レンガパーク第二駐車場

住所:神奈川県横浜市中区新港(かながわけんよこはましなかくしんこう)1-1

収容台数96台

60分500円 以降30分250円

赤レンガ倉庫の駐車場はすぐに満車になるので早めに出かけましょう!!

祝日の12時ころの赤レンガ倉庫周辺に到着しましたが、第一駐車場も第二駐車場も満車で待つこともできません。

周辺には結構な数のコインパーキングがありますが、満車の表示が目立ちます。

周辺の道路は一方通行の道が多く、曲がればすぐに駐車場があっても、一方通行の標識でぐるりと迂回してこないと駐車場に入れません。

なので、周辺をぐるぐると何度も回ってしまいました。

駐車場があったと思っても満車の表示があって入れないことが多く、さらに終日上限なしのコインパーキングは避けて探したため、結構な時間を費やしてしまいました。

この日は、中華街にで食事をする予定になっていたので、車を出し入れしないで横浜クルーズの場所と中華街にも歩いていける距離の駐車場を探しました。

横浜赤レンガ倉庫と中華街の両方徒歩圏内の上限ありのお勧め駐車場NO,1

横浜港周辺の安くて近くて便利な駐車場はここ!!

大栄(だいえい)パーキング

住所:神奈川県横浜市中区本町2-10

収容台数31台

20分200円

最大料金:入庫当日24時まで2,000円

24時間営業

注意:使えるお札は1,000円まで、事前に両替しておくこと。

クレジットカードは使用できます。

ここの駐車場は、赤レンガ倉庫まで徒歩で14分程度、中華街までも15分程度と徒歩圏内です。

車を一度出庫して他の駐車場に停めるにも、再び空車の駐車場を探さねばなりませんし、駐車料金もかかります。

できれば、一度入れたら終日最大料金が設定されている駐車場に停めて遊ぶのが、節約の観点から見ても上手な遊び方になるでしょう。ここは、12:30頃に到着したときには2台ほどしか空いていませんでした。

できたら午前中の早いうちに駐車して、一日横浜を満喫するのがよいでしょう!

横浜へは、車と公共機関のどちらが適している?

駐車場を探す手間が嫌という人は、公共機関がよいでしょう。

JR東日本が提供しているヨコハマ・みなとみらいパスを利用するとよいでしょう。

【在来線】新杉田(しんすぎた)⇔横浜(よこはま)⇔【みなとみらい線】横浜⇔元町(もとまち)・中華街(ちゅうかがい)の区間が、終日乗り降り自由です。

大人:520円

子供:260円

JR東日本の指定券券売機(していけんけんばいき)にQR(キューアール)コードをかざすだけで購入できます。

ヨコハマ・みなとみらいパス

駐車場を探すのは覚悟の上、という人は車で行くのが楽ですね!

ショッピングで買い物やお土産が多くなったとき、混雑した電車で帰るのは大変です。その点車なら、いくら荷物が増えても気にすることはありません。小さいお子さんがいるご家庭は車のほうが断然楽チンです。

クルージングを楽しむためには?

昼間は昼間の横浜の顔を見ることができますし、夜は夜でベイブリッジや横浜コスモワールド、ランドマークタワー、マリンタワーなどのライトアップと町並みの電灯できれいな夜景を観ながらクルージングができます。

ただ、11月にもなると昼間は暖かくても夜、日が落ちると急に寒くなります。

海辺ということで冷たい風も吹きますので、船のデッキで夜景を楽しむ場合はかなりの防寒対策が必要となりますので注意しましょう。
風を通さない服装がベストです。

寒さが苦手な方は、一階は室内になっているので寒さを感じずにクルージングを楽しむことができます。

ただ、船の2階デッキから見る景色のほうが断然にきれいなので、寒さが我慢できればぜひ2階デッキでのクルージングを楽しんでみてください。

デッキには、椅子が設置されていますので座ってクルージングを楽しむことができますが、実際私が座ってみて一番のお勧め席は、先頭に近い一人ずつ座ることができるイスを選ぶのがよいです。

赤レンガ倉庫横浜クルーズ

上記のオレンジ色の場所にある椅子に座るのがお勧めです。エンジンがかかると向きを変え出発すると、目の前はちょうど山下公園やマリンタワー、氷川丸側の位置になります。

その後ベイブリッジをくぐってガントリーポイントを通過して向きを変え再びベイブリッジをくぐり大黒埠頭、大黒大橋側を眺めつつみなとみらい地区を見ながら終点になります。

私が乗車したのは2018年11月23日の14:00出発の便でした。

ちょうど太陽が少し傾いた時間帯のこともあり、太陽の光とのコントラストが写真をさらにきれいに写してくれました。

私は、座る位置を間違えて一番後方の右側に座ってしまいました。

後方の席は、日差しよけのためのポールが組まれているので写真撮影のときに不要なポールと幌(ほろ)が移りこんでしまうため、写真撮影が目的ならお勧めできない席です。

前方の席はさえぎるものがなく写真撮影に適した位置です。

ただ、景色を堪能するだけなら後方の席でもまったく問題ありません。

2階デッキで景色を堪能したいなら時間の10分前には乗り場に到着しているとよいでしょう。出発時間ぎりぎりに行った場合は2階席は満席で1階の室内の席しか空いていないということがよくあるのです。





分かりにくい横浜クルーズの乗り場

クルーズは、出航時間の10~15分前くらいまでに現地に到着しているとよいでしょう。

少しでも遅れると、乗車できません。

時間がきたら出航してしますのです。

乗り場は、少しわかりにくいところにありますが、一度行けば「あ~、ここか」という感じの場所です。

一番わかりやすいのは赤レンガ倉庫が2棟建っている真ん中の通路を海側に向かって歩いていくと、海に面した広場が広がっています。

その右手を見てみると、クルーズ船乗り場があります。

⇒ マクセル アクアパーク品川 ここが大事  楽しむための攻略マニュアル

⇒ よみうりランド 人気のイルミネーション らくらく渋滞回避術

⇒ 高幡不動尊 初詣の護摩修行は大混雑 らくらく渋滞回避攻略法

⇒ 富士急ハイランド 毎年人気の冬のクリスマスイルミネーションが無料で観られる

⇒ 谷保天満宮(やぼてんまんぐう) 初詣スポットで大人気!寒さ対策おすすめルート

⇒ アパ(APA)ホテルが横浜・馬車道にアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉開業 新たなみなとみらいの夜景スポットを完全攻略

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 深大寺門前そば 深大寺の門前そば 平日も休日もいつでも混雑必至!安くて美味しいお…
  2. アクアパーク品川 マクセル アクアパーク品川 ここが大事  楽しむための攻略マニュ…
  3. アクアプール多摩 アクアブルー多摩(たま) 雨の日でも心配なし 屋内市民プールでこ…
  4. 拝島大師 初詣 拝島大師 初詣 だるま市 混雑回避するお参り攻略法
  5. 昭島市民プール 東京都の昭島市民プールの駐車場にスムーズに入るにはこのコースが一…
  6. 八王子花火大会 2020年八王子市花火大会 場所決めから暑い日中を快適に過ごす為…
  7. よみうりランドイルミネーション よみうりランド 人気のクリスマスイルミネーション らくらく渋滞回…
  8. 横須賀海辺つり公園 横須賀海辺つり公園攻略法 一番お勧めのベストポイントはココ 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 冬キャンプ
  2. レンタカー事故
  3. PICA富士吉田
  4. 外壁 屋根塗装業者
  5. ふるさと納税
PAGE TOP