レジャー

部分日食を観る人必見!3年に一度の部分日食を見るためのベストな場所はココ

部分日食

スポンサーリンク

2019年1月6日は3年に一度しか観ることができない部分日食(ぶぶんにっしょく)の日です。

前回は2016年3月9日でしたので、実に3年ぶりとなります。

日食(にっしょく)って何?

晴れた日の太陽は丸いです。この丸い太陽と地球の間に月が入り込んだときに日食が見られるのです。

月が部分的に隠れるときに部分日食と言い、全部隠れる時を皆既日食と呼んでいます。

月が太陽を隠しきれなくて太陽の端っこの光が漏れてリングのように見えるのを金環日食(きんかんにっしょく)と呼んでいます。

部分日食や金環日食は十年に一度~数十年に一度しか見ることができないのです。

今回は、かなり貴重な体験ができることがお分かりいただけると思います。

今回の部分日食は、日程もよく日曜日ということもあり家族やカップルで観ようと計画している人も多いのではないでしょうか?

では、部分日食を見るにはどうしたらよいのでしょう。。。

 





 

部分日食を見るために必要なもの

日食観察グラス(にっしょくかんさつぐらす)

太陽を直接見ることは目にとって大変危険な行為となります。また、太陽の光でまぶしくて部分日食を裸眼で観ることは不可能です。

必ず、日食観察グラスを使用して部分日食を観るようにしましょう。

日食観察グラスは、望遠鏡ショップ・書店(しょてん)・量販店(りょうはんてん)などで販売しています。

お店まで行かなくても、アマゾン(Amazon)や楽天市場(らくてんいちば)などのネットショッピングサイトでも購入することができます。

値段は数百円から二千円台と幅広く展開しているので自分の予算に応じて購入することができます。

日食グラスを使用しても注意すること!

①双眼鏡や天体望遠鏡と日食グラスの併用しての使用は禁止となっています。通常使用している眼鏡やコンタクトと日食グラスの併用は可。

②使用する前に日食グラスに穴が空いていないか確認してから使用するようにしましょう。

③日食グラスを使用していても長時間の観察は止めましょう。2~3分以上続けての使用は危険です。

曇りでも必ず、日食グラスを使用しましょう。

 

部分日食が見られる時間帯

来年の部分日食は、日本に住んでいる人にとってはとてもラッキーな年です。

NASA(ナサ)の情報によると、来年の部分日食図(ぶぶんにっしょくず)を見ると日本全体が丸々部分日食が観られる地域に入っているのです。

日本のどこにいても部分日食を見ることができるという、極めて貴重な年となります。

来年の部分日食は、東京在住の私の場合

AM8:44分頃に月の影が東京に到着する予定になっています。太陽の右の下の方向から欠けはじめていきます。

AM10:46分に部分日食の最大食(さいだいしょく)を迎え、部分日食のピークを迎えます。

このピーク時のときには、太陽の左上の方が全体の4割ほど月が被って欠けて見えます。

AM11:36分頃には部分日食は終わりを迎えます。

約2時間半の間にこの幻想的な太陽が欠ける風景を見ることができるのです。

午前中なので少し早起きして是非、部分日食をみんなで観察しましょう。

部分日食が良く観られるお勧めの場所

午前中、朝日が昇る時間帯ということもあり、部分日食開始時の高度は18度しかありません。またピーク時で27度、終了時でも32度と全体的に低い位置での部分日食の鑑賞ということになるので、あまり周りに高い建物があるとせっかくの部分日食を見ることができないかもしれません。

さえぎるものが少ない海沿いなどは、低い高度での部分日食の場合はの観察場所にはお勧めの場所ですね。

周りにマンションや高い建物などがあると、せっかくの部分日食を見逃してしまう可能性があります。

【周りにさえぎるものが少ないお勧めのスポット】

●東京都 高尾山

朝8:00からケーブルカーも動いています。途中までケーブルカーで行ってその後は歩いて頂上へ

ケーブルカーを降りたところには、かすみ台展望台があります。冬場の空気が澄んでいるときだと、60kmも離れた東京スカイツリーも観ることができる絶景スポットです。

山頂よりもかすみ展望台が好きという観光客も多くいるんです。

●神奈川県 江ノ島

島なので、周りにさえぎるものがほとんどありません。

寒い一月ということもあり、車で行くことをお勧めします。駐車場もかなりの台数停められますので安心です。

江ノ島の場合は、島の上に登らずとも、周辺にさえぎるものがないので、場所さえ間違わなければ、江ノ島周辺どこからでも部分日食を満喫できます。

本土から江ノ島へ渡る橋の上もはっきりと海の地平線が見えてお勧めです。

南東から南の方向の低い位置で見ることができるので、江ノ島ならヨットハーバー側の海辺、本土から続く端の上から観察するなら本土から江ノ島へ向かって左側から観るとよいでしょう。

江ノ島周辺駐車場

家の周辺から、観察しようと考えている人は自分の家の方角を確認して、それより東南の南よりの場所で周辺に高い建物などさえぎるものがない場所を探してみるとよいでしょう。

全国の観測地の部分日食の開始と終了時間

●札幌(さっぽろ)

開始 AM8:47 / 終了 AM11:47

●仙台(せんだい)

開始 AM8:45 / 終了 AM11:43

●東京(とうきょう)

開始 AM8:44 / 終了 AM11:36

●金沢(かなざわ)

開始 AM8:41 / 終了 AM11:29

●大阪(おおさか)

開始 AM8:41 / 終了 AM11:23

●広島(ひろしま)

開始 AM8:39 / 終了 AM11:13

●福岡(ふくおか)

開始 AM8:39 / 終了 AM11:13

●那覇(なは)

開始 AM8:50 / 終了 AM10:33

まとめ

2019年1月6日(日)の部分日食は、上記の通り日本で全国的に部分日食を鑑賞できる貴重な日です。

地域によって少しずつ部分日食の開始時間と終了時間が異なりますので事前に確認しておきましょう。

また、今回の部分日食は、低い位置で南東の南よりで観察できることを頭に入れて、観察場所を探しましょう。

遠くに出かけなくても、自宅から南東の南よりで周辺にさえぎるものがない場所があるなら、部分日食を十分に鑑賞することができます。

日食観察グラスは、直前になると品切れしてしまって購入できない場合もあるので早めに準備しておくことをお勧めします。

⇒ オリンピック競技種目にあるセーリングってどんな競技?

⇒ 高尾山に子供と一番ラクに登る方法 紅葉満喫お勧めルート

⇒ 谷保天満宮(やぼてんまんぐう) 初詣スポットで大人気!寒さ対策おすすめルート

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 昭和記念公園花火大会 国営昭和記念公園(こくえいしょうわきねんこうえん)花火大会で花火…
  2. 拝島大師 初詣 拝島大師(はいじまたいし)の初詣 大混雑必須!行き方 駐車場 攻…
  3. 八王子花火大会 八王子花火大会の場所決めから暑い日中を快適に過ごす為のノウハウ
  4. 横浜中華街 横浜(横濱)中華街巡り|必ず満足できる食べ歩きお勧めコース公開
  5. 富士急ハイランドクリスマスイルミネーション 富士急ハイランド 毎年人気の冬のクリスマスイルミネーションが無料…
  6. ムーミンバレーパーク ムーミンバレーパークオープン ムーミンの世界をそのまま体感できる…
  7. 聘珍樓 横浜中華街に行かなくても聘珍樓で食事ができる穴場スポットがある
  8. サマーランドナイトプール サマーランドのナイトプールで楽しく過ごす為の外せないポイント

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ムーミンバレーパーク
  2. 保育園
  3. 4K8K次世代テレビ
  4. 個人賠償責任保険水漏れ
  5. プレイステーション4
PAGE TOP