生活

スタッドレスタイヤ購入 雪が降ってから購入では遅い事実 買う時期と買う場所でここまで値段が違う現実

スタッドレスタイヤ

スポンサーリンク

毎年、雪のシーズンになると慌てるようにオートバックスやタイヤ館など車部品取扱店へ駆け込む人達がいます。

我が家も、車を2台所有しておりますので気持ちが痛いほど分かります。

今年は雪の心配はないだろうとノーマルタイヤのままでいるときほど、突然の大雪に見舞われたりするのですから不思議です。(^^;)

以前の我が家も、ギリギリまで購入を渋っていて雪が降ると分かって、急にお店に買いに行ったりした口です。

近年は、そのようなことをしなくなりました。

慌てて、シーズン中に買いに行くと欲しいスタッドレスタイヤのタイヤサイズがなかったりして、高価な売れ残りタイヤしかないという現実(;_;)

そうなんです、車を日常的に使用しているならスタッドレスタイヤも計画的に事前に用意しておくのが確実にゲットできて安く購入できるコツなのです。





普段あまり車を使わないと言う人は、雪が降ったら乗らないと言う選択をすれば、スタットレスを購入するお金をカットすることができます。

通年、保管する場所に悩むこともありませんね。

日常的に車を使用している人は、事前にスタッドレスタイヤを購入しておくことをおすすめします。

=スタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)を購入するベストな時期=

スタッドレスタイヤを購入することができるようになるのは10月上旬頃からです。タイヤ専門店や、車の専門店などで徐々に店頭に並んでいきます。

なんとなくこの時期では、まだ暑さも残っておりスタッドレスタイヤを購入する気持ちになれないという人がほとんどです。

ですが、この時期は前年の売れ残りをセール価格(格安)で販売されるため、最新モデルなどにこだわりを持たない人はここで購入してしますのがおすすめです。

最新モデルをセール価格で購入したいと考えている人は、も少し我慢して11月に最新モデルが割り引きセールされるまで待つのが良いでしょう。

そして、シーズン最後の2月~3月には、売れ残りを次のシーズンに残しておきたくないお店側の思いがあり、できるだけ在庫を最小限にしようと売れ残りセールが始まります。ただ、この時期は欲しいタイヤサイズがなかったりすることも多いのが現実です。

ワンボックスタイプのタイヤ、ヴォクシーやノアなどのタイヤサイズは需要が多く一番始めに品切れになりやすいです。

確実に欲しいサイズをゲットするなら11月がよいでしょう。しかし少しでも安く購入を考えている人は10月や2月~3月にダメ元で色々な車・タイヤの量販店を回って探してみるのも一つの手です。

最後の手段は、インチサイズダウンです。

乗っている車の許容できる範囲内でタイヤのサイズをダウンすることで、安く購入することができます。

タイヤはインチが大きくなるほど高額になります。

軽自動車のタイヤが安いのはサイズが小さいからです。なのでインチを下げれば必然的に安く購入できることになるのです。

インチサイズを下げると価格が安くなるほかに、扁平率が上がるため乗り心地がよく感じるようになります。

さらに、雪面への接地圧が上がるという理由から、滑りにくくなるというメリットもあります。

見た目がちょっと悪くなるという点とアイスバーンでは滑りやすくなるというデメリットがありますが、ご自身の使用状況を考えて購入されると良いと思います。

 

=スタッドレスタイヤを買うためのお店選び=

・オートバックス

全国展開しており、何処の地域でも必ず見つけることができる店舗が多く利用しやすいお店です。

・カレッツァ

東京の板橋区(いたばしく)と八王子市(はちおうじし)にしか店舗がないので利用者は限定されてしまいます。

タイヤはもちろん販売していますが、板橋区限定でスタッドレスタイヤのレンタルをやっている珍しいお店です。

・タイヤ買い取り販売店

中古でタイヤとアルミセットでの販売が多いですが、金額は新品よりも安いものの劣化と性能を考えるとあまりお得とは言えない気がします。

1~2万円程度しか金額が変わらないなら断然新品がよいでしょう。

当たり前ですが新品で購入すれは、中古で購入するより長く使用できます。目先の安さに惑わされて購入してしまった後、結局短い期間しか使用できなかったというくらいなら、新品を購入して長い期間使用できた方がコストパフォーマンスはよいということいなりますね。

・インターネット通販サイト

インターネットで安いタイヤをよく見かけますが、ほとんどが送料が別です。送料を入れると値段が跳ね上がることがほとんどです。

さらに、購入して自宅に運んでもらったタイヤですが、取り付けが自分でできなければ車屋さんで取り付けを頼むことになります。しかし、車屋さんも商売ですから、持ち込みの時のタイヤ取り付け工賃はお店でタイヤを買った場合よりかなり割り増しで取り付け工賃を支払わなければならない場合があります。

お店によっては、持ち込み取り付けお断りのお店もあったりしますので注意しないといけません。

手間と時間がかかって、結局お店(販売店/量販店)で購入して取り付けてもらった金額とあまり変わらないということはよくある話です。

 

=スタッドレスタイヤ購入場所とタイヤ交換工賃=

①アマゾンでタイヤ(タイヤ付ホイール)を購入して、宇佐美(うさみ)などの提携ガソリンスタンドで取り付け

国産メーカーのブリジストン、ダンロップ、ヨコハマタイヤのタイヤやタイヤ付きホイールを購入するよりも、安い韓国メーカーのハンコックや台湾メーカーのナンカンを購入するなら安く購入することができるため、アマゾンを利用する価値はありそうです。

国産メーカーは、アマゾンで購入したからといって安くなるわけではないので、お店で購入してもあまり金額に開きがないように感じます。

それなら、お店で購入して取り付け工賃が安くなる方が良いかもしれませんし、タイヤを運ぶ手間も少なくてすみますね。

ネットで購入して持ち込みでタイヤ交換してもらう場合は、お店によっては割り増し工賃を取られる場合があります。

また、持ち込みお断りのお店もあったりしますのでネットで購入する際は、事前に何処でタイヤ交換をしてもらうかを十分に確認した上で購入することがポイントです。購入したけれど家の近くで持ち込みのタイヤ交換をしているところがない場合は遠方まで行かなければならないなんてことにもなりかねませんね。

●タイヤ交換できるお店●

アップガレージ

カーラク

タイヤフィッティングサービス

②タイヤを販売している量販店などで購入して取り付け

オートバックスでは、ヴォクシーサイズのタイヤではホイールセットで一番安いので50,000円から購入できます。

タイヤはオートバックスブランドでホイールがセットになった商品が税込み4,2950円で販売されています。(2019.2.10現在)

それに工賃が4,320円で取り付けてくれるため合計で約50,000円くらいと言うことになります。

他に、タイヤ館やその他専門店がありますが、タイヤのブランドでも価格は大きく左右されるため一概に何処のお店が安いとは言えないのです。

③ディーラーで購入して取り付け

ディーラーで購入するメリットは、あちこちタイヤを探しに行く手間がないと言うことです。

担当の営業マンに安めのスタットレスを購入したいというお願いをするだけで、あとは全部営業マンが動いてくれます。

購入する前に金額を教えてくれるので、予算に合えばあとはお店に車を持ち込んで1時間くらい待てばタイヤ交換終了です。

例えば、ネッツトヨタ多摩では新車購入時にメンテナンスサポートに加入していれば、タイヤ交換の料金が不要になるため、購入タイヤの代金だけ支払えば良いのです。

我が家は、最近は営業マンにお願いして購入しています。ディーラーだから高いという定説は現在はないと言って良いでしょう。

我が家は、ヴィッツとシエンタのスタッドレスタイヤを購入しましたが、どちらもお手頃な価格で購入しました。

ホイールもこだわりはないので安めの物でお願いしました。タイヤは国産タイヤでしたがヴィッツはスタッドレスタイヤホイール付きで6万円くらいで、シエンタは8万円でおつりがきたと記憶しています。

とにかく、タイヤ専門店や車の量販店などで購入して取り付けてもらう金額とあまり差がなかったのを覚えています。

我が家は現在、ほとんどネッツトヨタ多摩のディーラーの営業マンにお願いして購入しています。

タイヤを探して回る時間が省けて助かっています。

=スタッドレスタイヤ保管方法=

・自宅

一戸建てにお住まいの方は、庭にある倉庫にタイヤ収納ケースに収納してしまいましょう。倉庫がないという場合は極力直射日光が当たらない日陰の場所を選びタイヤ収納袋にしまって保管するのが好ましいです。タイヤはゴムなので直射日光や雨などで劣化が早く進んでしまいます。少しでも長く使いたいならタイヤの保存方法は重要です。ちょっと気をつけるだけでタイヤの劣化を遅らせることができるので保存方法に気を遣うことはとても重要なことなのです。

・ディーラー

家が賃貸アパートやマンションなどでタイヤの収納スペースが取れないときは、ディーラーやタイヤ専門店、車用品店などで近年増えているタイヤ保管サービスがあります。

タイヤの保管する場所がない人にとっては大変助かるサービスです。

保管料は、軽自動車からミニバン、四駆(よんく)などのタイヤの大きさによって料金体系が異なりますが、大体10,000~20,000円/年間のところがほとんどです。

人によってはトランクルームを借りる方が安いのではと思うかもしれませんが、トランクルームは毎月料金が発生しますし、タイヤは重いため床におけるタイプのスペースで0.5畳くらいのスペースを借りても毎月最低5,000~8,000円位ははします。

年間にすると60,000~96,000円(東京都下)くらいになってしまいます。

参考:トランクルーム・キュラーズ

参考:タイヤ館 タイヤお預かりサービス

参考:オートバックス タイヤ保管サービス

タイヤ以外のものもスペースがあれば収納できるかもしれませんが、タイヤ保管サービスという観点から考えると断然、ディーラーやタイヤ保管サービス専門で預かってもらう方が安く利用できます。

=どのタイヤを買うのがベストなの?=

なるべく費用を抑えたいと考えている人は海外のメーカーがおすすめです。特に、ハンコック(韓国メーカー)、ナンカン(台湾メーカー)は国産タイヤに比べてかなり安く購入することができます。

ハンコック(韓国メーカー)のタイヤってどうなの?と心配の方もいらっしゃるかも。。。

韓国国内では1位のタイヤメーカーで、アジア内でも3位、世界でも7位という以外と大きなタイヤメーカーなんです。

世界180カ国以上で販売をしています。フォルクスワーゲンやゼネラルモーターズ(GM)などは純正タイヤとして供給されている信用性のあるタイヤなんです。

日本では、ダイハツや日産(ニッサン)の新車に取り付けられているという実績があり、安いからと言って心配する必要はありません。

安くて良いタイヤなら購入する側にとっては一番のメリットではないでしょうか。

もちろん国産タイヤが好きという人は、高くても国産タイヤを購入するでしょう。。。

=ブランド別タイヤ価格比較表(人気順)=

参考:アマゾンより(2019.2現在)

・ブリジストン(BLIZZAK VRX2/ブリザーク) 165/60/15  4本アルミセット 70,800円

・ダンロップ(WINTERMAXX WM01/ウィンターマックス) 165/60/15 4本タイヤセット 80,590円 (アルミセットなし)

・ヨコハマ(YOKOHAMA)アイスガード 6iG60 165/60/15  4本アルミセット 60,000円

・ハンコック(HANKOOK) WINTER isept IZ2A (ウィンター アイセプト アイジーツーエース)W626 65/60/15 4本タイヤセット 10,000円 (アルミセットなし) コスパ最強!!

※ハンコックタイヤは、あまりアルミとのセット品は販売しておりません。最初は別々に購入してその後タイヤが劣化して交換となったときには、とても買いやすいお手頃価格のタイヤと言って良いでしょう。





=まとめ=

車が好きな人やこだわりの強い人は自分の好きなブランドのタイヤを購入するとよいと思いますが、日常的に車が必要で使用していると言う人は、できればなるべく安いタイヤを購入したいと思ってしまいます。

私もあまり車に興味はありませんが、生活する上で車があった方が便利と言うことで乗っている口です。(^^;)

できれば、あまり高価なスタッドレスタイヤよりも、お手頃でまあまあの性能の商品があれば助かります。そんな人はディーラーで安いスタットレスを探してもらうのも良いですし、アマゾンでハンコックタイヤ(最強コスパ)のタイヤを購入して宇佐美(うさみ)スタンドでタイヤ交換をしてもらうというのも、スタッドレスタイヤをお得にゲットする方法でしょう。

宇佐美(うさみ)タイヤ交換料金

だた、ハンコックタイヤはあまりホイールとのセット販売をしていないようで、通販アマゾン(AMAZON)でもタイヤ4本組みしか販売していません。アルミセットで検索すると少しは出てきますのでその通信販売サイトで購入するのも良いかと思いますが、のスタンドではアマゾン購入以外のタイヤの持ち込み取り付けはやっていないようなので注意が必要ですね。

私は、ネッツトヨタ多摩で新車を購入しており、そのときにつけたフルメンテナンスサポートで交換工賃無料でサマータイヤとスタッドレスタイヤの交換をしてくれるので、冬用タイヤを購入して販売店に持ち込めば交換してもらえます。

交換してくれるところが事前に決まっていれば、お手頃なスタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)を購入してお店に持ち込めばよいと言うことになります。

⇒ ローソン銀行が開業 私たちにどんなメリットがあるのか検証してみたらわかったこと

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. e-Tax(いーたっくす)確定申告 e-Tax(いーたっくす)で確定申告(かくていしんこく) ラクラ…
  2. 個人賠償責任保険水漏れ 格安の個人賠償責任特約付加で突発的破損の出費に備えよう
  3. 厚生労働省82万円の壁 厚生年金国民年金の82万円という新たな壁は私たちにはどんな変化が…
  4. トマト栽培 トマト栽培で良く起こる現象尻枯れ病はどうして起こるのか
  5. エアコン掃除 エアコンの嫌な臭いを速攻で完全消臭できる裏技 誰でも今すぐ簡単に…
  6. 葬儀 葬儀費用を安く抑えるためのポイントはこの2点だった
  7. ふるさと納税 ふるさと納税返礼品の制度見直しで得する人はやっぱりこの人だった!…
  8. 引越し手続き 引越し費用を安くするポイントと引越しで必要な手続きマニュアル

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 富士急ハイランド新料金
  2. 芹沢旅館
  3. アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉
  4. サマーランドナイトプール
  5. 第100回全国高校野球選手権
PAGE TOP