レジャー

ムーミンバレーパークオープン ムーミンの世界をそのまま体感できる絶対に行きたくなる北欧の雰囲気満載のテーマパーク

ムーミンバレーパーク

スポンサーリンク

ここ最近、あちらこちらに新しい遊び場的施設がオープンしています。

その一つがムーミンバレーパークです。

なんと、2019年3月16日にオープン予定!!

東京都の南町田のグランベリーパーク内には今年の秋に、スヌーピー博物館がオープン予定となっています。

続々と新たな施設がオープンしていく予定となっており楽しみです。

東京オリンピックへ向けての準備のようにも感じたりする今日この頃。。。

そんなムーミンバレーパークってどんなところなんでしょうか??

気になりますね?





ムーミンバレーパークは、埼玉県飯能市(さいたまけんはんのうし)にあるメッツァの施設の隣にオープンする予定です。宮沢湖(みやざわこ)を囲むようにメッツァヴィレッジとムーミンバレーパークがあります。

メッツァヴィレッジとはどんなところ?

北欧のライフスタイルが体験できる空間です。

宮沢湖を囲むようにあり、マーケット棟/レストラン棟/セレクトショップ/イベント催事スペース/ワークショップ/ラーニングスペース/カヌー工房・木工房/ボート乗り場・桟橋/イベント広場

で構成されています。

①マーケット棟・・・1Fは地元の食材が集まる「活気ある日常」が体感できるカフェ&食品販売フロアとなっています。2Fは、北欧を旅しているかの雰囲気のある北欧ブランドセレクトショップフロアとなっています。

 

②レストラン棟・屋外レストラン

*らーめんAFRI(アフリ)・・・丹沢山からの天然水と無添加・天然食材で作られる黄金色のラーメン、昆布・鰹節(かつおぶし)など魚介系スープがベースとなっています。

*ロバーツ・コーヒー・・・北欧直輸入の焙煎豆(ばいせんまめ)を使用して様々なドリンクを提供してます。北欧最大のカフェチェーンで日本ではここだけしかお店がありません。訪れた際には是非北欧のコーヒーを堪能してみてください。

*サイボク(SAIBOKU)メッツァヴィレッジ店・・・店内での飲食以外にテイクアウトもできます。1946年創業の、埼玉県日高市(さいたまけんひだかし)にあるサイボクと言う会社が種豚の品種改良・生産からハム・ソーセージの生産販売までを一貫して行っています。

ドイツの国際食品品質コンテストに挑戦し続けて現在金メダルを927個も獲得している程の美味しいハム・ソーセージのお店です。金額も500円~1,000円くらいという手頃な値段で購入することができるのがありがたいですね。

*ONE MORE BITE(ワンモア バイト)・・・沢山の受賞歴のある吉井牧場(よしいぼくじょう)の夢ミルクを使用して作られるソフトクリーム、その上にお好みで焼き菓子を乗せたりデコレーションをすることができます。店内は2席しかないためテイクアウトで歩きながら食するスタイルとなります。

*tomateria GOTO(トマテリアゴウトゥ)・・・トマト専門店と言ったところでしょう。丸ごとトマトを中心にしたメニューが揃っています。契約農家直送の新鮮で品質のよいトマトだけを使用しているのでトマト好きは是非食したいお店です。

*ハンバーグの時間・・・大人も子供もみんな大好きなハンバークは地産地消の新鮮な食材を使用して作られており、ハンバーグにかけるソースはなんと12種類もあるとは驚き!

ここでのおすすめは、大人のハンバーグ、ハンバーグ以外にエビフライとナポリタン、オムライスとポテトが一度に楽しめるワンプレートスタイルで提供されています。

*metsä cafeks(メッツァ カフェ)・・・メッツァのオフィシャルカフェとなっています。メッツァのイメージカラーの緑を基調にした店内の席は4席。スペシャルコーヒーは、サイフォンで入れる本格的コーヒーです。ホットドックやケーキなどの軽食もあり小腹が空いたときに便利です。

*UTEPILS(屋外レストラン クラフトビール&グリル)・・・UTEPILS(ウーテピルス)とは、ノルウェー語で「太陽の下でビールを楽しむ」と言う意味です。

4つのコンテナがあり、「北欧料理」「クラフトビールとグリル素材」「シーズナルメニュー」「スイーツメニュー」とコンテナごとに沢山のメニューがあり、クラフトビールを飲みながら北欧料理に舌鼓、素敵な景色がさらにビールや食材を美味しくしてくれます。

*LAGOM (スモーブローレストラン)・・・デンマークの伝統料理であもあり・国民食でもあるオープンサンドウィッチのお店です。

エビやサーモンといった北欧でよく使われる食材を中心に様々な食材があり、パンが見えなくなるほど具材を乗せるのが特徴です。

ランチボックス形式で提供されるため、店内で食べても外の芝生の上で景色を見ながら食べてもOK

*nordics (ノルディクス)・・・カフェと雑貨のお店です。かの有名なコペンハーゲン・イッタラ・アラビアなど世界的なテーブルウェアブランドを傘下に納めているフィスカースジャパンがプロデュースしているカフェです。期間ごとにブランドを変更しているため、いつ行っても変化があって楽しむことができます。

好きな雑貨に囲まれて、コヒーを飲む贅沢な時間ですね。

カフェで使用できる割引クーポンあります。

*biokia smoothie (ビオキアスムージー)・・・スムージーの専門店です。

北欧で無農薬で作られたベリーを使用して作られる世界初のスムージー専門店です。北欧の白夜(ビャクヤ)という環境で栽培されたとても栄養価が高い本場北欧のベリーで、スムージーだけでなくジュースやパウダーもなども限定販売しています。こちらは店内に座席はありませんのでテイクアウトのみのお店となります。

*武蔵利休(むさしりきゅう)・・・天皇皇后両陛下(てんのうこうごうりょうへいか)やローマ法王へも献上(けんじょう)したことのある新井園本店(あらいえんほんてん)が運営する和スイーツのお店です。

狭山茶(さやまちゃ)を使用したフロートやソフトクリームなど和のスイーツを提供しています。

飲食店が多くあり、どれを食べようか迷ってしまいます。。。

 

③セレクトショップ・・・手作りで作られた雑貨が多数あります。

 

④イベント催事スペース・・・期間限定のイベントや地域イベント・貸切パーティーなどさまざまなイベントで使用できるスペースとなっています。

 

⑤ワークショップ・・・さまざまな講座やワークショップができるスペースです。本の貸し出しなどもやっています。

 

⑥ラーニングスペース/カヌー工房・木工房/ボート乗り場・桟橋/イベント広場

カヌーや家具などの大きなものから小さな雑貨まで作ることができるスペースです。

ボート乗り場があるのでカヌーで湖を漕いで楽しむこともできます。

 

このような北欧の空間の中にムーミンバレーパークはあります。。。

ムーミンバレーパークの園内はどうなっている?

 

*POUKAMA(ポウカマ)エリア*

ムーミンの物語が描かれたゲートをくぐって、ムーミンの世界へと入っていきます。

エントランスの施設には、パンケーキなどを楽しめるレストラン・ムーミンのグッズなどのお店があります。

 

*ムーミン谷エリア*

ここは、ムーミンバレーパークの中でも中心的場所です。ライブエンターテイメントが楽しめる「エンマの劇場」、図面を参考にして忠実に再現した「ムーミン屋敷」、実際に冒険を体験することができる「海のオーケストラ」があり、いろいろな体験をすることができます。小さいお子さんには自然にも触れることができてとても良い刺激になることでしょう。

ムーミンたちと写真をとることができるスタジオもあり、小さいお子さんと一緒に思い出の一枚を残すことができます。

 

*ムーミタロ*(別料金)

ここは、ムーミン屋敷です。ムーミンパパが設計図を描いて自分で建てた家です。物語に忠実に再現されており、本の中からそのままで出てきた感じです。

 

*メレンフイスケ*(別料金)

物語の中にも出てきた「海のオーケストラ号」で、体感モーフィングシアターです。ムーミンパパの親友である発明家のフレドリクソンが作った海のオーケストラ号に乗って冒険に出かけます。

 

*KOKEMUS(コケムス)*  

コケムスとはフィンランド語で体験の意味です。地上三階建ての建物は展示施設となっており、常設展の他、企画展、物語にちなんだモノつくりワークショップを体験できます。そのほか、北欧のムーミングッズを取り寄せたショップやカフェがあります。

 

*おさびし山エリア*

ここは、冒険と思索の山!子供たちが自然の中で思いっきり遊ぶことができるエリアです。アスレチックやツリーハウスの「ヘムレンサンの遊園地」で思いっきり身体を動かせます。また有料で「飛行機おにのジップラインアドベンチャー」を体験できます。

ジップラインアドベンチャーとは、今世界中で人気となっている遊びで、ワイヤーロープと滑車(かっしゃ)を伝って滑り降りていくアドベンチャーアトラクションです。簡単に説明すると爽快系絶叫アドベンチャーアクティビティです。

このように、ムーミンバレーパークは大人でも子供でも楽しむことができる夢いっぱいの施設です。

 

ムーミンバレーパークの利用料金

*大人(中学生以上) 1,500円

*子供(12歳以下) 1,000円

駐車場

*平日 100円/10分

*土日祝日 500円/30分

*二輪オートバイ(30台) 平日500円 / 休日1000円

*自転車(95台) 無料

駐車場は事前にWEBから予約ができたいへん便利です。

利用に当たっては事前に会員登録を済ませてログイン後に予約が可能です。

駐車場については特に割引などはないようです。

会員登録後は、予約画面に戻るボタンがあるので、戻って予約の入力をします。駐車場予約とムーミンバレーパークの入園予約の2つがありますが、入園・駐車場の両方を予約するならムーミンバレーパーク入園予約画面から行く日のボタンを押すと入園券と駐車場の予約両方がいっぺんにできます。

支払いは、クレジット決済かコンビに払いのどちらかの選択となります。

事前に予約しておけば、当日車が停められないとあわてることがないのでゆっくり出かけることができます。

 

アクセス

<電車での行き方>

*JR池袋駅(いけぶくろえき)⇒(西武池袋線/せいぶいけぶくろせん)「飯能駅(はんのうえき)」

*JR八王子駅(はちおうじえき)⇒(八高線/はちこうせん)「東飯能駅(ひがしはんのうえき)」

*JR川越駅(かわごええき)⇒(川越線・八高線)「東飯能駅」

 

<バスでの行き方>

*飯能駅*

北口①番乗り場⇒「メッツァ行き」西武バス、「メッツァ経由高萩駅行き」路線バス(イーグルバス)⇒メッツァ停留所で下車してから徒歩13分程度。。。

直通行きを利用したほうが便利です。

*東飯能駅*

東口②番乗り場⇒「メッツァ行き」西武バス、「メッツァ経由高萩駅行き」路線バス(イーグルバス)⇒メッツァ停留所で下車してから徒歩12分程度。。。

※東飯能駅~メッツァ行きのバスは土日祝日のみの運行となるので注意が必要です。平日電車で行くときは飯能駅を利用しましょう。

 

<車での行き方>

*狭山日高インターチェンジから県道262号線で約12分

*青梅インターチェンジから県道218号線で約30分

*飯能駅北口から宮沢湖入り口まで約10分

 





せっかく、遠くまで来たなら帰りはぜひ温泉で疲れを癒しては?

ここまで、来たなら宮沢湖温泉(みやざわこおんせん)「喜楽里別邸(きらりべってい)」へ行ってみよう!

 

喜楽里別邸(きらりべってい)

ここは、未就学児のお子様は利用できないことになっています。

天然温泉かけ流しで露天風呂に内風呂や岩盤浴(がんばんよく)なども楽しめます。泉質はアルカリ質単純温泉で痛みなどを和らげる効果がある泉質となっています。

食事は四季菜ビュッフェ「湖畔茶寮(こはんちゃりょう)」で外の景色を観ながら開放感のある席で自然の野菜を中心に食べ放題のビュッフェスタイル。

上質な大人のリゾート感あふれる空間でのんびりご飯をいただくことができます。ここのレストランは、レストランのみの利用はできないので注意してください、お風呂を利用した人だけが利用できるレストランです。

料金

■ 入館料
コース 平日 土・休日・特定日 ご利用内容
大人 ゆったりコース 1,340円 1,510円 ご入浴+温熱房&岩盤浴
※ご入浴タオルセット
+岩盤浴着+館内着付
平日夜間割引料金 1,160円 ※18時~の料金となります。
シンプルコース 1,000円 1,000円 ご入浴のみ(タオルセット付)
平日夜間割引料金 820円 ※18時~の料金となります。
こども (小学生) 860円 970円 ご入浴のみ(タオルセット付)
※温熱房&岩盤浴はご利用出来ません。
平日夜間割引料金 620円 ※18時~の料金となります。
ビュッフェメニュー 平日(11時~22時 LO21時)
土・休日・特定日(10時30分~22時 LO 21時)
おとな 1,580円
小学生 930円
(ご利用時間は90分です)
カフェ&バー ドリンクバー(10時30分~22時)
※おつまみ各種、アルコール類は別料金となります。
360円

入館セット回数券 6,100円(5枚綴り) 1回分/入館+岩盤利用+館内着
※土・休日・特定日利用可、有効期限がございます。

■ 利用案内
■年に数回メンテナンス等のためお休みする場合がございます。
■シャンプー、コンディショナー、ボディソープは備え付けがございます。
その他石鹸などの入浴用品は、お客さまでご用意いただくか、販売品をご利用ください。
■脱衣所・浴室内での携帯電話のご使用はご遠慮ください。
■館内への飲食物の持ち込み、および浴室内への書籍、雑誌、電子機器その他洗身用具以外の持ち込みはご遠慮ください。
■入墨・タトゥー・刺青シール、泥酔の方、ご入館は固くお断り致します。
■入浴料の返金は致しません。
■他のお客様に対して迷惑であると判断された方のご入館をお断りする場合がございます。
■8歳以上、8歳未満でも身長125cm以上のお子様の混浴はご遠慮ください。
■小学生のお子様のみでのご入館はお断りしております。また、小学生未満の未就学児のお子様は、ご入館・ご利用はできませんので、予めご了承ください。
■貴重品は、貴重品ロッカーをご利用ください。
■盗難についての責任は負いかねますのでご了承ください。
■駐車場内での事故および、施設内での事故、盗難についての責任は負いかねます。
■車椅子は浴室以外(脱衣所まで)ご利用頂けます。
■下記クレジットカードがご利用頂けます。

アクセス

<車での行き方>

※メッツァのアクセスと同じです。

<バスでの行き方>

※メッツァのアクセスと同じです。

<電車での行き方>

※メッツァのアクセスと同じです。

駐車場

駐車場利用については、メッツァの開業に伴って利用システムが変更になっています。

駐車利用案内

 





2019年はココ、埼玉県にある飯能市は絶対に外せません。東京ディズニーランド・東京ディズニーシー・USJユニバーサルスタジアムに飽きたな~という人は、メッツァがお勧めです。今まで体験したことのない雰囲気を感じることができるはず!

ムーミンバレーパーク・メッツァ・喜楽里別邸(きらりべってい)と3つの施設が宮沢湖(みやざわこ)の周りを囲むようにあります。

土日祝日ともなると多くの観光客が来ることが予想されます。駐車場を事前に予約をするのが安心です、また平日に訪れるときは、東飯能駅からはメッツァ行きのバスは出ていないので注意が必要です。

東京都の西多摩地区(八王子近辺)に住んでいる方は、高速道路を使わなくてものんびり一般道路でドライブがてら行っても混んでいなければ1時間程度で到着します。

今年は、メッツァのムーミンバレーパークへ行ってみよう!

⇒ 南町田グランベリーパークにスヌーピー(SNOOPY)ミュージアムがオープン!その全容を公開

⇒ アパ(APA)ホテルが横浜・馬車道にアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉開業 新たなみなとみらいの夜景スポットを完全攻略

⇒ 富士急ハイランド2018年7月から入園料無料化で遊び方が変わる  

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 民泊 民泊という選択で東京オリンピックを200%楽しむ
  2. 深大寺門前そば 深大寺の門前そば 平日も休日もいつでも混雑必至!安くて美味しいお…
  3. 高尾山紅葉 高尾山に子供と一番ラクに登る方法 紅葉満喫お勧めルート
  4. 中央線特急 あずさ かいじ はちおうじ おうめ 中央線特急(ちゅうおうせんとっきゅう)新しくなった「あずさ」「か…
  5. シルバーウィーク旅行 シルバーウィークに夏の疲れをとるおすすめ旅行プランはこれ
  6. 都立小金井公園 都立小金井公園(とりつこがねいこうえん)は犬連れOKで入園料無料…
  7. 昭和記念公園花火大会 国営昭和記念公園(こくえいしょうわきねんこうえん)花火大会で花火…
  8. 千葉ポートパーク 潮干狩り 千葉ポートパーク アクセス抜群で潮干狩りやバーベキューが楽しめる…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 多摩動物公園
  2. コールセンター
  3. リクルート服装
  4. 田中圭
  5. e-Tax(いーたっくす)確定申告
PAGE TOP