レジャー

福島県で大型犬と宿泊できる貴重な温泉付き旅館

芹沢旅館

スポンサーリンク

大型犬を飼っているご家庭は、旅行に行くときにいつも宿泊先を探すのに苦労しませんか?

私もゴールデンレトリバーを飼っていますが、旅行に行きたくても犬を置いて泊りがけで出かけることはできないですし、ペットホテルに預けるのも抵抗があります。
大型犬のため、預かり料も高いですし小さなケージに一日入りっぱなしでは可哀そうです。

そうなると、犬も一緒に旅行に連れて行くという選択肢になってきます。

犬が宿泊可のホテルや別荘、旅館を探しますがなかなか見つかりません。

小型犬との宿泊の場合は、比較的多くの宿泊先で受け入れ体制ができているようです。

都心のホテルから、旅館、別荘まで大体どこでも選べます。





しかし、大型犬となると話は変わってきます。

大型犬との宿泊の場合は、基本的にホテルは難しいのが現状です。

犬宿泊可だったとしても小型犬までが限界で、大型犬は論外です。

では、大型犬との宿泊はできないのでしょうか?

そんなことはありません、ただ素敵なホテルだったり旅館であったりの宿泊はほぼ無理でしょう。

大型犬と泊まることができるのは、貸別荘、キャンプ場、ペンションが基本になります。

海よりは山のほうが大型犬と一緒に宿泊できる施設は多くあります。

今まで、大型犬と一緒に泊まることができる宿泊施設をいろいろ探し、利用してきましたが一番利用が多かったのは貸別荘(ロッジ)とキャンプ場です。

金額が比較的安いのと、なんといっても大型犬宿泊可の施設だからです。

ホテルや旅館に泊まりたいと思っても、宿泊できる施設がほとんどないのが現状です。

貸別荘やキャンプ場以外に利用したのはペンションです。

大型犬と旅行するときは、この3つの施設の利用がほとんどになります。

大型犬を飼って20年近くなりますが、今まで旅行するために宿探しで手ごろな値段で大型犬受け入れ可能な旅館は一つもありませんでした。

今回、私が20年近く大型犬宿泊受け入れ可能な宿を探してきて、滅多にお目にかかれない、大型犬同伴可能な温泉付き旅館を発見しました。

福島県の須賀川インターを降りて車で10分くらいのところにある、

 

芹沢旅館(せりざわりょかん)という名前の旅館です。

 

門構えは立派で、いかにも高級旅館という感じでした。

本当に、大型犬も一緒に泊まれるのか不安になるほどでした。

入口で、旅館に電話を掛けて到着したことを伝えると入口の門が開く仕組みです。

中に入って行って駐車場に停めましたが、やはり入口が立派なので念のため、犬の宿泊についての説明を聞きに私だけフロントへ行きました。

入口で女将と看板犬と数名の従業員がお迎えしてくれました。

犬はどこから入れば良いか確認すると、普通に入口から入ってエレベーターで部屋まで行けるとのことを説明され驚きました。

部屋に入ると畳敷きの12畳くらいはあるであろう広い畳の部屋に犬もそのまま入って良いとのことでした。

これには、かなり衝撃を受けました。

入室した時に、部屋に動物の匂いもなく畳も壁もとてもきれいで、本当に犬も一緒に泊まって良い部屋なのか不安になるほど立派だったのです。

窓からの景色もきれいで、ゆっくりくつろぐことができました。

さらには、自家温泉もあります。

アルカリ性単純温泉で泉質は単純重層泉で、少しぬるぬるした感じのお湯です。ぬるぬるしてるからといってベタつくわけでなく、皮膚がしっとりつるつるになります。

ここの温泉は、旅館に宿泊した人しか利用できないため人が少なく、ゆっくりと温泉を楽しむことができます。

食事についても、食堂まで犬同伴が可能なので犬を部屋に置いてくる心配がないので安心してゆっくりと食事ができます。

<宿泊の夕食>

芹沢旅館食事

このように、人間、犬両方にとって非常に満足できる時間を提供してくれます。

このようなサービスをしてくれる、大型犬同伴可能な旅館は非常に貴重です。

 

芹沢旅館(せりざわりょかん)

一泊二食 13,000円(外税)

ワンちゃん 2,000円(外税)

入湯税 150円(外税)

 

なんといっても休前日でも料金が変わらないところが良いです。コストパフォーマンスは抜群です!

 

旅館は福島県須賀川市というところにあり、なんとなく有名な観光名所が少ない場所だなと感じることでしょう。

しかしここの旅館は、観光目的としての宿というよりはこの旅館でゆっくりするという目的で来ても十分満足することができます。

部屋でのんびり過ごしたり、ドックランで遊んだと一日をゆっくり過ごすことができます。ドックランで遊んだ後は、犬専用の足湯で足の疲れをとってあげてください。

 

それでも、せっかく福島に来たのだからどこか観光したいと思っている方は、

 

●福島県須賀川市周辺の観光●

名勝牡丹園

東京ドーム3個分の広さの園内で290種類、7000株の古木が植えられています。色々な種類の牡丹が植えられており四季折々楽しむことができます。ペットについては基本的には不可となっていますが、小型犬でケージやカートに入っていれば入園できます。

平成3年5月14日~は有料だった入園料が無料となり、気軽に来園が可能になっています。

有料開園期間:平成31年度 4月第三金曜日から5月下旬予定

住所:〒962-815 福島県須賀川市牡丹園80-1

電話:0248-73-2422

駐車場:無料(1300台)

 

日本三大松明(たいまつ)あかし

福島県須賀川市の伝統行事、日本三大火祭り!

毎年11月に、岩瀬八幡神社の前夜祭で始まり当日は、翠ヶ丘芝生公園広場や松明(たいまつ)通り周辺は出店などで賑わいます。

その後二階堂神社→妙見児童公園→見晴駐車場→五老山と順番に松明(たいまつ)が点火されていきます。

お祭り当日は大変混み合います、車よりも公共機関の有料シャトルバスなどを利用して楽しんだほうがよさそうです。

 

日本百選乙字ヶ滝

日本の滝百選の一つとなっています。

那須連峰の阿武隈川が国道118号線を境に断層を作って、川の水が乙字の形をして流れて見えることで「乙字ヶ滝」言われるようになったそうです。

大雨などで水かさが増えると川幅いっぱいに落下する様子が小さなナイアガラの滝と言われ平成2年に「日本の滝100選」に選ばれました。

住所:福島県須賀川市前田川字滝下地内

 

須賀川花火

福島県内最大級の花火大会です。





音楽創作花火、尺五寸玉、ナイアガラ、有名花火師の尺玉共演など約1万発の花火が夜空に舞います。

須賀川市の中心部を流れている釈迦堂川と阿武隈川の合流地点の市民スポーツ広場が打ち上げ会場です。花火を見るなら釈迦堂川や阿武隈川の両岸の堤防でレジャーシートを敷いての鑑賞が良いでしょう。

あぶくま洞

住所:福島県田村市滝根町菅谷字東釜山1番地

電話:0247-78-2125

開園:年中無休(季節により若干開園時間が変動)

入場料:大人1200円 中学生800円 小学生600円

駐車場:乗用車700台、バス30台 無料

ペット:不可

芹沢旅館から車で約1時間の場所にあります。

約8000万年という膨大な歳月をかけて作られた大自然の洞窟。洞内には東洋一といわれる鍾乳石が続くあぶくま洞。

落ちた地下水の水が様々な形の表情を作り訪れた人を魅了しています。

 

福島県須賀川市といって、ぱっと観光名所を思い浮かべられないかもしれませんが、実は結構観光スポットはあるんです。

残念ながらペット可のところは少ないですが、ペットとの時間を過ごす時はゆっくりと芹沢旅館で時間を過ごし、たまには名所観光にペットを預けて芹沢旅館を訪れて見るのも良いでしょう。

ペット同伴でもそうでなくても、十分に満足できる貴重な旅館です。

 

キャンプ場でこれだけあれば満喫度120%の7つ道具

富士急ハイランド2018年7月から入園料無料化で遊び方が変わる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. PICA富士吉田 PICA富士吉田(ぴかふじよしだ)キャンプ場とその周辺の楽しみ方…
  2. 横須賀海辺つり公園 横須賀海辺つり公園攻略法 一番お勧めのベストポイントはココ 
  3. ムーミンバレーパーク ムーミンバレーパークオープン ムーミンの世界をそのまま体感できる…
  4. 昭島市民プール 東京都の昭島市民プールの駐車場にスムーズに入るにはこのコースが一…
  5. 千葉ポートパーク 潮干狩り 千葉ポートパーク アクセス抜群で潮干狩りやバーベキューが楽しめる…
  6. 横浜中華街 横浜(横濱)中華街巡り|必ず満足できる食べ歩きお勧めコース公開
  7. 聘珍樓 横浜中華街に行かなくても聘珍樓で食事ができる穴場スポットがある
  8. 鎌倉極楽寺アジサイ 江ノ電で鎌倉散策梅雨の時期のあじさいを見るおすすめスポット

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. コールセンター
  2. W杯ワールドカップ
  3. applecard(アップルカード) applecash(アップルキャッシュ)
  4. 萩野公介とmiwa交際
  5. 部分日食
PAGE TOP