生活

化粧品を選ぶポイントどれを使えばきれいなお肌を手に入れられるの?

オールインワンジェル

スポンサーリンク

若い頃は、お肌がすべすべツルツルだったのに、いつの頃からか吹き出物ができるようになってくる。

お肌に良いと言われる化粧品があれば、とにかく使ってみたという経験をしている人も多いのではないでしょうか?

私は、現在45歳です。18歳くらいから化粧を初めて、現在まで数え切れないほどの化粧品を使ってきました。

若い頃は、化粧品の店員さんの言われるままに良いと思い込んで、結構高い化粧品も使ったりしましたね。

高い化粧品は、きっと良い成分がたくさん入っているから、お肌に良いはずと思い込んで使っていた時代もありました。

結論からいうと、高い化粧品であっても安い化粧品であっても、あまり実感として効果の違いに大差ないということが、長年基礎化粧品や化粧品を使ってきて出た結論でした。

現在、私が使っている基礎化粧品は、クレンジングと化粧水・乳液・クリーム・美容液・パックが一つになったオールインワンジェルの2つだけです。

しかも、夜お風呂で洗顔した後は何も塗らないのです。

ですが、朝起きたときでもお肌が乾燥していることもなく、ほどよいしっとり感が残っています。





朝、洗顔が終わった後にオールインワンジェルを顔全体にゆっくりマッサージを兼ねて塗り、その後日焼け止めクリームを塗ったらおしまいです。

外出があるときは、その上にファンデーションやアイシャドーなどで化粧をしますが、出掛けないときは日焼け止めで終わりです。

紫外線対策だけして、余計な化粧はしないようにしています。

おかげで、現在のお肌の状態は化粧を始めてから過去最高のプルプル肌質です。吹き出物は一つもありません。年相応のシミやそばかすはありますが、お肌のざらざら、ブツブツは全くなくつるつるです。

しかも、乾燥もなくいつもほどよくしっとりしています。

昔から現在までお肌の状態を見てきて、一番肌にダメージを与えるのはやっぱりファンデーションなどの化粧品です。

毎日仕事していたときには結構高い基礎化粧品や化粧品を使っていましたが、いつもお肌のトラブルを抱えていました。ちょっと油断すると、すぐにブツブツができてしまい、冬にはお肌が乾燥して粉がふいたりして化粧のノリがわるくて困っていたことを思い出します。

化粧をして外出し、太陽の日差し、車などの排気ガス、人混みの中のホコリなどが、肌に塗った化粧に付着し、さらに自分の汗などと混ざって化学反応でも起こすのではないでしょうか?

私は、このように感じています。

このようにして、日々過していく中で、不規則な生活、食生活、睡眠不足などが重なると肌へのトラブルとなって現れるのだと実感しています。

お肌をツルツルできれいな状態を保つのは、①極力化粧はしない、②日焼け対策をする、③睡眠不足を避ける、④規則正しい食生活であると思います。

毎日、仕事で朝から夕方まで化粧をしている人がほとんどなので、すべてをクリアすることはできないと思います。私も、働いていた頃はできませんでしたから。。。

要は、値段の高い化粧品を使っても安い化粧品を使っても、結果あまりお肌には変わりががないと言うことです。

そんな化粧品の中でも一本何万円もする化粧品、美容液なんかも売っていますが、安い化粧品よりはしっとり感があるとか、ハリが出る感じがあるなどの使用感はあるかもしれませんが。。。そんな高い化粧品毎月何本も使えないですよね。

資生堂、カネボウ、コーセーなど、みんなが知っているような化粧品会社の化粧水は一本3,500円くらいではないでしょうか?

乳液も同じくらいとすると毎月、最低で7,000円位はかかります。一ヶ月もたない場合、または美容液まで購入したら、人によっては毎月10,000円くらい化粧品に費やしているひとは多いのではないでしょうか?

これに、定期的にファンデーションや口紅、アイシャドー、ほお紅、などなど入れていくと、びっくりするような値段になってしまいますから。。。

これだけ、使って実際自分のお肌はどうでしょう?

少なくとも私は、若い頃3社の基礎化粧品とファンデーションなどの化粧品を一通り使いましたが、化粧水、乳液を使用しましたが、お肌の乾燥やプツプツなどあまり状態は良くなかったです。そんな肌にファンデーションを塗っても上手く塗れるはずはずもなく、白浮きしたり、乾燥から皮がむけたり、値段の割には満足度がかなり低かったのを覚えています。

次に、ネット通販のアテニアを使用しました。資生堂(しせいどう)・カネボウ(Kanebo)・コーセー(kose)より少し安い価格帯でした。使用感は3社よりも肌に合ったのかアテニアを使い始めてブツブツが極端に減ったのを覚えています。

結婚して、自分にあまりお金をかけられなくなり、アテニアからオルビスに変更しました。

化粧品会社では価格帯と化粧品の質とのバランスではオルビスがダントツ1位の実感です。

そして現在、病気のため外出がほとんどないこともあり、基礎化粧品はオルビスから(株)プレスカワジャパンのオールインワンジェルに変えてこれしか使っていません。定価600円程度の値段なのに抜群の効果があります。

化粧水・美容液・乳液・クリーム・化粧下地・パックの効果があります。主成分は植物性の油、植物性の葉のエキス、スクワラン、ヒアルロン酸他などです。

安いので、顔に塗った残りを腕や足のかかとなどに塗っていますがしっとりふっくらした肌触りです。

テレビのコマーシャルや、雑誌に載っているような化粧品は多額の広告宣伝費を使っており、その負担はもちろん私たちが購入する化粧品の代金に上乗せされているのです。

そのようなことを考えていくと、値段の高い化粧品が効果があると考えるのは間違いではないでしょうか?

私は、高い化粧品から、外国の化粧品、通販の化粧品、安い天然の化粧品など様々使ってきて感じているのは、むしろ高い化粧品の方がトラブルが多かったことです。

外国のクリニークの化粧品は、塗ったとたんに顔がヒリヒリと痛くなり大変な思いをしました。資生堂・コーセーの基礎化粧品は高かったけれど、凄く良いという実感はなかったです。ドラックストアで売っているヘチマ化粧水をつけるのと変わらない感じ。。。

ファンデーションを使いましたが、上手く塗れず白っぽくなったり、粉をふいたりと仕上がりはイマイチでした。

口紅は、塗って時間が経つと乾燥して皮がむけてきました。

数年使用してから、アテニアに変更してみると、

肌のトラブルがグッと減りました。

化粧品にかけるコストも少し節約できるようになり一石二鳥でしたね。

その後、オルビスに変えてさらにコストを節約できました。

私が使用しているオルビスの化粧水、美容ジェルはオイルフリーなので肌が油っぽくならず、それでいてほどよくしっとりと仕上がります。ファンデーションはリキッドタイプを使用して仕上げにパウダーをはたいていますが、白浮きしないで、肌にキレイにのってくれます。夏は、紫外線対策でUVの強いパウダーファンデを使用していますがパフで塗っていくときにもよれたり、粉がふいたりしません。

ファンデもリキッドファンデーションは2,000円弱、UVファンデでもケース付きで3,000円程度、口紅も1,000~2,000円くらいなので日々使う消耗品と考えると手頃な値段で効果は十分です。

肌のトラブルも少ないので安心して使用できます。

そして、ここ最近ついに基礎化粧品をオンリーワンジェルに切替えました。

朝しか使用していませんが、一日中もちもち感が続いています。お化粧をしたときにその良さがさらに実感できます。ファンデを塗った後に顔を触ってみても、ある程度の水分ともちもち感を感じることができるのには驚きです。

けっこう、ファンデーションを塗るとパサついたりすることがありますが、それがありません。600円くらいしかしない基礎化粧品なのに恐るべしです。

このように、かなりの数の化粧品を使ってみて思うことは、化粧品の金額と効能、効果は比例しないということです。

むしろ、天然成分の安い化粧品の方が使用感が良かったり肌のトラブルが少なかったりすることに驚きです。





まとめ

①化粧品は、天然素材の安い化粧品で十分効果が得られる場合が多いと感じる。高い化粧品は広告宣伝費などが上乗せされているため値段が高くなっており、化粧品の値段とその成分にかかるコストは比例しない。

よって、高い化粧品=優れた化粧品とはならない。

②肌を良い状態に保つためには、なるべく化粧をしないことであるが、なかなか難しいのが現状。外出から帰ったらなるべく早く化粧を落として負担を減らす。(化粧残りがないようにきちんとクレンジングする)

③顔には、なるべく余計な物を塗らない。

④日焼け止め対策(UV対策)は必ずすること。

⑤なるべく自炊し外食を控え、睡眠不足にならないように気をつける。

これを実践していれば、そんなに高い化粧品でお肌をケアしなくても十分満足できるお肌を手に入れることができるはずです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 結婚式 結婚式にお金をかけなくても十分素敵な結婚式ができる
  2. 高卒認定試験 高卒認定を目指そう高校を卒業しないと正社員で働くことが難しいとい…
  3. ぬか床の作り方 ぬか床の作り方と上手に保存する方法を知って健康的に節約しよう
  4. ブルーベリーの育て方 ブルーベーリーの苗が上手く育たない原因は簡単なことだった この方…
  5. ハロウィングッズ ハロウィングッズ どこで買ったら良いか迷ったらここで買う
  6. 4K8K次世代テレビ 次世代放送4K8K 12月からNHKなどでスタート 今さら聞けな…
  7. 傷病手当金 傷病手当金をもらっていると配偶者の社会保険に加入できない現実
  8. 引越し手続き 引越し費用を安くするポイントと引越しで必要な手続きマニュアル

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 富士急ハイランド新料金
  2. DULTON武蔵村山
  3. 安室奈美恵
  4. オールインワンジェル
  5. 東京2020オリンピック聖火リレー
PAGE TOP