子育て

私立高校(しりつこうこう)を選ぶか都立高校(とりつこうこう)を選ぶかで人生が変わる

高校進学

スポンサーリンク

都立高校(とりつこうこう)に行かせるか、付属私立高校(ふぞくしりつこうこう)に行かせるか。

うちには、二人の息子がいます。

現在、大学2年生と高校3年生。

うちの息子たちは、基本的に勉強は好きではありません。

小学校・中学校・高校で定期試験はほぼ一夜漬けで臨んできました。

お兄ちゃんに至っては、あまり勉強したところを見たことがありません。

二人の息子たちは、小学校・中学校までは公立に進み、高校は付属の私立高校に進学しました。

中学から高校に進学するときの進路をどうするか悩みました。このまま、行ける公立高校に進むか、面倒見のよい私立に進むか。

 

散々悩み、本人ともよく話し合いお兄ちゃんは私立に進学することに決めました。

お兄ちゃんの中学の成績は、勉強をしないこともあり散々な成績でした。

三者面談では、このままだと工業高校(こうぎょうこうこう)しか行けないよ、と先生に言われ、本人は、ただ下を向くばかり。。。

私は、何も言えず(´・ω・`)





中学二年生の夏休みに、複数の高校のオープンスクールにお兄ちゃんと一緒に見学に行くことに、いくつか見た中で、ある付属私立高校のオープンスクールにとても関心を持ちました。

学校の特色・受験方法を聞いて、ここなら頑張れば何とかなるかもしれないと思いお兄ちゃんと話た結果、単願自己推薦で受験することにしました。

その学校とは。。。

山梨県にある日本大学明誠高等学校(にほんだいがくめいせいこうとうがっこう)です。

この学校の受験方法は、

推薦入試①・・単願ー単願推薦(普通コース/特進コース)

推薦入試②・・単願ー自己推薦(普通コース)

推薦入試③・・併願ー(普通コース/特進コース)

一般入試①・・単願  ・それぞれ(普通コース/特進コース/普通+特進コース)があります。

一般入試②・・併願  ・それぞれ単願・併願の推薦基準を満たしている場合優遇あり。

・会場テストの偏差値による優遇制度あり。

注意:単願・・本校を第一志望とし、合格の場合は必ず入学できる生徒

:併願・・他校を第一志望とし、本校を第一志望としない生徒。

上記のような、受験方法があります。

お兄ちゃんは、単願の自己推薦で入学しました。

勉強が苦手な子供でも大学まで行ける可能性を考えた受験方法はないだろうかと考えた末の答えは、日本大学明誠高校に進学でした。

中学二年生の時の成績は、3と2ばかり体育がかろうじて4だったりという成績。。。(*_*;

高校のオープンスクールが終わった後、学校の先生に個別で相談したら「お母さん、まだ大丈夫ですよ、素内申が27あれば自己推薦で受験できます。まだこれから頑張れば大丈夫です。本校は、普通のお子さんに来てほしいんです。大学進学を考えるなら付属のメリットもあります。」とのお話をしていただきました。

その先生が、本当に一生懸命話してくださったことが今でもとても印象強く残っています。

本人が、本当に大学に進学したいのか?何を勉強したいのか?をよく聞き、受験校について話し合いました。

本人は将来、情報工学の勉強をしてみたいと考えていましたのでできれば大学で勉強することを望んでいました。

話し合った結果、第一志望を日本大学明誠高校の自己推薦で受験することに決めました。

それから本人なりに、一生懸命勉強し何とか自己推薦の基準を満たすことができ合格することができました。

高校生になって、部活は空手部に所属して団体で関東大会まで行くことができ、充実した学校生活を送りました。

勉強は?というと、やはりあまり積極的に勉強をするという感じではなかったので、毎回テストは3.4個くらい赤点がありました。赤点があると別途、補講があり補講終了時にテストがあり合格すると進級できます。

そんなことを、毎年繰り返し何とか進級していきました。

二年次の文系・理系選択では、大学で勉強したい分野を考えると理系の選択しかありません。成績は今一でしたが本人は、迷わず理系を選択しました。

日本大学の付属高校生は、全員基礎学力到達度テスト(旧日大統一テスト)を受けることになっています。

二年の4月、三年の4月、9月の三回で順位が決まります。

テストの配分としては、二年の4月(20%)、三年の4月(20%)、9月(60%)です。

全体の8割から9割くらいまでに入っていればどこかしらの学部に進学できると思います。

もう一つの進学方法は、校内推薦です。

これは、学校の内申で行く方法です。大学から付属高校ごとに学部の推薦枠を与えられています。校内推薦の基準に達している生徒が行きたい学部を希望し、校内選考で選ばれると校長推薦で大学に進学することができます。

お兄ちゃんは、基礎学力は9割と散々な結果で。。。(*_*;

内申も2.8と。。ホントに勉強できないんだな~

それとも興味がないのか~

大学行けるのか~

と、考える日々。。。

それでも、本人は行けるなら、大学で情報工学を勉強したいとブレずに考えてるところは感心しました。私だったら、とっくに無理だと諦めてるな~

担任の先生もこの成績だと基準に達していないから難しいとのお言葉。。。そうだよね⤵

進路の先生にはずっとお世話になっており、今回もすぐに相談に行きました。

「大丈夫ですよ、日大工学部(にちだいこうがくぶ)なら行けます」とのこと。

旧日大統一テストから基礎学力到達度(きそがくりょくとうたつど)テストに変更になったのが、ちょうどお兄ちゃんの学年からということで、今年は特例があり特例の基準を満たして入れば校内推薦を受けられるとのことでした。

日大工学部は、福島県郡山市にあり日大工学部情報工学科(にちだいこうがくぶじょうほうこうがくか)に入学するということは、もれなく一人暮らしが付いてくるわけで。。お金がさらにかかる。

本人の、意思を確認するとできれば大学で勉強したいとのこと。。。

散々、検討した結果

進学することに決めました。

息子たちを、日大明誠高校に進学させてみて

①学校の先生が一生懸命・・できる子もできない子もきちんと面倒見てくれる。

赤点取っても、補講をきっちりしてくれる。

塾に行かなくても学校で格安で夏期講習、冬期講習、春期講習を開いてくれます。

夏には希望者は軽井沢で三泊四日で一日10時間の勉強合宿があります。これまた、交通費、宿代、食事代、講習代込みで三万円弱です、格安です。

とにかく、進学させるために先生が一生懸命。

②普通の子でも大学に進学できる。…基礎学力到達度テストと校内推薦(こうないすいせん)、指定校推薦(していこうすいせん)で大学進学が広がる。

都立高校のお母さんに話を聞くと、ほぼ放置。やる子はやる、やらない子はそのまま、よく言えばその子の自主性に任せます、という感じのようです。そのお母さんのお子さんは偏差値61の都立高校に通わせているが、沢山ある指定校推薦もほとんど使わせてもらえないようです。もちろんセンター試験、一般入試で行ってもらわないとという雰囲気で、指定校制度などあって無いようなものらしいです。その子は、下の子と同い年でまさに現在受験勉強まっさかり。

偏差値61の学校でも、今回のセンター試験は滑り止めが受かったらラッキーと思ってくださいと先生に言われているらしい。。。

お母さん的には、どこでもいいから受かってくれればいいからという気持ちだそう。

③就学旅行は海外・・お兄ちゃんの時は、修学旅行はオーストラリアのケアンズでした。

修学旅行に行く前は、日本から出たくないって言ってたのにオーストラリアに行ってからは海外がへっちゃらになりました。来年就職活動ですが、海外勤務行かされたらそれもいいかもっていってます。英語はペラペラではないですが、オーストラリアでは片言とジェスチャーで結構通じる、いるうちに話せるようになるよ~ってとっても前向きです。

④勉強だけでない大切なことを教えてくれる・・献血活動(けんけつうんどう)(34年間貢献)、校内美化活動(こうないびかかつどう)

勉強だけできればよいというのではないことを良く教えてくれます。校内美化活動は学校の中だけでなく、生徒たちは最寄り駅までの道のりもゴミを拾います。

雪が降れば、駅から学校までの道の雪かきもします。

自分だけでない、誰かのためにということも教えてくれます。

⑤強制的なPTAがない・・小学校・中学校の時にあった様な強制力の強いPTAや役員制度がない。

後援会というものがありますが、希望者を募りできる人がボランティア的にお手伝いをするということはあります。できない人は3年間何もせずに卒業していきます。

それでも何も言われることはありませんし、強制的に「何もやってないので今年はやってください」的なこともないです。その点はストレスフリーですね。

下の子は、現在高校三年生

基礎学力到達度テストで7割に入りましたが、今年は日大理工学部建築学科・土木工学科・まちくり工学科が人気で、例年だと8割位まで土木は入れるはずでしたが。。

今年は、下の子も基礎学力到達度テストがダメでした。

ダメだと思ってなかったので慌てましたが、校内推薦の基準もクリアしていたので、理工学部の土木工学科の校内推薦にエントリーしました。

こちらで、無事推薦入試合格できました。





都立高校だったら、うちの子はまず希望する大学には行けなかったと思います。自立心が強く、有言実行できるタイプのお子さんは都立高校でも十分やっていけると思います。

要は、自分の子供の性格を親が見抜き、その子に合った進学先を決めればいいのだと思います。

お兄ちゃんは、現在大学二年生ですが今までで一番勉強しているのではないでしょうか?

一人暮らしで誰も何も言ってくれないので何でも自分でやらないといけないと思ったと言います。

日々の課題もしっかり提出し、テスト前は勉強のできる友達の家に泊まり込みで勉強をしてテストに臨んでいるとのこと。

現在大学二年生ですが出席日数、単位数もしっかりクリアしています。小中高の勉強は面白くなかったけれど大学の勉強は楽しいと言ってます。

高校までは、宿題があるから勉強するなんてことは一回も聞いたことがなかったですが、今ではいつまでにレポートの提出があるから、テストが近いからと実家に帰ってきてもゆっくりせずにアパートに帰ってします。

実家に来ても、レポート提出の仕上げをしているときもありました。

子供なんて、どこで勉強のスイッチが入るか分からないものだなと思った次第です。

⇒ 高校進学は私立高校と公立高校どちらがお得になるのか

⇒ 専門職大学への進学という選択 2019年4月からスタートする新しい大学のかたち わかりやすく解説

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 大学生一人暮らし 大学進学での一人暮らしは仕送りが少なくても暮らせる4つのポイント…
  2. マイナビインターンシップ マイナビインターンシップ合同説明会の服装(ふくそう)と心得(ここ…
  3. 子育て画像 子育てで悩んだら育児書(いくじしょ)ではわからない子育ての悩み解…
  4. ジョブマッチング キャリアマッチング ジョブマッチング(JM)キャリアマッチングとはどんな制度なのか …
  5. 専門職大学 専門職大学への進学という選択 2019年4月からスタートする新し…
  6. 保育園 保育園選びはここをチェックするだけでお得な保育園を探せる
  7. 2020年卒 就職活動 就職活動を有利に進めるにはインターン参加は鉄則となっている現実と…
  8. 七五三 七五三 ここだけおさえれば安くても豪華な七五三が準備できちゃう

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 七五三
  2. 都立小金井公園
  3. アンジャッシュ
  4. 昭和記念公園花火大会
  5. 野球 吉田輝星
PAGE TOP