アパホテル&リゾート横浜ベイタワー

レジャー

【アパホテル&リゾート横浜ベイタワー】 安いだけじゃない魅力あるホテル 絶対一度は泊まってみたい!

さくら 
アパホテルがなんと2019年秋(9月20日)に横浜の馬車道に、アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉をオープンしました。

これがまた、抜群の立地にオープンしたんです。

みなとみらい線の『馬車道駅』からすぐで、万国橋(ばんこくばし)の横です。

さくら
さくら
周辺には
  • パシフィコ横浜(徒歩11分)
  • よこはまコスモワールド(徒歩7分)
  • 赤レンガ倉庫(徒歩6分)
  • 横浜中華街(徒歩17分)
  • 横浜スタジアム(徒歩13分)
  • 山下公園(徒歩13分)
  • 横浜ランドマークタワー(徒歩10分)
  • 徒歩圏内だけでもこれだけのスポットがあります。

車で30分圏内だと、もっと多くの施設に足を運ぶことができます。

観光旅行の拠点としてはかなり好立地な場所にホテルがあることになります。

こんな好立地な場所の近隣周辺にある、

  • 横浜ロイヤルパークホテル
  • グランドインターコンチネンタル横浜
  • ホテルニューグランド
さくら
港周辺のホテルの値段を金曜日の一泊料金で並べて比べてみたら、、、

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉がどんなにお得なのかわかります。

魅力

さくら
安くて、キレイでなんてったって景色が抜群にいい

眺望

近隣には横浜ランドマークタワー(ロイヤルパークホテル横浜)や横浜インターコンチネンタルホテルなど人気のシティホテルがあります。

さくら 
そんな同じ立地に今回のアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉は建っています。

この宿泊料金でこの眺望を見ることができるだけでもかなりコスパがよいホテルと言えます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉.jpg眺望 アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉.jpg眺望夜景

 

部屋・アメニティ

  • ドライヤー
  • 浴衣
  • バスタオル 大・小
  • シャンプー・リンス・ボディーソープ
  • ひげ剃り・ブラシ・歯磨きセット・ボディータオル・シャンプーハット・髪結いゴム
  • 電気ポット・コーヒー・お茶・紙コップ・グラス(人数分)

手ぶらで泊まっても大丈夫なくらいほぼ揃っています。

ハブラシに至っては毛先極細の使い切りとは思えないくらいの良い歯ブラシが置いてあります。

部屋はダブルとツインがありますが、2人で泊まるならツインの部屋が少しゆとりがあり過しやすいかなと感じました。

ダブルの部屋はかなり狭く料金的には一番安く泊まれますが、2人だと結構キツいなと感じます。

ただ寝るだけでいいと割り切れれば、とても安いいのでおすすめではあります。

部屋はオープンしたせいもありますが壁紙お風呂トイレとどれもキレイです。

一つ気になる点は、トイレにウォシュレットがついているのにウォーマーがついていないため便座が冷たかった点がマイナスポイントです。

10月に泊まったときはウォーマーがついていませんでしたが、もしかしたら冬になったら全館自動でウォーマーが付くのかも知れません。

手動で切り替えできるボタンはありませんでした。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉客室

 

料金

さくら
この好立地で、アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の宿泊費がどれほど魅力的に安いのか比べてみたら。。。

アパホテル:2019年9月27日(金)一泊

チェックイン14:00~アウト11:00

ダブル/禁煙/部屋の広さは小さめ/窓も小さめ

宿泊者数/室数 2 名 / 1 室
宿泊合計(税込) 2019/09/27 [4,000円 ×2 名-100円(会員割引)] ×1 室 = 7900円
宿泊合計(税込)7,900円
引用元:アパホテル

ホテルニューグランド:2019年3月22日(金)30日前予約割り

チェックイン15:00~アウト11:00

料金
2019年3月22日(金)
食事 大人:朝食別夕食別
料金はサービス料込・消費税込

  • 大人:11,000円×2人=22,000円

日合計:20,371円(消費税込22,000円)

合計

消費税込:22,000

引用元:ホテルニューグランド

横浜ロイヤルパークホテル

チェックイン16:00~アウト11:00

料金
2019年3月22日(金)
食事 大人:朝食別夕食別
料金はサービス料込・消費税込

  • 大人:13,000円×2人=26,000円

日合計:24,075円(消費税込26,000円)

合計

消費税込:26,000

引用元:横浜ロイヤルパークホテル

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

チェックイン15:00~アウト11:00
料金
2019年3月22日(金)
食事 大人:朝食別夕食別
料金はサービス料込・消費税込

  • 大人:13,600円×2人=27,200円

日合計:25,186円(消費税込27,200円)

合計

消費税込:27,200

引用元:ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

さくら 
このように、比べてみてみると金額に大きな開きがあることが一目瞭然!

もちろん、ホテルのグレードで比べてしまえば、横浜ロイヤルパークホテルや、グランドインターコンチネンタル横浜のホテルのロビーや部屋の広さ、眺望などでは負けるかもしれません。

ですが、、、

今回オープンするアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉はそれ以上に、とにかく宿泊費が安いことに注目です!!

さくら
同じ平日の金曜日で1万円以上の宿泊料金の違いにはびっくりです。

また、アパホテルは添い寝無料なので小学生以下のお子さんは宿泊費が無料になります。

さらに魅力的なのは天然温泉の大浴場があることです。

他のホテルにはこのような天然温泉はありません。

宿泊利用者は無料で利用できるのが大きなポイントです。

アパホテルは宿泊者に優しい多くのサービスが整っています。

アパホテルサービス一覧

他のホテルより早くチェックインできますし、チェックイン時間前でも受付をすることができ(部屋には入れません)荷物の預かりもしてくれます。

駐車場の収容台数も228台とかなりの台数を停めることができます。

ただ、駐車場の予約はできないので満車になってしまうと停められないということになります。

そんなときは近隣の駐車場を利用することになります。

アクセスと立地が抜群なので、早めに現地に到着して駐車場に車を停めて歩いて観光がおすすめです。

14:00過ぎれば部屋に入ることができるので、疲れたら休憩してまた出掛けるようにすれば身体もラクですし、小さいお子さんがいる場合は子供の疲れ具合によってすぐにホテルで休むことができるので親のストレスも軽減されます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉の外観は、ビジネスホテルというよりはシティーホテルのようです。

アパホテル以外の上記のホテルは、利用したい日があっても満室のことが多く、なかなか希望の日に予約を取ることができません。

さらに空きのある部屋は高くて予約をためらってしまったりということが多いですが、現時点でアパホテルの予約画面より希望する日に予約を入れてもほとんど宿泊が可能となっています。

公式で予約

アパホテルの公式ホームページより無料会員登録をしてください。

https://www.apahotel.com/

ホームページの上の左の方にあるホテル一覧をクリックしてみると、アパホテルの一覧が表示されます。

都道府県別になっているので、神奈川県をクリックします。

その中に、アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉がありますのでクリックすると予約画面が出てきます。

会員になるとお得なクーポンを利用できたり、割引価格で予約することができます。

アパホテルは、アパ直といってアパホテル公式ホームページで会員登録をして利用するのが最も安く利用できるシステムとなっています。

便利なチェックイン・アウト

チェックインは、アパホテルのアプリから予約をしている場合、予約画面にQRコードが付いています。

そのQRコードを開いてチェックインの機械にかざすと「アパ~」という音声が流れます。

それでチェックイン完了です。

カード決済の場合は画面のカード決済のボタンを押して、カードを読み取り機に差し込み暗証番号を入れて確認できるとレシートと部屋のカードキーが人数分出てきます。

このカードにホテルの部屋番号は書かれていないため、レシートと一緒に出てくる部屋番号の書かれた紙で部屋番号を確認します。

何日も滞在する場合や出たり入ったりが頻繁な場合は、スマホなどのメモ機能に部屋番号をメモしておくとよいでしょう。

まあ、忘れたらフロントで確認出来ますのでそんなに心配しなくて大丈夫です。

もう一つ気をつけたいのが、大浴場への入場も部屋のカードキーがないと入浴できませんので入浴時は必ず一人一枚カードキーを持参しましょう。

チェックアウトについては、1Fのフロントにあるチェックアウトの機械へカードを差し込むだけで完了します。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉チェックイン

さくら
チェックアウトで時間を取られることがないため、とても便利だなと感じました。

アクセス

さくら 
アクセスは、電車で行く場合と車で行く場合の2通りです。

公共機関での行き方

●横浜高速鉄道みなとみらい線の「馬車道駅」下車 4番万国橋(ばんこくばし) 徒歩3分

●JR横浜線・市営地下鉄 「桜木町駅」下車 南改札・東口 徒歩9分

●JR市営地下鉄 「関内駅」 下車 北口・9番出口 徒歩10分

車での行き方

●首都高速横羽線 みなとみらいIC 約3分

●首都高速狩場線 横浜公園IC 約5分

●首都高速狩場線 新山下IC 約10分

車で行かれるときは、みなとみらいインターチェンジを利用することをおすすめします。

普段から山下公園周辺や中華街周辺などをよく訪れている人にとてっは何でもないことかもしれませんが、この横浜みなとみらい周辺はとにかく一方通行が多いです。

そのせいでなかなか目的地に到着できないこともしばしば。。。

普段、みなとみらい周辺を利用しない人は、ホテルから一番近いみなとみらいICを利用すると迷うことが少なくてすみます。

みなとみらい料金所を降りると目の前はみなとみらい大通りです。

目の前は横浜ランドマークタワーが見えます。

料金所を降りたら、右折して直進し左手に日本丸を見ながら北仲橋を渡ります。

あとは直進して馬車道駅を通過した後に万国橋通りとぶつかる本町四丁目を左折して直進していくと左手にあります。

正面玄関が見えますので入っていくと地下駐車場へ行けます。

駐車場

収容台数219台(先着順予約不可)

2,000円/1日(12:00~翌12:00まで)

上記以外の料金は、宿泊者 100/30分が通常料金に加算されます。

※基本的には途中出庫は出来ません。(出庫の度に精算が必要になります)

立体駐車の為、0:00~翌朝7:00までは車を出すことができません。

平日金曜日の午後13:30頃入場したときは駐車場はガラガラでした。

土日祝日やイベント開催時は混雑が予想され早くから満車が予想されます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉駐車場

 

館内

コンビニ

館内にはファミリーマートが2軒(4F)入っています。

ワインなどのお酒やおつまみも充実しています。

長期滞在用に調味料などもほとんど揃っています。

フィットネスルーム

館内にあるフィットネスルームと大浴場は宿泊者は無料で利用できます。

 

ベイサイドプールとエステサロン

4階にあるベイサイドプールとエステサロンは有料で利用できます。

※夏(夏季シーズンのみ)

さくら
プールサイドテラスは無料で利用できますので目の前の眺望を楽しむことが出来ます。

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉ベイサイドプール

コインランドリー

コインランドリーは大浴場内に設置してあります。

お風呂に入りながら洗濯もできます。

洗剤は自動投入なので持参する必要がありません。

洗濯 300円/回

乾燥機 100円/30分

外貨両替機 foreign exchange

1階のフロントロビーに機械が設置してあります。

外貨から日本円にのみ交換が可能です。

取り扱い通貨は、アメリカ・中国・台湾・韓国・香港・タイ・シンガポール・ユーロ・オーストラリア・カナダ・イギリス・マレーシア

宅急便カウンター

ヤマト運輸のみの取り扱いですが、客室のデスクの中にある送り状で荷物を送ることができます。

受付時間は、8:00~13:00

まとめ

2019年開業のアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉は、近隣のホテルの中で格安で利用できます。

さらに人工温泉も完備!!

みなとみらい一帯を徒歩で観光できて、夜の夜景も堪能できます。

疲れた身体は温泉で癒やすことができ、値段の割にクオリティーが高いホテルとなっています。

また、今回開業となるアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉は、他のアパホテルと違って、リゾート感に溢れた素敵なホテルです。

ホテルは35階建ての高層タワーとなることから、新たな夜景スポットなること間違いなし!

さくら
一度は利用してみたいホテルにです。

 

じゃらんnet

-レジャー
-, , ,