生活

ゲリラ豪雨の水害から身を守るために普段からしておくべきこと

ゲリラ豪雨災害

スポンサーリンク

昨今、毎年のように日本各地でゲリラ豪雨が発生しています。そのたびにどこどこの○○地区水没(浸水)とのニュースが後を経ちません。

日本は、もう亜熱帯地域になってしまったのかと錯覚する人もいるのではないでしょうか?

まさか、自分の住んでいるところが浸水するなんて、土砂崩れになるなんてと思っている人は多いです。実際に被害に遭った人のインタービューをニュースで聞いても「まさか、家が水没するとは思わなかった」「まさか、土砂崩れになるなんて思わなかった」と言う人が結構いるのです。

被害に遭ってから、もっと早く避難しておけば良かったという言葉もよく耳にします。

でも、実際ゲリラ豪雨などが始まったら、避難の放送が流れても雨や雷の音に消されて全く避難勧告の放送は聞こえてきません。そうなると、自分だけが頼りになります。

人を頼ってばかりではこのような災害から逃れることはできないということをよく理解することが大切です。普段から自分の住んでいる家周辺のハザードマップを確認して、危険地域にあるのかそうでないのかを確認しておくことです。次に、避難しなければならなくなった場合、どこへ避難すればよいのかということを知っていなければなりません。

では、どのように確認していけば良いのでしょうか?





自分の住んでいるところの災害情報を確認する方法

八王子市編

お住まいの市役所のホームページを開く

 

八王子防災

ホームページを開いたら大体トップページのどこかに、災害・防災というアイコン(ボタン)があります。八王子の場合はトップページの右端の真ん中あたりにあります。

そこをクリックして開いてください。

八王子災害に備えて

開くと、防災情報の項目がいくつか出てきますので、「災害に備えて」をクリックします。

 

八王子洪水ハザードマップ

開くと、洪水ハザードマップや土砂災害ハザードマップ、避難指定場所などの項目がでてきます。基本的にはここのページで自分の住んでいる地区の洪水時の状態、土砂災害の場所、避難指定場所の確認ができます。

一つの例として、洪水ハザードマップを開いてみます。

八王子ハザードマップ地図

洪水ハザードマップを開くと、八王子市全域の地図があります。八王子を4つの地区に分けて洪水ハザードマップが作られていますので、自分の住んでいる地区のマップ(地図)を開きます。

上記の地図は、中央地区・北部地区の洪水ハザードマップです。地図の右下の方に家のマークがあり、色分けして浸水時の深さを表しています。

黄色・・・0.5m未満

オレンジ・・・0.5~1.0m

ピンク・・・1.0~3.0m

薄むらさき・・・3.0~5.0m

濃いむらさき・・・5.0m~

となっています。

自分の住んでいる場所を地図で探して、そこは何色になっているかを確認するのです。

例えば、地図上の東海大八王子病院(とうかいだいがくほちおうじびょういん)を見てみると、何色も付いていません。これは洪水になっても浸水しない地域ということになります。

石川市民センターの周辺は黄色い色が付いていますので、0.5メートル未満の浸水の可能性があります。

多摩川周辺(たまがわしゅうへん)や谷地川周辺(やじがわしゅうへん)といった川の周辺はピンクや紫色が多いため浸水の深さも高くなりますので、洪水警報が出たら、またはゲリラ豪雨の場合は注意しなければなりません。

若い人で一人暮らしをしている人は、その地域にあまり関心がないかもしれません、また高齢世帯はパソコンがある家庭も少なく、ハザードマップを見る機会もないかもしれません。

一人暮らしの人も一度は、住んでいる市役所のホームページから洪水ハザードマップと土砂災害ハザードマップ、避難所を確認しておくようにしましょう。

高齢の世帯は、お子さんがいれば一度お願いして市役所のホームページを見て確認してもらうのも良いです。お願いできない場合は、市役所に行けば確認できます。

普段から、自分の住んでいる場所の状況が分かっていれば、いざ、ゲリラ豪雨や土砂災害、地震が起こったときに慌てずに対応できますし、どこへ逃げれば良いかも迷わずにすみます。

本当に災害が起きたときは、一分一秒を争うことになります。スムーズに逃げるには日頃からの対策が大切なのです。

災害が起きたときに避難する場所ですが、我が家の場合は近くの市民センターと小学校が避難所となっています。

ですが、ここで注意が必要です。

地震・洪水・土砂災害と災害は様々です。避難場所がすべての災害に対して適した場所にあるとも限りませんので、地震の時の避難場所、洪水の時の避難場所、土砂災害の時の避難場所と、災害ごとにどこに避難すべきか確認しておきましょう。

我が家のケースは、洪水の場合は市民センターは避難場所になりません。何故かというと洪水ハザードマップの0.5m未満の浸水のヶ所に該当しているからです。よって洪水が起きたときの避難場所は小学校となります。地震の時は、市民センターと小学校の両方が避難場所となります。

このように、それぞれのお住まいの地域の形状によって災害ごとの避難場所も変わってきます。

ここまで確認できれば安心です。

実際に災害が起きたときには

実際に災害が起きたときには、ゲリラ豪雨のような大雨の場合は外のアナウンスはほとんど聞こえません。これは今年の西日本の岡山県真備町(おかやまけんまびちょう)の川の決壊氾濫でおおきな被害がでた地域の人々のテレビのインタビューでも話していたことです。

しかも、市役所のホームページで災害の確認をしたい、ハザードマップを確認したいと思ってもそのときは同じように考える人が多くアクセスが集中するため市役所のホームページが開かない可能性があります。

実際、先日我が家の地区で大雨が降ったときに八王子市役所のホームページにアクセスしましたが混雑のためアクセス集中となり開きませんでした。

いつもと違う状況になったときは、自分で自主的に避難することが大切です。

NHK(エヌエチケー)ニュース・防災のアプリをダウンロードして、自分の地域を登録しておくと災害情報から気象予報・注意報・避難情報・災害関連情報・熱中症情報をいつでも見ることができてとても便利です。地域の設定は3ヶ所まで可能です。自分の家、会社、実家、学校などの住所を登録しておくと安心です。

データマップを開き現在地をクリックすると現在の場所が+表示され河川をクリックすると氾濫状況を確認できます。

もう一つは、気象庁のホームページから災害情報を確認できます。河川の氾濫・土砂災害・地震の情報・気象情報・竜巻情報・高温注意報など気象のことならほとんど確認できます。

これだけ情報があれば、災害が起こったときにどのような行動をとったら良いのかが明確になり逃げ遅れも防ぐことができます。

火災保険・地震保険の重要性

一戸建てにお住まいの方は、火災保険を見直してみましょう。洪水のような水害(水災)の場合に保険金が下りるか確認しましょう。

地震保険に入っていない人は、今後のことを考えて地震保険を検討しましょう。地震が原因で起きた火災や津波による損害は地震保険に加入していないと下りません。

だたの、火災保険だけでは、単純に火事が起きたときしか対応しないのです。震災被害に遭ったとしても、被害の満額の保険金を受け取れるわけではありませんが、家の建て直しや生活の一部として保険金を使うことができます。

東日本大震災の時には、生命保険や地震保険に加入していた人はその保険金で生活を立て直すことができたという話も聞きます。





まとめ

・災害が起きる前から、自分の住んでいる地域のハザードマップを確認しておく。

※パソコンがない人は、市役所に行って確認する。

・洪水のときと地震のときの避難場所を確認しておく。

・実際災害が起こったときには、市役所のホームページを見ることは困難。

気象庁のホームページやNHKのニュース・防災アプリを上手に活用して逃げどきを逃さないようにする。

・スマートホン(スマホ)がなくアプリを見ることができない人は、NHKテレビを活用する。

とにかく、災害が起こる前からどれだけ準備できているかでとても大切なのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. レンタカー事故 レンタカーでの軽い自損事故 警察に届けないと修理代が全額自己負担…
  2. 格安スマホmineo 格安SIMマイネオで年間19万円以上スマホ通信費を節約できた方法…
  3. トマト栽培自然生え トマト栽培 完熟トマトを自然生えで育てると丈夫なトマトが育つのは…
  4. 葬儀 葬儀費用を安く抑えるためのポイントはこの2点だった
  5. OneTapBuy OneTapBuyワンタップバイとセゾン投信この方法なら初…
  6. e-Tax(いーたっくす)確定申告 e-Tax(いーたっくす)で確定申告(かくていしんこく) ラクラ…
  7. ふるさと納税カード ふるさと納税で2倍楽しむには利用先を上手に選ぶことだった
  8. 保険セールスレディー 生命保険会社のセールスレディとして働いてみて良かったこと悪かった…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 富士急ハイランドクリスマスイルミネーション
  2. ハロウィングッズ
  3. レンタカー事故
  4. エアコン掃除
  5. リクルート服装
PAGE TOP