子育て

子育てで悩んだら育児書(いくじしょ)ではわからない子育ての悩み解消マニュアル

子育て画像

スポンサーリンク

子育てって学校に行って勉強(べんきょう)のように学んで答えが出るものではないです。
だから、お母さんたちは子育てに悩み、イライラしストレスが溜まるのです。勉強は答えがありますよね、でも子育てには答えがないのです。子供は可愛いけれど、反面イライラしたり、時には憎たらしかったりするのが本音ではないでしょうか?

ここからは、私が性格が違う息子2人を育ててみて感じたことをまとめてみました。
これを読んだら、な~んだそんなに考えすぎなくてよかったと思ってもらえると思います。

出産

出産のときからその性格は違っていました。

長男は陣痛が始まってから3時間という超特急の出産
次男は陣痛が始まったものの旋回の方向を間違って、なかなか出てこれず約6時間もかかってしまいました。

出産後

長男は夜泣きが激しく、やっと寝たと思ってベットに寝かせたら起きる、また抱っこして寝たのを確認してベットに寝かせるとまた起きるの繰り返しで、それが朝まで続きました。
夜が苦手な私は、夜が強い主人に任せて昼間は私が見るというスタイルで乗り切りました。
その当時、主人は飲食店勤務で朝がゆっくりの出社だったためできたことですが。。。





次男は、毎日決まった時間(大体20:00~21:00)には夜泣きもせずにピタっと寝てしまい朝の6:00頃まで一度も起きませんでした。

 

トイレトレーニング

長男は1歳3か月頃から少しづつ日中トレーニングパンツで過ごして完璧にトレーニングパンツがとれたのは2歳ころでした。
トレーニングパンツをはいて何度か失敗しながら覚えていきました。おねしょや、日中パンツで過ごしてお漏らしも何度か繰り返して少しずつ覚えていきました。
少し時間がかかりました。

次男は一度もトレーニングパンツを使用せず、おねしょもしないでおむつからいきなり普通のパンツに移行しました。
これには、私もびっっくりしました。
特に、何も教えなかったのですが今思うと保育園とお兄ちゃんの存在が大きかったように思います。

 

病気

長男は、病気をしても食欲が落ちず薬を飲めばすぐ回復しましたので病気になってもほとんど心配しませんでした。

次男は小児ぜんそくもあったせいで風邪をひくと食欲がなくなり、食べやすいゼリーややわらかいうどんなどと工夫しながら食べさせました。また、1歳から2歳までは喘息で毎月入院しており入院生活が長いせいで離乳食は病院で済んでしまいました。

 

歩く

長男は1歳3か月頃からでした。ハイハイはせずホフク前進で過ごした後、つかまり立ちから歩けるようになりました。

次男は、1歳から2歳をほぼ毎月病院のベットで点滴に繋がれて過ごし、ハイハイやつかまり立ちの練習をすることができなかったせいで、1歳8ヶ月まで座っているばかりでハイハイやつかまり立ちもほとんどしませんでした。
これにはかなり心配してインターネットの育児サイトを見たり保育園の先生に相談したりしました。
これといった答えがないまま、不安の中子育てをしていたら、ある日突然立って歩き出したのです。ほんとに突然でした。この時ちょうど1歳8か月頃でした。

 

食事

長男は恐ろしいほどの食欲で、私の母乳があまり出なかったこともあり混合で授乳期を過ごしました。
育児書に書いてある月齢のミルク量なんてあてになりません。5.6か月で240㍉程度のミルクを飲みほしてしまうほどです。
ミルクの量が多いからと減らすと、足りないと言って大泣きをするのです。(-“-)
育児書を参考にすると飲みすぎなので量を抑えたいのですが、抑えると泣いて泣いて大変で。。。少しずつ足して満腹になるところが大体240㍉程度になってしまうのです。
お腹がいっぱいになると笑顔を見せて眠りにつくのです。これでいいのか???と悩みました。育児書と違うぞと思いつつも飲ませました。
離乳食も旺盛で好き嫌いは全くありませんでしたが薄味より濃い味が好き。1歳過ぎでそば1人前をペロと食べていました。

次男は、ミルクの量は育児書に書いてある量程度でした。離乳食は病院で完了してしまいました。
食事量は適量でしたが、食べるのにとても時間がかかりました。濃い味は苦手で薄味を好んで食べていました。

同じような環境で産んで育てても、なぜか同じようには育たないのです。なので育児書に書いてあることを読んで不安になったり迷ったりすることはないということです。
心配しなくてもその子のペースで成長していくので、お母さんは無駄なことは考えずなるべくストレスをなくして生活しましょう。

「こうしたのに、どうしてこうならないのか」と思ってしまう気持ちを思い切って捨てましょう!!

「してはいけないこと」だけしっかり教えて、あとは子供それぞれの成長スピードにあわせて付き合ってあげるくらいが心のストレスが少なくて済みます。

私もそうでした、長男が大学3年、次男が大学1年になって幼児期を振り返ると、なんて無意味なことでイライラしていたのかと思います。

結局、今になって思うことは、その子の性格を無視しては思うようにならないということでした。

そのころは、不慣れな育児に一生懸命なのと、男の子だからしっかり育てないとという強い責任感で自分の理想を押し付けていたのだと思います。

幼児期は、だめなことだけしっかり教えたらそれ以外はその子のペースで育てるのが良いです。

子育てをしていく中で、いくつもの失敗経験の中かからこれだけは特に失敗したというのは「じっと座って何かを集中させてやらせること」です。
これがとにかく難しかったのを覚えています。

息子たちは、「ま~、よく動く動く」少しもじっとしていないんです。

特に幼少期ですね、この時期に十分に遊ばせる中で「じっと座って何かを集中させてやらせる」ことができていればその後の勉強で苦労しなくて済んだように思います。

幼少期の子供(特に男の子ですね)にじっとさせて何か集中してさせるという訓練はとても難しいのです。
自宅にいてお母さんがつきっきりでもなかなか難しいです。
なぜなら、根気と時間が必要だからです。すぐにできなくても毎日続けることで訓練されてできるようになるからです。
この共働きの時代に、そのことに時間を割くのは難しいでしょう。

なので、それを代わりにやってくれるおすすめの習い事が「公文式」です。

 

公文式(くもんしき)

じっと集中させるのには、「公文式」がベストだと思います。
料金も比較的良心的ですし国語、数学、英語を基礎から学べます。

自学自習の習慣を身に着けるにはベストな仕組みが整っていると、息子たちがある程度成長してしまってから気が付きました。
まだ小さいお子さんをお持ちの方は何か習い事をと考えているなら「公文式」をおすすめします。

次男の同級生が、小さいころから”公文式”一筋でした。自学自習が身についたんだと思います。
小学校からはチャレンジ教材をやっていました。
学校の成績もいつも良くて高校受験直前に少し塾に行った程度で、市内では一番偏差値の高い都立高校に入学しました。
その後も特に塾に行ったという話は聞かず、大学受験の3年に東進ハイスクール衛星で勉強して2018の大学受験で「青山学院大学、明治大学、農業工業大学」に合格していました。
結局農工大に行くことにしたそうですが。。。

少し前にテレビでも放送されていました。東大生の3人に1人が公文式を習っていたのです。
並行して七田式アカデミーにも通っていたという東大生も多数いましたが、やはりどちらかを選ぶとしたら、私が小さい頃よりも以前からあった「公文式」が良いのではないでしょうか?
現在では世界中で「公文式」が活用されています。

この時、幼少期の自学自習の定着がいかに大切かが痛いほどわかったのです。

うちの子供たちは、反抗期にはほとんど悩まされることなくすくすくと育ってくれました。

しかし、勉強に関してはだいぶ頭を抱えて悩みました。

中学校の時点で、おおよそ子供の頭の良さを理解することはできます。ものすごく頭がよくて自立心があるお子さんでしたら、進路に関しても本人の意思に任せて大丈夫でしょう。

しかし、勉強が今一で将来についても漠然としていて何も考えていないお子さんの場合は、高校受験の段階でおおよそ進路を決定してしまったほうが先々就職で大変な思いをしなくてよさそうです。

大学進学

<長男のケース>

長男は、勉強が苦手で大嫌いで定期テスト前でもほとんど勉強をしませんでした。勉強の必要性が本人の中で理解できていませんでした。
こういうタイプの場合は、都立高校の偏差値の下の学校へ行った場合ほぼ大学進学は難しいです。

絶対とは言いませんが、かなりの確率で難しいということです。。(今では、大学も全入時代とされていますが行きたい大学、学びたいことが学べる大学ということを考えると)

長男は、いわゆる基礎教養的な科目が好きではなかったのです。何のためにこの勉強をするのか?。。。と考えてしまう傾向がありました。

そういう子は、目的もなく基礎教養だからまんべんなく勉強するんですと言っても、本人の心には全く響かないのです。

息子は、小さいころからなんでも壊すのが好きでした。リモコンでも目覚まし時計でもとりあえず壊してみて中を見てみるということが好きでした。
長男はコンピューターに興味がありましたので、高校受験の段階で大学でコンピューターの勉強することを勧めてから、ちゃんと進路や勉強について自分なりに考えるようになりました。

現実問題、長男の成績は散々でしたので、都立受験の場合はかなり偏差値の低い高校しか進学できそうになかったのです。

本人の大学でコンピューターの勉強がしたいという希望を、高校受験の段階で大学進学まで見据えて、私立の付属高校に進学することにしました。

この段階での、選択はおおむね間違っていなかったように思います。

高校時代にあまり勉強しなかった長男は、英語などでは苦労しているようですが、そのほかの専門科目は楽しいのかほとんど単位を落とすことなく順調に進んでいます。
授業の出欠席もおおむね良好で課題やレポートもしっかりこなしています。テスト前にはきちんとバイトを休んでテスト勉強をしているとのことです。

どうですか?、高校までは積極的に勉強はしていませんでしたが大学ではしっかりと勉強しています。

子供に勉強させるには、勉強は楽しいと感じさせることが大切だとこの段階でようやく実感できました。

<次男のケース>

次男の高校受験についても、長男とはあまり考え方は変わりませんでした。点数的には長男よりも格段に良い点数ですがあと一歩のとこで4や5が付かないのです。
そうなんです公立の中学の成績は断然5段階評価の3が大多数です。
90点とっても3というときもざらにあります。80点でも3、長男は10点台の点数のときがありましたが3という具合です。

なので、勉強がかなりできない長男と、勉強はちょっとできる次男でも成績が同じなのです。
結果内申が重要な都立の場合は偏差値が真ん中か真ん中より少し下の高校しか選択できず。長男と同じ私立の付属高校への進学に決めました。

次男は、これといってやりたいことや好きなことがなかったので将来何をしたいかでだいぶ時間をかけて話し合いをしました。
大学には行きたいという思いがあったため、私立の附属に進みました。付属高校は日本大学の付属高校にしました。
学部学科が一番多く、高校で何がしたいかを見つけてからでも十分過ぎるぐらいある学部学科から選択できるからでした。

1年の時から、大学のオープンスクールに行きいろいろな学科を見ているうちに土木の勉強がしたいということになり理工学部の土木科に進学しました。

高校が私立ということでお金はかかりましたが、結果本人たちがやりたい勉強ができているのでよかったと思っています。

勉強が嫌いな子供でも、その子の性格をよく見て将来を見据えた選択をしていけば、それなりに育ってくれると実感しております。





まとめ

育児書を読んで、不安にならないこと。その子、その子の成長スピードがあるので焦らず育児をすることです。

ほとんどの親が悩むであろう子供の勉強については、まず勉強は楽しいと幼少期のうちに思わせることが重要です。

そのように子供に思わせてあげることができる親は、現実問題そんなに多くはないでしょう。
両親とも忙しく子供の成長スピードに合わせて根気強く付き合っていくことが時間的に難しいからです。

そんな時は、思い切ってほかの人の助けを借りてよいのです。
自宅で祖父母が同居しているなら自宅でもできますが、核家族がほとんどどご家庭では、やはり公文式などでいろんな友達の中で共に刺激しあいながら集中力を高めていくのが良いでしょう。

大学進学まできたら、あとは自分自身の問題なので極力、親は口を出さず本人の意思を尊重する形で見守るのが良いのではないかと思います。

このように、子育てをしてきてわかったことはその子の性格を無視して自分本位で子育てをしていくと、子供もお母さんも余計なストレスをためることとなり、良いことが一つもないということです。
それよりも、大事な話し合いの時にきちんと話し合いに参加できる子供に育てておくことをおすすめします。

うちの息子たちは、勉強は今一でしたが進路の時など何かを決めないといけない時にはきちんと向き合って話し合いはしてくれました。
おかげで、都立には行かずに親が提案した私立高校の進学にも納得してくれたのだと思っています。
話し合いができないのが一番困ります。

是非、幼少期から親子でなんでも話ができる環境を作っておいてほしいと思います。

⇒ 南町田グランベリーパークにスヌーピー(SNOOPY)ミュージアムがオープン!その全容を公開

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 高校進学 高校進学は私立高校と公立高校どちらがお得になるのか
  2. 2020年卒 就職活動 就職活動を有利に進めるにはインターン参加は鉄則となっている現実と…
  3. リクルート服装 リクルートスーツ 就職活動で使う 靴 ワイシャツ選びに困ったらこ…
  4. マイナビインターンシップ マイナビインターンシップ合同説明会の服装(ふくそう)と心得(ここ…
  5. 保育園 保育園選びはここをチェックするだけでお得な保育園を探せる
  6. 七五三 七五三 ここだけおさえれば安くても豪華な七五三が準備できちゃう
  7. 大学生一人暮らし 大学進学での一人暮らしは仕送りが少なくても暮らせる4つのポイント…
  8. 専門職大学 専門職大学への進学という選択 2019年4月からスタートする新し…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ケンブリッジ飛鳥
  2. 病院
  3. サマーランドナイトプール
  4. 池江璃花子
  5. 昭和記念公園花火大会
PAGE TOP