レジャー

アクアブルー多摩(たま) 雨の日でも心配なし 屋内市民プールでこんなに楽しめてお得感満載

アクアプール多摩

スポンサーリンク

夏になると、夏休み(summer vacation)がやってきます。

子供達は、今日は何して遊ぼうかと想像を膨らませ、親はなるべくお金をかけずに子供達が楽しめる場所はないだろうかと頭を悩ませるのではないでしょうか?

私も、息子2人が保育園、小学校低学年の頃は毎年、夏になるとプールへ連れて行ったり海へ連れて行ったりキャンプにも連れて行っていました。一ヶ月の夏休み、これが意外にボディーブローのように家計に響くのです。

夫婦で仕事をしているため、子供達は保育園や小学校では、お留守番と普段はなかなか十分なスキンシップをとることができないのと、夏休みも保育園、小学校の時はお留守番で頑張ってくるので仕事を休めるときには、どこかへ連れて行って楽しい思い出を作ってあげたいという気持ちがありました。

ですが、そんなときに大変気になるのは旅行や遊びにかかるお金(資金)ではないでしょうか。

出掛ける回数が増えれば増えるほど出費もかさみます。





サマーランドや、としまえんのプールなどは家族で出掛けるとそれなりの出費になりますので頻繁に出掛けるには悩むところでしょう。そんな時には市民プールを上手に活用することで、子供も楽しめてお財布にも優しくとてもコスパが抜群なんです。

今回のおすすめ市民プールは、雨でも予定変更が不要の室内市民プールのアクアプール多摩です。

アクアプール多摩(たま)

住所:〒206-0032 東京都多摩市南野(とうきょうとたましみなみの)3-15-2

TEL(電話):042-338-7667

アクセス(行き方)

【電車】

・小田急多摩線(おだきゅうたません)唐木田駅(からきだえき)下車 徒歩8分

【バス】

・小田急線・京王線(けいおうせん)・多摩都市(たまとし)モノレールの多摩センター駅発 「日大三高(にちだいさんこう)」行きのバスに乗って「福祉センター」で下りて徒歩2分

・京王聖蹟桜ヶ丘(けいおうせいせきさくらがおか)または、多摩センター駅発で「鶴牧団地循環(つるまきだんちじゅんかん)」行きで「南鶴牧小学校(みなみつるまきちゅうがっこう)」下車、徒歩5分

・小田急線の京王永山駅(けいおうながやまえき)「東西線右循環(とうざいせんみぎじゅんかん)」行きで「総合福祉(そうごうふくし)センター前」で下車したら目の前です。(←ミニバスです。)

アクアプール多摩アクセス

注意!

車で行く場合は、稲城方面から尾根幹線道路(おねかんせんどうろ)を走行してくる場合アクアプール多摩の駐車場へは左折でスムーズに入れますが、八王子方面から走行してくる場合右折になるのですが、右折では駐車場に入ることができません。

一旦、目の前を通り過ぎてすぐ先の信号を右折してUターンするように多摩鶴牧6丁目の信号を右折して直進すると左手に駐車場があります。

駐車場

立体駐車場が306台 駐輪場は200台(バイク含む)とかなりの台数収容できます。

駐車場利用料

大人:300円/4時間

シニア:150円/4時間まで

4時間を超過すると

大人:1時間毎に100円

シニア:1時間毎に50円

アクアプール多摩をよく利用する人はプリペイドカードがお得です。

・1,500円プリペイドで1,800円分利用できます。(300円割引)

・3,000円プリペイドで3,900円分利用できます。(900円割引)

・6,000円プリペイドで8,400円分利用できます。(2,400円割引)

金額の高いプリペイドカードほどお得感がありますね。

利用料金

・大人=高校生以上

・子供=小学校、中学校

・シニア=60歳以上

※小学生以下は無料(むりょう)です。

プール(夏季)2時間

大人:610円

子供:300円

シニア:300円

2時間を超えた超過料金(1時間毎)

大人:300円

子供:150円

シニア:150円

夏季以外の利用料金は

大人:610円(1回)

子供:300円(1回)

シニア:300円(1回)

夏季利用料金の期間は、6月~海の日までの日曜祝日、海の日(うみのひ)から8月31日までです。

一年間利用し放題の年間利用券というお得な券(割引券/わりびきけん)もあります。

ただし、条件があります。

年間利用券

多摩市民

大人:18,500円

子供:9,250円

シニア:9,250円

多摩市民以外

大人:37,000円

子供:18,500円

シニア:18,500円

手続きには運転免許証や保険証など生年月日と住所を確認できる物が必要になります。さらに在学証明書などが必要になる場合もあります。支払いにはカード払いはできませんので現金をしっかり準備して行きましょう。

プール利用時での注意

小学校2年生以下がいる場合は保護者の付添いが必要になります。

浮き輪などの遊具的なものの持ち込みはできません(流波プールとキッズプールは利用可です。)、プールに入るときにはスイムキャップをかぶらないといけません。

私服でのプールサイドの入室もできないため、付き添いだからと水着を持って行かないとお子さんがプールに入ることができなくなりますから、付き添いと思っても必ず保護者も水着を持って行きましよう。

更衣室にあるロッカーに必ず貴重品などを入れて鍵をかけるようにすること。

盗難などがあっても保障がありません。自己責任になってしまうので必ずロッカーを利用して鍵をかけてプールサイドへ行くようにしましょう。

アクアプール多摩がおすすめな理由

ここアクアパーク多摩は市民プールでありながら、比較的キレイに整備された施設であり、市民プールなのに流れるプール(流波プール)があるんです。さらに、アイランド ボディースライダーというプールがあって、ボートに乗ってトンネルのスラーダーをスリル満点に滑り降りることができるスライダープールがあり、子供達は単調な25㍍プールだけでなく様々なスタイルで遊ぶことができるので飽きずに過すことができるのです。サマーランドやとしまえんは利用料金が高いから頻繁には行かれないと思っている人は是非、こちらのアクアパーク多摩のプールも併用して利用してはいかがでしょうか。

ここは、子供だけが楽しめると思ったら大間違い!!

なんとリラクジェーションプールもあるんです。ここは水温が38~39℃に設定されており、中はジェットマッサージとジャクジー部分もあったりして、まさにスーパー銭湯的な要素が満載です。子供を遊ばせて疲れたらジャクジー風呂でリラックスできますよ。

授乳室(じゅにゅうしつ)も完備されており、身体が冷えないようにミストサウナが設置されているので、冷え性なお母さんには大変ありがたい設備ですね。

プールサイドには食べ物を持って行かれません。また、食事のため一度退場したら再入場はできませんので注意が必要ですね。

午前中の早い時間に行ってお昼で切り上げるか、お昼を食べた後に入場し夕方まで楽しむかといったスケジュールがおすすめです。

おむつが取れていないお子さんにも優しいキッズルーム

家族でプールへ出掛けてもおむつの取れていないとプールへ入ることができません。兄弟で上の子供はプールに入れるけど下の子はプールに入れないってなるとプールへ行くのもためらってしまうのではないでしょうか。

このアクアプール多摩はキッズルームがあるので、おむつが取れていないお子さんはここで遊んで過すことができます。両親のうちお父さんがプールへ上のお子さんを連れて行き、下のお子さんはお母さんとキッズルームで遊びながらプールを終わるのを待つことができるのです。

小さいお子さんをプールへ連れて行くときに結構悩むポイントですが、ここアクアプール多摩はそんな悩みも解消してくれます。

ベビーベットと授乳室も完備してあるので、お子さんが眠くなっても安心です。ただ、飲み物とミルク以外の飲食は禁止となっているので食べ物を持ち込まないように注意しましょう。

3階にあるプール事務室に声をかければ使用することができます。

お腹が空いたら施設内にある安くて美味しい、みなみの食堂を利用しよう。

お腹が空いたら、アクアプール多摩の中にある「みなみの食堂」を利用できます。

高いレストランのような雰囲気はありませんが、高速のインターにあるようなラーメン、うどん、丼物などの軽食が種類豊富に揃っています。値段も手頃なので、プールの後のお腹が空いたときに気軽に利用できるところが良いです。

水泳用品もしっかり充実したショップがあるので手ぶらでも安心です。

うっかりスイムキャップ(水泳帽)を忘れてしまった、また子供の水着を忘れちゃったなんていうことは結構ある話です。取りに帰るにも時間がかかるしと困ったときは、このショップではプールに関するたいていの物は揃っています。種類も豊富ですが、サイズについても様々なサイズが用意されているので、サイズがないから買えないということがないので安心です。

一年を通じて様々なイベントが行われているアクアパーク多摩市民プール

こどもフェスタ 5月19日(日) 

こいのぼりが飾られ、模擬店も出店します。和太鼓の演奏や体験会もあり、お祭り気分です。

プール内でも様々な子供が楽しめるイベントが開催されます。

七夕祭り 7月6日(土)~7月7日(日)

七夕飾り(たなばたかざり)の展示があり短冊(たんざく)を書いて飾ることができます。また模擬店(もぎてん)も出ますので、ちょっとした夏のお祭り気分です。プールに入って暑さも少しクールダウンしたところでお祭りというのも良いですね。(*^_^*)

アクア祭り 8月24日(土)~8月25日(日)

夏休みも後半になったころには、だいぶ旅行や遊び場でお金を使いすぎた頃ではないでしょうか。

それでも、夏休み後半何とか最後にどこか子供達を連れて行ってあげたいと思ったら、アクア祭りで楽しんではいかがでしょうか。

このアクア祭りの日は、スイカ(すいか)割りと模擬店が出ます。プール内でもイベントが模様されます。スイカ割りなんて自分たちではなかなかやろうと思うことは少ないですが、小さいお子さんには大人気です。

お金もかからず一日楽しむことができるのでおすすめです。

ハロウィン 10月1日(火)~10月31日(木)

ハロウィンの装飾でプールがハロウィン一色の期間です。

アクアクリスマス 12月23日(祝)

イルミネーション 11月26日(火)~1月15日(水)

クリスマス装飾(飾り) 11月26日(火)~1月15日(水)

この期間には、プール内でイベントが開催されたりクリスマスお菓子教室の催しがあります。クリスマスの飾りやイルミネーションを見るだけでも十分楽しめます。

新春フェスティバル 1月13日(祝)

水中かるた大会、餅つき大会、豚汁(とんじる)販売がありお正月気分満載です。

つきたてのお餅は柔らかくて大変美味しいです。

豆まき 2月3日(月)

豆まきのイベントがあります。

ひな祭り 2月17(月)~3月3日(火)

ひな人形飾りの展示があります。家ではおひな様を飾るスペースがないご家庭などは、プールを楽しんだ後に、ひな人形飾りの見学なんてどうでしょうか?

女の子はとても喜ぶと思いますよ。





まとめ

どうでしょう、市民プールとは思えない充実ぶりです。

小さなお子さんにとっては1年通っても飽きないように四季折々、色々工夫されたイベントで盛りだくさんです。

節約しながら、楽しむことができる貴重な市民プールの一つです。

今月、お出かけがちょっと厳しいけれど、子供にどこか行きたいとおねだりされたら、一度利用してみてください。

きっと満足してくれると思いますよ。(*^O^*)

⇒ 東京都の昭島市民プールの駐車場にスムーズに入るにはこのコースが一番

⇒ サマーランドで一日快適に過ごすための外せないポイント これで一発解決

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 昭和記念公園花火大会 昭和記念公園花火大会で花火をラクラク見学するための攻略法
  2. 富士急ハイランド画像 富士急ハイランド2018年7月から入園料無料化で遊び方が変わる
  3. 聘珍樓 横浜中華街に行かなくても聘珍樓で食事ができる穴場スポットがある
  4. よみうりランドイルミネーション よみうりランド 人気のイルミネーション らくらく渋滞回避術
  5. PICA富士吉田 PICA富士吉田キャンプ場とその周辺の楽しみ方
  6. 富士急ハイランドクリスマスイルミネーション 富士急ハイランド 毎年人気の冬のクリスマスイルミネーションが無料…
  7. 高幡不動尊 高幡不動尊 初詣の護摩修行は大混雑 らくらく渋滞回避攻略法
  8. ピザ ピザ窯でピザ作り初心者でも簡単に自宅にいながらおいしいピザが楽し…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. OneTapBuy
  2. 鎌倉極楽寺アジサイ
  3. スタッドレスタイヤ
  4. ふるさと納税
  5. 就職活動インターンシップ
PAGE TOP