セゾン投信 初心者の人必見です! 実際に投資してみてわかったこと

投資信託 生活

投資信託を始めようと思ったけどどれを選べばいいのかわからないと悩んでいる方へ、私が実際にいろいろやってみた中でおススメできる投資信託を紹介します。(*^-^*)

 

おすすめのセゾン投資信託

セゾン投信

 

セゾン投信の中には二つのファンドがあります。

セバンゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとセゾン資産形成の達人ファンドの2種類です。

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは株式と債券が半分ずつで、インデックスファンドに投資をしているため比較的安定した値動きの中でリターンを得られるよう組入れされています。

 

インデックスファンドなので、日々の日経平均の株価と連動しており、状況をつかみやすいので初心者向きに感じます。

日経平均が上がるとセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額も同じ感じで上がります。

なので、世界情勢や市場動向などをいちいち把握しなくても、自分のファンドの値動きが簡単にわかるというわけです。

これが初心者にとっておススメできる第一の理由です。

 

セゾン資産形成の達人ファンド

 

セゾン資産形成の達人ファンドは、基本的に海外及び日本の株式に幅広く分散投資しますが、株式市場の過熱により有望な投資先がないと判断した場合は、債券にも投資する場合があります。

 

セゾン資産形成の達人ファンドのファンドは短期的な市場の動向でなく、長期的な資産形成を目的としてファンドの組入れが考えられています。ファンドはアクティブファンドで構成されているため、インデックスファンドより値動きが荒くなりがちに感じます。

 

※アクティブ運用とは、ハイリスクハイリターン運用と思ってもらえらればわかりやすいでしょうか。高い運用益を得られるチャンスがある代わりに大きな損損失を出す可能性もある運用ということです。

簡単にお伝えすると、値動きが激しい運用ということです。

 

インデックスファンドのような値動きをしないため、世界経済や市場動向に詳しくない初心者には値動きが把握しずりずらいです。

 

こちらちらの商品もおすすめですが、初心者の人はまず、セバンゾン・バンガード・グローバルバランスファンドから始めて、投資になれてきた後に始めることをお勧めします。

 

その理由ですが、本ファンドは後に述べているように、短期的な市場の動向での投資でないこととアクティブファンドで運用しているため、初心者には値動きを把握しずらいからです。

 

初心者の場合、値動きが分からないと不安になるものです。

保有しているファンドの基準価額が上がったり下がったりする理由がわからないと不安になるんです。

実際、私がそうでした。”(-“”-)”

 

基準価額が下がった時に、理由がわかれば売却するかしないか、または買増しするかの判断ができますが、理由がわからないと不安ばかりが先走り売却してしまうという悪循環におちいる場合があります。

 

なので、わかりずらい商品は初心者には向かないということになります。

 

本ファンドは、セバンゾン・バンガード・グローバルバランスファンドで投資に慣れてきてから追加で投資するとよいと感じます。

 

【セゾン投信の商品比較】

セゾン投信 商品

投資のポイント

 

投資信託や株取引には必ず手数料が発生します。
株取引なら売買手数料、投資信託なら購入時手数料、信託報酬、信託財産留保額がかかります。

 

投資信託の手数料の中でも信託報酬は、投資信託を運用・管理してもらうための経費なので投資信託を保持している間は
ずっとかかる経費になります。

なので、この信託報酬がなるべく低いファンドを選ぶのは鉄則です。

 

投資信託が初心者の人は、できるだけ安い手数料でインデックス225タイプの投資信託を選ぶとよいです。
日経平均に連動して値動きが動くのでわかりやすいです。

さらに、手数料も安いのでなおさらよいということになります。

 

買付手数料が3%の場合、10,000円の基準価格の投資信託を購入しようと思ったら10,300円必要になります。
ですので10,300円以上に基準価格が上がってくれないと元手が取り返せないということになりますね。

ですからなるべく購入手数料がかからない商品を選ぶべきなのです。

 

信託報酬とは、投資信託を保有している維持料(手数料)になりますので安ければ安いほどよいということになります。
経費が高いといくら利益(含み益)が出ても手数料で相殺されてしまいます。

 

信託財産留保額は、多くの人がその投資信託を購入しており、積み重なった大きなお金で国内外の株式や債券などに投資をして運用益を出しています。
解約すれば運用資金がその分だけ減ることになり、今まで通りの運用ができなくなるリスクもあります。

解約するペナルティの一種でそのファンドの運用資産として残されることになります。

 

投資するには、ある程度手数料を支払うのは仕方のないことです。

投資信託を購入する際は、必ず手数料を確認するとが大切です。

 

私の投資実績

 

つい最近、どうしても必要な資金ができてしまったので一部解約してしまい、投資元金が大変少なくなっております。(;^ω^)

ですが、投資元金に対して現在しっかり利益がでています。

 

つい最近ですと、2020年7月30日に日経平均が21,710円でかなり下落しました。

 

そのころは、一時的にセバンゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも基準価格も下がってマイナス運用となっていました。ですが、2020年8月13日現在、日経平均が持ち直してきたので現在はプラス運用で保有しています。

 

2020年8月13日の日経平均終値は23,249円でした。

7月30日から比べてだいぶ持ち直してきていますね。

 

日経平均の値動きに連動してセバンゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価格は動くので、とても分かりやすいので安心感があります。

投資元金が小さいので利益が小さいですが、コツコツ続けていき元手が増えれば複利の効果でより大きな運用益を得ることができる可能性があります。

定期預金では、どんなに長期間預けても利息はほとんどつきませんね。

 

私は、少額ですが無理のない金額で毎月投資しているので、生活に支障が出ないことからあまり損失に左右されず長い目で投資できていると感じています。

 

運用益も比較的安定してでていることから、貯金のつもりでこのままつ続けていきます。(*^-^*)

 

株主優待で株式を学ぶことの意味|自己投資という発想転換

確定拠出年金とNISA|税制優遇を上手に利用する

コメント

タイトルとURLをコピーしました