PICA富士吉田

レジャー

PICA富士吉田キャンプ場とその周辺の楽しみ方 初心者でも安心 押さえるポイントはここ

さくら 
我が家が何度も利用したことのある、山梨県富士吉田市にあるPICA富士吉田キャンプ場での過ごし方、周辺での遊び方をお伝えします。

こちらのキャンプ場は、テントサイト、コテージ、マッシュルームパオ、トレーラーキャビンなど種類豊富な宿泊スタイルです。 こちらのキャンプ場は、レストランなどはないので自炊がメインになります。

何もないからキャンプを満喫するにはもってこいです。

 

小さいお子さんには、楽しみながら自然の中で自分で考えることができるよう、色々なイベントも用意されています。

ランタンの火はどうやってつくのか? など、、
薪の火で飯盒ご飯の炊き方、薪の火のおこし方などイベントで実際に体験しながら学ぶことができます。

 

それ以外にも、季節ごとのイベントが用意されており、何度行っても楽しむことができます。

 

さくら
キャンプ場内のトイレの便座は、寒い冬でも安心の暖房完備です。 お風呂はそれほど大きいわけではありませんが、比較的きれいに掃除されており、気持ちよく入浴できます。

キャンプ場での快適な過ごし方

さくら 
キャンプ場で慌てないように、事前に必要なものなどを確認しておくこと! これ、結構ポイントなんです。 キャンプに行く事前準備が快適に過ごすための第一歩です。

買い物

買い物はキャンプ場に入る前に済ませてくる。

基本的にキャンプ場内では、火をおこす薪やちょっとしたキャンプ用品、数種類のドリンク類しか購入できない場合が多いです。

しかもスーパーやホームセンターで購入するよりも金額が高いことがほとんどです。

キャンプ場に入る前に必ず買い物を済ませておきましょう。

 

テントサイトを利用するなら、必ずクーラーボックスが必要です。

しっかり保冷剤を入れて、生ものが悪くならない工夫をしましょう。

暑い夏は、クーラーボックスの中の保冷剤も溶けるのが早いので気をつけなければなりません。

電源付テントサイトを利用してミニ冷蔵庫を利用する人もいます。

食材については、ここ近年のキャンプ人気でPICA富士吉田でも手ぶらでキャンプできるようなプランや、食材付き宿泊プランなども用意されています。(2020年11月現在)



・おすすめスーパー

パワーマーケットTAC

業務用スーパーのため、キャンプに必要な食品はほとんど揃います。

価格も安いので利用しやすいです。

 

河口湖インター下りてPICA富士吉田キャンプ場方面とは逆方向になります。

キャンプ場方面は途中にドンキ・ホーテしか買い物できるところがありません。

一旦キャンプ場とは反対方面に車を走らせ、買い物を済ませると良いでしょう。

 

フォレストモール富士河口湖

さくら 
こちらは、パワーマーケットTACよりもう少し足を延ばしたところにあります。

ショッピングモールなので食料品はもちろん、薬局、衣類、ダイソー、スポーツデポがなどが入っていて、キャンプ用品はほとんどここで揃います。

複数の飲食店も入っているため、キャンプ場チェックイン前に着いてしまったときは、ここで食事やお茶をしながら過ごすのも良いでしょう。

ドックランも併設されているので、犬連れの方も安心して過ごせます。

https://fujikawaguchiko.forest-mall.com/

道具

テントサイトの場合

□ テント

□ テントの中に敷く敷物・・マットを敷かないと痛くて寝られないので、コットなどのベットを利用するのもよいです。

□ タープ

□ テーブル・・人数にあったサイズのテーブル

□ イスx人数

□ クーラーボックス・・保冷剤を忘れずに!

□ バーベキューコンロ・・大きめのサイズで半分鉄板が乗せられるタイプが便利です。

□ 薪や炭

□ チャッカマンや固形燃料

□ 飯盒

□ 食材・・野菜などは自宅でカットしてビニールやジップロックに入れて持参することで調理の手間が省けます。

□ お皿やコップ・割り箸など・・・使い捨てにすると洗い物が減るため楽です。



周辺観光

キャンプ場のチェックアウトは10時です。

遊ぶ場所を事前に準備しておくことで、時間のロスがなくなり有意義な時間を過ごすことができます。

 

赤富士ワインセラー

赤富士オリジナルワイン以外にもいろいろな種類のワインが置いてあります。

モンドセレクション金賞のワインも置いてありワイン好きなら是非立ち寄りたいところです。

ワインの試飲もでき自分に合ったワインを見つけることができるでしょう。

https://akafuji-wine.com/

ふじやま温泉

河口湖インターすぐそばと便利な場所にあります。

 

さくら 
時間があれば、キャンプの帰りにちょっと立ち寄って日頃の疲れを癒やしてみては?

我が家では、毎回キャンプ帰り高速に乗る前に入浴して帰ります。

 

あまりの気持ちよさと、富士山の絶景を見て休憩していると帰りたくなくなってしまいます。

PICA富士吉田に泊まると利用料が割引になります。

キャンプ場の領収書提示で割引してくれるので領収書は無くさないようにしましょう。

https://www.fujiyamaonsen.jp/

富士急ハイランド

富士急ハイランドは、入園無料です。

アトラクションが苦手という人は入園だけでも十分楽しめます。

春はいろいろな種類の花を楽しむことができます。

それ以外にも、リサとガスパールタウンエリアはフランスの街にいるかのような雰囲気があり私は結構好きな場所です。

2018年7月14日(土)からは入園無料となりますが、その前にキャンプ場を利用した人は、一足早く入園無料で利用できます。

https://www.fujiq.jp/

道の駅 富士吉田

キャンプ場よりもさらに直進して、富士パノラマラインから旧鎌倉往還という片側一車線の道を延々直進していくと道の駅富士吉田に到着します。

 

気をつけたいのが、この片側一車線の旧鎌倉往還は混雑する道路であること。

迂回路がないためこの道一本しか利用できません。

道の駅から帰る時は、富士パノラマラインまでは渋滞が続きます。

 

道の駅は、かなりの広さの駐車場があるので停められないということはありません。

地元の野菜などが中心に販売されている他、民俗資料館や富士山アリーナというキッズランド、富士山レーダードームという体験型学習施設があります。

 

道の駅に併設して「ハーベステラス」というふじやまビールが出しているカフェレストランがあります。

 

ふじやまビールの味は三種類ありピルスは、苦みがキツイ、炭酸がキツイといったことがなく、麦芽とホップの自然な味で癖がなくビール嫌いな私でも美味しいと思わせてくれる貴重なビールです。

 

外には、足湯があり疲れもとれます。

https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/379

さくら
ふじやまビールをどうしても飲みたくなったときはネット通販を利用しちゃいます。

便利な時代になったよね!

 

 

アクセス

PICA富士吉田

<住所> 〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田4959-4

<電話> 0555-24-4343

<車での行き方> 中央自動車道「河口湖IC」下りて一般道で8~10分程度

<公共機関利用> 富士急行「富士山駅」下車 車で約20分

※送迎サービスがあります。(前日までの予約要)

PICA富士吉田


【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

-レジャー
-, ,