生活

派遣会社の無期雇用転換(むきこようてんかん)の制度は誰でもメリットがあるのか

アデコ無期雇用制度

スポンサーリンク

派遣法(はけんほう)が平成27年に改正されてから3年以上が経過しました。。。。

現在、派遣で働く多くの方々は、無期雇用制度とは、どのような働き方になっているのかと多くの方が気にするところではないでしょうか。

かく言う私も、派遣社員で働いて通算3年くらいになります。子供の手が離れた頃から派遣会社に登録して働くようになりました。パートで仕事するより、社会保険や有休もしっかりしてるし、時給も高いのが魅力だったからです。

多くの方も、そのような理由で働く人は多いのではないでしょうか。。。

以前、信託銀行の派遣先でお仕事している頃に、ちょうど派遣法改正の話が持ち上がったころです。

現在の派遣先で継続して仕事できるのは通算3年までで、その後は派遣元より直接雇用の打診があればそのまま継続して働くことができますが、直接雇用の打診がない場合は、3年以上は同じ場所で働くことができないという改正内容でした。

そうなると、新たに別の派遣先を探さなければならないということになります。すぐに次の派遣先が決まれば良いのですが、派遣先が見つからない場合、正社員と違って待機期間はお給料が出ないということになります。

どうして、こんな法改正となったのか不思議でなりませんでしたが、、、

政府の考えは、3年も同じ場所で仕事したのだから直接雇用で待遇の改善も行ってください、なるべく正社員と同じ待遇に近づくように努力してちょうだいね、と言うことのようです。

しかし、企業の本音はちょっと違います。

利益を追求しなければならない民間企業は、どれだけ人件費をかけずに会社を運営できるかにとてもシビアであると感じます。

私は派遣法が改正になった後3年を待たずして、病気で長期入院となってしまったことから退職してしまったので改正後3年を迎えた時に実際どうなったかを体験していません。

しかし、その当時一緒に働いていた人からの話では、(過去に働いていた信託銀行での話となりますが)直接雇用になるには、今までの仕事ぶりと上長との面談をした上で最終決定されるとのこと。さらに直接雇用になるためには、与えられるノルマ的なものが厳しくなるとのことでした。

今までは、アウトバウンドで電話をかけてご案内、とにかく一人でも多くの方に電話するというのが主目的でしたが、その上に電話をした人から契約に至りそうな情報をどれだけ得られるかのノルマ的なものが加わるとのことでした。

時給(時給換算と変わらない月給)はほとんど変わらないのに、派遣契約から直接雇用になっただけで課せられるノルマが社員でもおかしくないのではといった内容に変化しているのには驚きです。

ボーナスも出ないか、出ても寸志程度の場合がほとんどです。

とにかく、日本の雇用制度で正社員は最強と言わざるおえません。。。中小企業や零細企業はこの限りではありませんが、上場企業またはそれに近い企業では特に強く感じます。

そんな中、少しでも派遣会社で働く人達にも労働の改善をということで、近年多くの派遣会社で導入が始まったのが、無期雇用転換制度です。

この無期雇用転換制度とはどういう制度なのでしょうか。。。

多くの派遣会社で導入されていますが、実際どういう制度なのか分からず検討していない人も多いのです。

人によっては、無期雇用転換制度を利用した方がメリットがある場合、諸条件によっては利用しない方がいい場合があります。

私は、アデコの派遣社員のためアデコの無期雇用「ハケン2.5」で説明していきます。

ハケン2.5(無期雇用制度)の概要

簡単に説明すると、そのハケン会社の無期雇用社員になるということです。

メリット/デメリット

①給与制度が安定・・・現在の派遣社員の状態ですと、働いた分だけ時給換算でお給料が支給されます。交通費は基本的にありません。

しかし、無期雇用社員になると、現在の時給を維持したまま(場合によって若干の上下あり)プラス交通費が支給されるようになります。

さらに、無期雇用になることで派遣法で3年しか同じ場所で働けないという条件から開放されて、継続して同じ場所で働くことも可能になります。

ただ、この条件は派遣元がOKしないと成立しないということに注意する必要があります。双方が同意出来た場合のみ、アデコの無期雇用派遣社員として現在の派遣先で継続して働くことができるのです。

多くの、企業は3年近くなってくると契約を更新しないか、または、企業の直接雇用で働いてくれないかという打診が多くなるようです。その理由は簡単です、無期雇用で働くためには、アデコは今まで以上の金額を派遣元に請求する必要が出てくるからです。

アデコは、派遣社員が無期雇用転換することで交通費と、万一派遣先転換でしばらくの間次の仕事が見つからないときなどの給料を保障しなければならなくなるため、その分上乗せで請求しなければなりません。

このことで、派遣元によっては予算がないから難しいという場合も多いのです。

どうしても、残って欲しい人材だった場合は、派遣元は現在の時給を維持で直接雇用を打診してくるケースがほとんどです。

②アデコが推薦する派遣先から仕事を選ぶことができる・・・現在、派遣先の派遣元が無期雇用転換での継続を断ってきた場合でも、無期雇用転換を希望する場合は、アデコ(派遣会社)が決めた新たな派遣先へ無期雇用社員として出向(就業)することになります。

派遣先(アデコ)にこんな仕事がしたい、こんな会社で働きたいという希望を自由に伝えることができます。キャリアコーチと相談しながら、自分にあった就業先をアデコが推薦している企業から選ぶことができます。

新たに、自分で就職先を選び履歴書・職務経歴書を書き応募するという就職活動はとても時間がかかります。あらかじめ会社の雰囲気などが分かっている企業の中から選ぶことができるのでミスマッチも起きにくく、また何かあってもアデコを通して派遣元へ改善を促してくれるのもメリットの一つです。

③派遣先が変わっても初めから10日もらえる有休休暇制度・・・通常は新たに派遣先へ就業することになった場合、6ヶ月経過しないと有休休暇が発生しませんでした。これが結構長いのですが、無期雇用社員の場合は、就業当時から10日の有給休暇が付与されます。

ただし、前職の現場で有休が残っている場合は、その残っている有休は引き継ぐことは出来ません。

例えば、A社の派遣先で有休が5日残っている状態で、B社の派遣先無期雇用社員として就業することになった場合、B社の派遣先就業当初から10日の有休が発生します。A社の残っている5日の有休休暇は基本的に消滅します。

派遣社員で働き続けるか、無期雇用転換制度で無期雇用社員として働くかの選択について

ここで、無期雇用転換するか、しないかという選択になるのですが、まず、現在の就業先で継続して仕事をしたいと考えている人の場合について、派遣社員から無期雇用転換して現在と同じ派遣先で今後も継続して働きたいと考えた場合。

希望をアデコ(派遣先)担当者へ伝えます。私の場合はアデコですのでキャリアコーディネーターと呼ばれている担当者に伝えることになります。2.5派遣にエントリーできるかどうかを確認してもらい、OKならエントリーをします。

簡単な面接があって、今までの就業状況と照らし合わせて問題なければ無期雇用へ転換ができます。

無期雇用(ハケン2.5)エントリーと並行して、アデコが派遣元と金額交渉に入ります。ココで双方で金額が折り合えば、めでたく現在の派遣先を継続しながら、無期雇用社員としてその後も働き続けることができるという流れになります。

ポイントは、本人が望んでも派遣元が金額等で折り合わない場合、同じ派遣先で無期雇用社員として働き続けることは出来ませんので注意が必要です。

では、そうなったときはどうするのかと言うことですが、現在の派遣先でなくても良いので無期雇用社員で働きたい場合は、無期雇用転換になるためのエントリーが通過し無期雇用社員となっていれば、新たな派遣先を選んで就業することになります。

見つかるまでの期間は一定のお給料は保障されますので安心して次の就職先を検討することができます。ただ、直接雇用ではないため

場合によっては、短期間で就業先がコロコロ変わる可能性がありますので、どの仕事でも臨機応変に対応できる対応力とコミュニケーション能力が重要になってきます。

無期雇用転換するメリットとしては、社員のように月給制でボーナスが出るわけではないですが、交通費が出ることと現在の派遣先から次の派遣先への切り替わりの時に一時的に仕事の空白ができたときでも一定金額お給料が保障されるところが最も大きいとされています。

少しだけ、派遣社員より待遇が改善されているように感じます。

新しい環境で自分のスキルを磨いて行きたいと上昇志向の強い方や安定した環境で長く働きたいと考えている方にはおすすめの制度です。

デメリットとしては、派遣先が不規則に変わる可能性が出てくることが予想されますので、新しいところで1から仕事を覚えていかないといけない点と新しい仕事仲間との人間関係を構築していかなければならないというダブルで労力がかかってくるため、人間関係構築が苦手だわ、という方や新しいことを覚えるのが嫌だと言う方には向かないと思われます。

ただ、このアデコの2.5派遣制度は、一度無期雇用転換で無期雇用社員として働いてみたけれどやっぱり自分には派遣社員の方が合っていたと思った場合、無期雇用社員から派遣社員に戻ることが可能なシステムとなっているのです。

なので、チャレンジして無期雇用で働いてみるというのも一つのチャレンジではないでしょうか。

上手く自分に合っているならそのまま続けていけばよいのです。交通費も未就業中のお給料も保障されるので断然オススメであります。

アデコの無期雇用転換(ハケン2.5制度)への流れ

まずは、アデコに派遣登録することが必要です。

ステップ1・・・応募する(エントリーする)

エントリーの条件

・派遣元での就業期間が2.5年を経過していること

ステップ2・・・説明会に参加する

ステップ3・・・個別選考会に参加する

・アデコ派遣時に行っている各種テスト、就業状況、職務経歴等で判断されます。

ステップ4・・・無期雇用社員として就業開始

アデコの詳細をお知りになりたい方は、下記を参照ください。

アデコ(Addeco)ホーム

⇒ コールセンターと総合コールセンターの違いを理解せよ!仕事選びで後悔しないために必ず確認すべきポイント

⇒ 仕事探し オペレーター業務 衝撃の事実!会社選びを間違えるな

⇒ 派遣会社選びを慎重に 誰も教えてくれない派遣会社の裏事情 

⇒ 金融機関のオペレーターとして仕事するのに必要なスキル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 葬儀 葬儀費用を安く抑えるためのポイントはこの2点だった
  2. 扶養控除等申告書 扶養控除申告書どうする? 子供がアルバイトで扶養から抜けたら税金…
  3. 4K8K次世代テレビ 次世代放送4K8K 12月からNHKなどでスタート 今さら聞けな…
  4. 個人賠償責任保険水漏れ 格安の個人賠償責任特約付加で突発的破損の出費に備えよう
  5. 格安スマホmineo 格安SIMマイネオで年間19万円以上スマホ通信費を節約できた方法…
  6. ローソン銀行 ローソン銀行が開業 私たちにどんなメリットがあるのか検証してみた…
  7. 派遣会社の裏事情 派遣会社選びを慎重に 誰も教えてくれない派遣会社の裏事情 
  8. オールインワンジェル 化粧品を選ぶポイントどれを使えばきれいなお肌を手に入れられるの?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. OneTapBuy
  2. 個人賠償責任保険水漏れ
  3. 東京2020オリンピック聖火リレー
  4. 扶養控除等申告書
  5. 多摩動物公園
PAGE TOP