生活

ローソン(LAWSON)銀行が開業 主要銀行が次々手数料アップの時代 これからはネット銀行が断然便利でお得です

ローソン銀行

スポンサーリンク

LAWSON銀行

LAWSON銀行が開業して1年半が過ぎました。

最近、ネット銀行が注目されています!( ͡° ͜ʖ ͡°)

2020年の春頃より、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行などなどほとんどの銀行で手数料の値上げ(改定)が実施されました。。。

不便になったと感じている方が多いのではないでしょうか?

私もその一人です。( ´Д`)y━・~~

我が家は、みずほ銀行をメインバンクとして利用していますが、、、

今まではマイレージクラブの特典によりコンビニATMの「月3回まで引出し手数料無料」を利用していました。

家の近くにセブンイレブンがあり、セブン銀行のATMをよく利用していて大変便利でした。

みずほ銀行のATMまでは車で行くか電車に乗らないとないので、毎回、お給料日などは銀行へは行かずセブンイレブンの中にあるセブン銀行のATMを利用するという習慣になっていたのです。

便利だったのに、、、( ´Д`)y━・~~

2020年の春の手数料改定によりセブン銀行が対象外になってしまい、、、_:(´ཀ`」 ∠):

利用するには手数料が必要となってしまったのです、、、😭

新しくなったマイレージの特典を確認してみると、セブン銀行は手数料がかかるけれどファミリーマートの中に設置されているe-netというATMなら「月2回まで手数料無料」となっていました。

よかった〜😄

セブン銀行よりは家から距離はありますが、散歩程度の距離にファミリーマート(Family Mart)があります。

現在は、e-net(イーネット)ATMを利用しています。

最近は、LAWSON銀行も検討中です。

断然、ネット銀行の方が手数料が安いですから。。。

検討余地があります。

そんなLAWSON銀行のサービスが気になりますよね!

サービス

・普通預金

現時点でご利用できる対象は個人と個人事業主に限られています。(2020年5月現在)

ネット銀行なので紙の通帳は存在しません。また、印鑑の届出も不要です。

LAWSON銀行は、公共料金の各種振替サービスはしていないため、生活口座としては利便性に欠けます。

公共料金をクレジット決済にしてカード払いににし、引き落とし口座をLAWSON銀行にするという考え方もあります。

LAWSON(ローソン)銀行はクレジットカードサービスもあり、そのカードを利用してカード払いにし、ローソン銀行普通預金からの引き落としはかのです。

・定期預金

スーパー定期預金・・・預け入れ期間は1ヶ月から10年を指定できます。(2年を除く)

スーバー定期預金には単利と複利があります、、、

単利⇨1、3、6、9、12ヶ月で選択(2年未満で満期を設定することもできます)

複利⇨3、4、5、6、7、8、9、10年で選択

期日指定定期預金・・・1年経経過後から3年の間で自由に満期日を決めることができます。

普通預金からの振替で手続きされます。満期日に利息とともに支払いされます。

3年以内に旅行や何かの購入で積み立てを検討している人などは、利用日少し前に満期を設定することで計画的にお金を貯めることができます。

・ATM・手数料

ローソンに置いてあるATMで入出金か可能です。

ローソンは3種類のお店がありますよね!

ローソン・ナチュラルローソン・LAWSONストア100

ローソン銀行カードを利用してのATMでの入出金は、、、

下記の通りです。

一番の便利さはお預け入れとお引き出しが7;00から19;00まで、、、

なんと

無料

ということです。(⌒▽⌒)

その他手数料もネット銀行ならではの安さです。

ローソン銀行カードでなら、、、時間内なら何回引き出ししても無料なんです!

みずほ銀行だとイー・ネット(e-net)で月に2回までの縛りがあるため利便性はイマイチです。( ´Д`)y━・~~

ローソン銀行のご利用時間・手数料。画像をご確認いただけない方は、ATM備え付けのガイドフォンなどでご確認ください。

引用元:LAWSON銀行HPより

ご自宅の近くや通勤圏にローソンがある場合は、便利に利用できるでしょう。

入出金手数料も有料ですと、何度も利用するとバカになりません。

できればなんとか回避したいですよね!

ネット銀行を検討してみる余地がありそうです。^ – ^

・クレジットカード

年会費無料

ローソンのPontaポイント機能も付帯されていて便利です。

ご利用額に応じてPontaポイントも貯まります。

Apple payにも対応しているので、設定すればスマホをかざすだけで支払い完了でポイントも貯まります。

いちいち財布を出す必要がないので、お会計時にもたつくことなくスマートに支払いが完了します。

もちろんクレジットカードなので、公共料金の支払いもできちゃいます。

・オリックスローンカード

お給料日前にあと少しお金が足りないという時の味方!

できれば、使いたくないですが、、、

オリックスローンカードは利用できる枠が上限50,000円とあえて少額に設定することで使い過ぎを防ぎます。

24時間365日コンビニのATMで利用可能です。

ローソンのサイトWEBから申し込みして審査が通ればカードが発行されます。

返済方式はリボ払いとなり、毎月2000円の返済となります。また、金利は、17、8%と高いので基本的には利用しないのが良いと思われます。

どうしてもお金がないという時は、ありがたいカードでもあります。

・ローソン銀行ダイレクト

LAWSON銀行は基本的に店舗がありません。また紙の通帳も発行されませんので、各種手続きは全てインターネット(ダイレクト)を利用して手続きすることになります。

[ダイレクトでできる手続き]

・振り込み

・定期預金の入金

・Eメールアドレスの登録・変更

・住所・連絡先変更

・各種取引・支払い限度額変更

・キャッシュカード再発行

・クレジットカード申し込み

・各種キャンペーン申し込み

などです。

メリットとしては来店して順番待ちをすることなくどこからでもスマートフォン(スマホ)で手続きできることです。

・振り込み

振り込みは、ローソンのATMまたは、LAWSON銀行ダイレクトで利用できます。

手数料は上記の通りです。

・ネット入金サービス

ローソン銀行口座から証券会社やFX会社などの取引口座へ入金か簡単にできるサービスです。

株式やFXを日常的にしている人にとっては便利なサービスです。

現在提携している会社は、外為ファイネスト株式会社ヒロセ通商株式会社JFX株式会社の3社となります。

・Eメール通知サービス

ダイレクトを使用している銀行はほとんど付いているサービスです。

メールアドレスを登録しておくと、各種手続きが完了すると登録メールアドレスに、手続きが完了しましたという内容のメールが送信されます。

意外と便利なサービスです。

まとめ

ここ近年、銀行も生き残りをかけて試行錯誤しています。

店舗を持つ銀行は、地代・人件費など費用がかかるわりにはゼロ金利政策のおかげで利益を出すのが大変になっています。

そんな中、ATM手数料の無料は改善したいところでしょう、、、

利用する側からすると入出金手数料が無料なのは利便性を考えても大変ありがたい特典です。

一方、銀行側からするとかなり多額なコストになるということです。

なんとか、そのコストを減らしたいという銀行側の思惑があり今回の手数料大幅見直しになったのでしょう。

銀行にお金を預けてもほとんど金利がつかない時代です。_φ( ̄ー ̄ )

私たちも、余計なコストを銀行に払わずに済む方法を真剣に考える時にきているのかもしれません。。。

そんな中、ネット銀行を利用するという選択肢もありなのかもしれないです。


 

㈱ローソンが、ローソン銀行のサービスを10月15日から開始します。

セブン銀行が、もう10年以上前から取り組んでいるコンビニ銀行になぜ今、㈱ローソンはセカンド参入しようとしているの?

セブンイレブン(7イレブン)は全国に、2018年9月現在で20,596店舗あります。そのお店の中には、必ずセブン銀行のATMがあるので24時間現金の引きが可能です。

私もよく、みずほ銀行のカードで現金を引き出したりします。家からすぐ近くにセブンイレブンがあるため、うっかり現金がないときはセブンイレブンのセブン銀行ATMで引き出したりします。

みずほ銀行はマイレージクラブに加入していると条件によって、月4回までセブンイレブン内のセブン銀行ATMでの引き出し手数料が無料(平日8:45~18:00)になるのです。

また、イオン銀行を利用する場合も、平日の時間内(8:45~18:00)であれば手数料がかかりません。

現在、ローソンのホームページを確認すると、同じくみずほ銀行のカードで引き出しすると平日の8:45~18:00は手数料無料で引き出しでるとの記載があります。よって、預金引き出しのサービスは今のところ横並びということになります。

そうなると、店舗数が多いセブン銀行のATM利用者をローソン銀行のATMに引き込むのはいささか難しいのではないかと感じてしまいます。

わたしは、セブン銀行に口座はありませんが、セブン銀行のATMは良く利用します。

とにかく、みずほ銀行のATM探すよりセブンイレブン探す方が簡単だから、地方に旅行に行ったときには特に実感します。ちょっと現金が足りなくなってもセブンイレブンのセブン銀行ATMで下せるので利用度はかなり高いです。

ローソン銀行も、このようなセブン銀行くらい便利になれるのかが成功するかどうかの分かれ道ではないでしょうか?

ローソン銀行の概要

資本金112億円

2018年10月15日サービス開始

代表取締役:岩下 正(いわした ただし)

代表取締役:山下 雅史(やました まさし)

株式出資比率:㈱ローソン95%、㈱三菱UFJ銀行5%

事業概要⇒ATM事業、リテール事業(預金、為替、インターネットバンキング)

企業理念は、

(1)企業理念とお客さま

ローソン銀行は、企業理念「私たちは“みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」のもと、①消費者の皆さま、②加盟店および周囲の商店の皆さま、③地域金融機関の皆さま、をお客さまとして、マチという人の暮らしの場に貢献する金融サービスの提供を目指してまいります。

㈱ローソンニュースリリースより 2018年9月10日付

だそうです。

地域密着での金融サービスの提供とうたっているが、今一イメージが湧きずらい。。。

地域密着というなら、ローソンよりも店舗の多いセブンイレブンのほうが上をいくと誰もが想像してしまいそうです。

事業方針は

開業当初は以下の二つの事業から取り組み、数年をめどに新たな決済手段や資産形成を支援する商品の提供、生活に必要な金融サービスの展開を検討してまいります。

①ATM事業:提携金融機関の個人のお客さまにご利用いただいている24時間365日のATMサービスの機能強化を図ります。

②リテール事業:ローソンを利用するお客さまをはじめとする皆さまや、加盟店のオーナーや店舗のクルーの皆さまをお客さまに預金やクレジットカード※、インターネットバンキングサービスなどを提供いたします。

※クレジットカードのサービス提供には割賦販売法に基づく事業者登録が必要であり申請手続中です。

㈱ローソンニュースリリースより 2018年9月10日付

 

と言っているが。。。

24時間365日ATMサービスは、もうすでにセブンイレブンが10年以上も前からやっていることで、店舗数も多いセブンイレブンにどのように対抗するのか今一つ概要が見えてきません。

2番手で、同じようなサービスをしてどれほど成功できるのか不安が残ります。

ローソン銀行が目指すキャッシュレス決済

キャッシュレス決済への取り組みは最優先課題との認識のもと、ATMの事業基盤を通じて提携金融機関の皆さまとともに、お客さまがシームレスに利用できるキャッシュレス決済の 導入を検討しています。また、小売店舗のコスト負担の軽減にも取り組み、ローソンだけでなく、より多くの皆さまが導入しやすい環境の構築を目指します。

㈱ローソンニュースリリースより 2018年9月10日付

キャッシュレス決済は、大手金融機関はじめ店舗を持たないインターネット銀行などが現在最優先課題として掲げている取り組みであります。

中国に至っては、現金を持たずほとんどキャッシュレスで買い物をしているのが現状です。近い将来、日本にもキャッシュレス決済の波が必ずやってきます。

この波に、㈱ローソンが乗りたい、乗らなければならないという強い思いが感じられるのは私だけでしょうか?。。。

㈱ローソンのメイン事業はコンビニの小売業です。その商品を購入するのも将来はキャッシュレスになるのです。そうなった時に、自分の会社に金融事業がない、キャッシュレスを支える事業がないというのはリスキーだと考えたのではないでしょうか。

そのほか、開業から1.2年の間にコンビニで買える投資信託のサービスを提供、また電子マネーをATMで現金化するサービス、つり銭の自動積立サービスの提供も行う予定とのことですが、どのサービスも日常的に利用するだろうか?と考えてしまうのです。

このようなことから考えると、今回のローソン銀行のサービス開始で、私たちが大きく恩恵を受けられるサービスは特にないように感じています。

細かいサービスについては、まだはっきりとした発表がされていないのでなんとも言えないところでありますが、セブン銀行と同じ内容のサービス提供しかできないようであると2番手ということで苦しいのではないでしょうか。。。

我々消費者は、セブン銀行にはない画期的なサービスの提供を期待しているのですから。。。





ローソンの支店名はちょっと変わった支店名が続々

ローソンが支店名については、契約者の誕生月で決まる仕組みになっています。

1月から12月までの支店名がとてもユニークでです。(#^.^#)

例えば、1月は、「おもち」支店から始まって「チョコ」「おすし」「おにぎり」「サラダ」「アイス」「フルーツ」・・・12月は「デザート」などとローソンに揃っている商品を中心に考えたのでしょうか???

というような感じもしますが、とてもユニークでかわいらしい支店名だと現在SNSでうわさになっています。

⇒ 次世代放送4K8K 12月からNHKなどでスタート 今さら聞けないその内容

⇒ AppleCard(アップルカード)とAppleCash(アップルキャッシュ)が登場! どんなメリットがあるのか調べてみました

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!

関連記事

  1. アデコ無期雇用制度 派遣会社の無期雇用転換(むきこようてんかん)の制度は誰でもメリッ…
  2. スタッドレスタイヤ スタッドレスタイヤ購入 雪が降ってから購入では遅い事実 買う時期…
  3. ふるさと納税 ふるさと納税返礼品の制度見直しで得する人はやっぱりこの人だった!…
  4. ふるさと納税 ふるさと納税を活用して楽しみながら節税するという考え方
  5. ブルーベリーの育て方 ブルーベーリーの苗が上手く育たない原因は簡単なことだった この方…
  6. NISA(ニーサ) 確定拠出年金とNISA税制優遇を上手に利用する
  7. zoomでオンライン授業 zoom cloud meeting(ズーム クラウド ミーティ…
  8. applecard(アップルカード) applecash(アップルキャッシュ) AppleCard(アップルカード)とAppleCash(アップ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学生一人暮らし
  2. コロナウイルス緊急事態宣言 ネット通販
  3. ローソン銀行
  4. パソコン文字表示
  5. アンジャッシュ
PAGE TOP