生活

レンタカーでの軽い自損事故 警察に届けないと修理代が全額自己負担に

レンタカー事故

スポンサーリンク

レンタカーを借りるときには、必ず保険に加入します。レンタカー屋さんで保険加入手続きもしてくれますので心配はいりません。

レンタカーを借りて走行中に事故、または軽微な自損事故(じそんじこ)に遭ったときにどうするかがとても重要なんです。

うっかり警察に届け出を忘れると、修理代が全額自己負担となるので注意が必要です。

車と車

車と自転車

車と歩行者

でしたら、必ずといって良いほど警察を呼ぶことになりますので問題はありません。

問題が発生するのは、自損事故です。しかもちょっとぶつけただけの事故です。事故と呼ぶには大げさなくらいの事故に注意が必要なんです。





例えば、家の前で車庫入れをしているときにちょっとぶつけてしまった、ちょっと擦ってしまったなど、ほんの少しの損傷の場合に注意が必要なんです。

普通は、ちょっとの傷だから警察なんて呼ばない人がほとんどだと思います。

そこに落とし穴があるんです。

これが自分の車ならちょっと傷がついていてもヘコんでいてもそのまま乗り続ける、またはカーコンビニ倶楽部のような安い板金やさんで修理してもらって乗り続けるということが一般的だと思われます。

このときに、だいたい自分の保険は使わないでキャッシュで精算することがほとんどです。

これが、レンタカーの場合だとちょっと手続きが面倒になってくるのです。

レンタカー車をちょっとでもぶつけてしまったり傷がついてしまったりすると、レンタカー屋さんは保険で車両を修理します。

この修理するときに必要になるのが警察署(けいさつしょ)が発行している、事故証明(じこしょうめい)なんです。

事故証明とは、警察が現場検証をおこない、その事故の詳細を書類にまとめた物です。

この事故証明がないと保険会社は、保険金を支払ってくれないのです。

レンタカー車を借りるときに、保険も一緒に加入しています。レンタカーを借りている最中に人身事故(じんしんじこ)や物損事故(ぶっそんじこ)、自損事故(じそんじこ)にあった場合はレンタカーを借りるときに加入した保険で処理することになります。

相手がいない、自損事故や物損事故の場合でも警察を呼んで事故証明を作成してもらうことが必要なんです。

ちょっとしかぶつけていないからと、警察を呼ばないでレンタカーを返却してしまうとその修理代は保険が使えなくなりますので、自腹で支払うことになるので注意が必要です。

ちょっとでもぶつけて凹んでしまったら、または車両のボディーを傷つけてしまったら、その場で警察を呼んで事故証明(じこしょうめい)を作成してもらいましょう。

軽い傷で、警察に連絡を迷うときは、レンタカー屋さんがくれた書類の中に「事故したときは」という書類があります。

その中に連絡先が入っていますので、そこへ電話をしてどのように処理すべきか指示を仰ぎましょう。

そのまま、何もせずに数日過ぎてしまってからやっぱり事故証明が必要だったと気がついた場合はどうしたらよいでしょうか?

とにかく、数日過ぎてしまっても警察に連絡して現地に来てもらい現場検証をしてもらいましょう。そして事故証明を作成してもらいましょう。

我が家の息子が、レンタカーを借りて家の前で車庫入れ中、シフトをバックに入れ忘れてアクセルを踏んだので前方の縁石とミラーポールに車の前方ナンバープレートの当たりをぶつけてしまい、ナンバープレートは曲がっていましたが、ボディーはほんの少し凹んだかなという軽微な損傷だったため、警察を呼びませんでした。

ネッツトヨタ多摩(ディーラー)の担当者には電話したのですが、夜だったのと次の日もディーラーが定休日で、レンタカー屋さんに連絡がつかないとのことから明後日、ディーラーから連絡が来ることになっていたので安心していました。

今回のレンタカーは、直接レンタカー屋から借りたのではなく、我が家の車が追突されたため修理に出している間、ディーラーが用意してくれた車がレンタカーだったと言うことなんです。

なので、ぶつけてしまったときもつい、ディーラーの担当者に連絡をしてしまったと言うことなんです。

ディーラーの担当者も、ちょっとした自損事故なので警察の連絡は不要と思っていたようです。

そんなこんなで、警察への連絡が2日後となってしまったのです。

利用しているレンタカー屋はオリックスレンタカーで、そこが契約している保険会社は東京海上日動火災保険会社(とうきょうかいじょうじちどうかさいほけんがいしゃ)でした。2日後に保険会社に連絡を入れると、警察に連絡しましたか?といわれました。

相手がいない場合の軽微な事故でも、警察に連絡してくださいと言われてしまったのです。

警察に連絡すると、どうして連絡しなかったのかとチクチク言われます。

それでも、レンタカーの修理代が自腹になりたくないのであれば警察に連絡して現場検証をしてもらいましょう。

できれば、ぶつけた時にその場で警察に連絡するのが一番簡単に済みます。

事故したときに連絡すれば、事故した現場から一番近い交番から警察官が自転車かバイクでやってきて簡単に現場検証して終わりになります。

我が家の息子のように、2日経ってから警察に連絡すると○○警察本体の交通課からやってくることになり時間はかかるし、よく見る大きな警察のワンボックスでやってきますので目立ってしょうがないです。

手間暇かかる上に、ぶつけたらすぐに警察に連絡するように教習所で習ったでしょ。。。

すぐに連絡しないとダメだよ、などなど結構長いことグチグチ注意されます。

そんなこんなで、現場検証が終わると警察官は警察署に戻り現場検証の書類を作成することになります。





この書類がないと、保険会社は保険金を支払えないという仕組みになっているのです。

現場検証が終わった後に、車屋(ディーラー)と保険会社に連絡をして終了となります。
この後は、レンタカーを返した後、レンタカー屋さんが車を修理に出すことになります。今回のレンタカーの契約には免責事項(めんせきじこう)があり、物損、人身の事故の場合は5万円の免責あり、営業補償(えいぎょうほしょう)として2万円または、5万円の免責がありとなっています。

我が家は、物損事故のため5万円と修理に出している間の営業補償として2万円の合計7万円は支払うことになります。

それでも、保険金が出るおかげで修理費の一部負担で済むので助かります。

まとめ

レンタカーを借りて車に傷がついたり凹んだりと軽微な損傷であっても、保険を使って修理するため必ずその場で警察に連絡して現場検証を行うこと。

これを、怠ると修理代全額自己負担となりますので注意する必要があります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!

関連記事

  1. ローソン銀行 ローソン銀行が開業 私たちにどんなメリットがあるのか検証してみた…
  2. カーシェアリング カーシェアリングを利用するかマイカーを購入するか実際に検証してみ…
  3. ぬか床の作り方 ぬか床の作り方と上手に保存する方法を知って健康的に節約しよう
  4. 家庭菜園 古土再生利用 家庭菜園 植え替え時期と節約効果抜群 誰も教えてくれない古土を再…
  5. クリスマスリースおすすめベスト3 クリスマスリース(Xmas wreath)おすすめベスト3 クリ…
  6. DULTON武蔵村山 ダルトンファクトリーサービスがオープン 武蔵村山にオシャレなイテ…
  7. 田島橋交差点付近災害情報 東京都八王子市田島橋交差点付近の災害情報と回避策リアルタイム
  8. 1DAY保険 1DAY保険に注目自動車任意保険料が高い若い世代は上手に活用しよ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. アクアパーク品川
  2. 横田基地友好祭
  3. パブリックビューイング スポーツバー
  4. 格安スマホmineo
  5. 高尾山紅葉
PAGE TOP