ブルーベーリーの苗が上手く育たない原因 わからず悩んでいたらこの方法で簡単解決!

ブルーベリーの育て方 生活

 

毎年、春先になるとホームセンターでいろんな苗が出はじめ、今年こそは果樹の苗を育てるぞ!って思っちゃう。

 

毎年3月下旬~ゴールデンウィーク(GW)にかけてホームセンターや園芸センターを訪れては、いろんな苗を見るのが楽しみであります。

現在は、巨峰という品種のぶどう(ブドウ)、ブルーベリー、サイパンレモン、グースベリー、ハーブ、パセリ、イチゴ、を通年育てております。

今回はその中の、ブルーベリーについての育てた方でお困りの方へ、

 

我が家はこうやって花付きに成功しました。

ちょっとでも参考になればと思います。

我が家は、現在ブルーベリー2代目です。

1代目は上手くいかず枯れてしまいました。

主人が、どうしてももう一度育てたいというので、新たに2種類のブルーベリーの苗を購入したのは去年の春です。

いつも冬越しが上手にできないのと、上手く花がつかない、受粉も上手くいかず実になりずらいの3つの課題が克服できず上手く育ちませんでした。

 

去年購入して育てている苗は、この3月暖かくなってきて去年と断然違う成長に驚いております。

前回の苗は育ててもあまり成長せず、葉っぱが赤黒くなって弱ってしまい、葉っぱがポロポロ取れて根っこもクラクラして、全然根付いていないなと感じておりました。

案の定、冬を越せず春になっても古木のような色で新芽が出てくることはなく、枯れてしまったというわけです。

 

今年は、3月下旬の時点で花がたわわについております。

葉っぱもキレイな緑色です。

根っこもしっかり根づいており、上手に冬を越せたのだと実感しております。

前回のブルーベリー苗と2代目のブルーベリー苗の育て方で何処が違っているのか、、、

全然育て方が違っております。

だから育たなかったんだと言うことも今回の体験で分かりました。

ブルーベリーを育てるのに苦労している方は多いのではないでしょうか?

我が家も何年も育ててやっと上手に育てることができるようになってきました。

それでは、どのようなことに注意して育てれば良いのか簡単にお伝えしちゃいますね。

★育て方

失敗例と解決策をわかりやすく記載しました。

*ブルーベリーの品種*

ハイブリッシュ系は夏の暑さには弱いけれど耐寒性があります。
ラビットアイ系は夏の暑さには強いけれど耐寒性がないとされています。

ご自身のお住まいの地域の気候に合わせてセレクトすることをおすすめします。

我が家で育てているのは「サザンハイブリッシュ系のケープフェア」という品種で耐寒性と耐暑性どちらにも強いという品種の苗を育てております。

普通にホームセンターで購入することができます。

このときは1,000円程度で購入することができました。

*植え方*

【失敗例】

ブルーベリーは必ず2本の木が必要で、同じ品種を2種、一緒に育てないと実がつかないとよく言われます。

ブルーベリーには「ハイブリッシュ系」と「ラビットアイ系」があります。

我が家はその苗を一つの鉢に一緒に植えるのだと勘違いしておりまして、2品種の苗を一つの鉢に並べて植えておりました。

これは絶対NGです。

 

【解決策】

2品種の苗はそれぞれ別の鉢に植えてください。

使用する土はブルーベリーの土というホームセンターで売っている土を使用すると手軽です。

ブルーベリーの土は酸性でないとダメなので自分で調整するには手間暇がかかります。

ブルーベリーの土は、すでに酸性に調合されているので手軽で失敗が少ないのでおすすめです。

二種類のブルーベリーの苗を同じ鉢に植えると上手に成長してくれません。

一緒に植えると強い方のブルーベリーの苗だけ生長して、弱い方の苗はほとんど根張りできずいつまで経っても大きく成長していきません。

時間の経過と共に、葉っぱの色が悪くなりポロポロ落ちていき、最後には根っこもグラグラになってスポット抜けてしまいます。

さらに、鉢を分けても隣り合わせで置くのもよくないとのことです。

なんと悲しいことでしょう。。。。

*夏越し*

【失敗例】

最近の8月~10月上旬頃までの日中の直射日光はかなりキツいです。

焦げそうなくらい。。。(-_-;)

苗を気にかけず、常に直射日光に当たりっぱなしにしていたため、葉が焼けてしまいました。

土の中も蒸れるし、根っこも傷んでしまった気がします。

解決策】

できれば半日陰くらいの場所で風通しの良いところで過すのがベストです。

昔は、暑くなっても30℃くらいの気温でしたが、近年は地球温暖化の影響もあり、40℃になるときも結構ありますからね。

我が家は、東京の八王子ですが夏の暑さが尋常ではありません。

暑すぎても植物にはあまり良い影響をあたえないのです。

*冬越し*最重要ポイント

【失敗例】

何もせずにそのまま屋外で冬越しをすると、翌年はほとんどの確率で花芽が出ません。

我が家がそうでしたので。。。

冬になると葉っぱが落ち花もないため枝だけになります。

そのまま屋外で冬越しをすると苗がだめになる一番の原因は極度の気温低下と霜です。

我が家は冬の一番寒い時でマイナスの気温になります。

さらに雪が降ったり、霜が降りたりする日が多いのです。

そんな過酷な状況下で冬越しさせてしまった苗は、翌年に花芽がつかなくてもしょうがないと考えましょう。

【解決策】

一見すると何でもないように見えるブルーベリーの枝(苗)も翌春に向けて準備期間中なのです。

冬越しをいかに上手にするかで翌年の花芽の付き方が全く違います。

11月頃、気温が急激に下がってくる頃にはビニールハウスの中で苗を育てるようにしましょう。

ビニールハウスの中でも直接地面に鉢を置くのは避けた方がよいです。

どんどん気温が下がってくると地面の温度も下がってきます。

我々人間も底冷えするのと同じです。

直接地面に鉢を置くと地面の冷気が直接伝わってきてしまうので苗にあまりよくないのです。

一番良いのは、レンガなどの上に置くか、最も良いのは発砲スチロールです。

ホームセンターの資材売り場に行くと板状の発砲スチロールが100円程度で売っています。

薄いレンガを四つ角に置いて、その上に発砲スチロールの板を敷いてその上に鉢を置いてください。

発砲スチロールの威力は凄いです。とにかくあたたかいですから、、、、

少し厚めの発砲スチロールを購入してくださいね、薄いと鉢の重さで割れてしまいますので、、、、

ビニールハウスにしっかり収納したら、夜は入り口もチャックをしっかり締めてくださいね。

昼間日差しがあり暖かいときは、ビニールハウスのチャックを空けて空気の入れかえをしてください。

冬の間は、土の表面が乾いてきたら水やりをするくらいで十分です。

ブルーベリーは、湿気を好むため、冬屋外で過すよりもビニールハウスで過す方がほどよい湿気の中で過すことができるので環境としてもベストなのです。

【 店内ほぼ全品ポイント10倍★2/1 19:00-23:59 】 【4段 ビニール温室 】ビニール スリム 温室 透明ビニールシート チャック式 ガーデン フラワー ラック ビニールハウス ガーデンハウス フラワースタンド 雪 保温 花 野菜 庭 グリーンキーパー 対策 OSTSM-4 OST2-CY4GY

猛烈に寒い冬、上手に冬越しできると、翌年の3月頃には沢山の花がつきますよ。

まだ去年の苗なのであまり大きく成長していませんが花は沢山ついていますね。

ブルーベリー苗 ブルーベリー苗

★花が開花して実をつけるには

 

ブルーベリーの実がならないのはどうして????

【失敗例】

二種類のブルーベリーの苗を植えただけで何もしないでそのままにしておくケース。

我が家はその典型的なケースを1代目のブルーベリー苗のときにしてしまいました。

主人とブルーベリーの花を見ながら、全然実にならないね~と話していたのを覚えています。

何もしないでいると、花が落ちてそのまま実にならずに終わってしまいます。

2種類のブルーベリー苗を植えただけでは実にならないと言うことです。

【解決策】

ブルーベリー苗を二種類一緒に育てる意味は、同じ系統の苗を2本植えないとなかなか結実できず実になりにくいのです。

一本単体だと受粉しにくいため二本植えることによって、花粉をお互いに付け合うことで結実しやすくするのです。

通常は、人間が手を加えなくてもチョウや蜂などが蜜を吸いにきて花粉がつき、その花粉をもって他の花へ行くことで自然に受粉され結実して実になるということなのですが、近年蜂や虫が少なくなってきており、自然に任せていると受粉されず結実できず実にならないのです。

果樹園農家の人達は、蜂をわざわざ果樹園の中に放したりしているところもあるくらいですから。。。

上手に受粉がされると、花が落ちた後に残ったところが時間を追うごとに膨らんできてブルーベリーの実に成長するわけなのです。

自宅で鉢植えで育てているご家庭は、特に一戸建てよりもマンション住まいの方は、人工受粉をしなければブルーベリーの実に成長させることは難しいと思われます。

*ブルーベリー人工授粉方法*

簡単です。

百均などで売っている絵の具で使う細筆か化粧品で使う先の細い筆を用意します。

もう一つはお弁当で使用するアルミのケース又は小さい小皿を用意します。

ブルーベリーの花は下向きに咲きます。

また入り口が小さいため筆を入れて花粉を取ることが難しいです。

では、どのようにして花粉を取り出すかですが、、、、

①ブルーベリーの花の下に皿を置きます。

②軽く花をトントンと叩くと花粉がお皿の上にこぼれます。

お弁当用のアルミケースを使用すると、落ちてきた花粉がよく見えるので認識しやすくわかりやすいです。

④落ちてきた花粉を細筆につけて、もう一方の品種の花の中へ花の入り口は狭いですがそこをグイッと押し込んで中の花粉と受粉させます。

上手く受粉ができると、数日して花が落ちた後しばらくすると先っぽが膨らんできます。

実になる前の段階です。

日を追うごとにだんだん実が大きく膨らんで膨らみが終わると紫色に色づいてブルーベリーの実が完成するのです。

この作業をお互いの品種でやりあっていきます。

上手く受粉ができているとどんどんブルーベリーの実に成長していきます。

結構、時間のかかる根気がいる作業になります。

 

収穫できたブルーベリーです。

3回目の収穫です。

 

ブルーベリー収穫

 

中腰で長時間続けると後で大変なことになりますよ。作業は是非、座っておこなってくださいね。

 

どうですか、結構我が家と同じ失敗されている人も多いのではないでしょうか。?

 

少しでも参考になるとうれしいです。

 

ちなみに、地植えの場合はこの限りではないようです。

知人のお宅は地植えでブルーベリーを栽培しておりますが、ほとんど何もしていないけど毎年ブルーベリーの実がたわわに実るそうです。

やはり地植えなので根っこが何処までも伸びることができるのと、木の大きさもしっかりあるので受粉に必要な虫がつきやすく自然受粉が可能なのではないかと思われます。

地植えで手間をかけているところは、年一回秋口に肥料をあたえるだけとのことです。

広い庭があるお宅は地植えという選択肢もありかもです。

植物を育てるのも、コツをつかんでしまえば結構上手に花が咲いたり実ができたりします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました