レジャー

横浜(横濱)中華街巡り|必ず満足できる食べ歩きお勧めコース公開

横浜中華街

スポンサーリンク

横浜(横濱)中華街(よこはまちゅうかがい)というと、豚万(ぶたまん)やゴマ団子などがすぐに思い浮かびます。

中華街(ちゅうかがい)には手ごろに食べられるお店から、萬珍樓(まんちんろう)、聘珍樓(へいちんろう)など金額が高いお店までさまざまです。

そのときのイベントの用途に合わせてお店をセレクトするとよいでしょう。

今回は、横浜に遊びに来たついでに中華街で気軽に食べることができるお手ごろでおいしいお店をご紹介!!

横浜中華街に入っていくと似たようなお店が多くあります。どれもおいしそうでどこのお店をセレクトしたらよいか迷ってしまいますよね。

私もあれこれ迷って、何度も同じ道を行ったり来たりしてしまいました。

土日祝日や中華街の行事と重なると人混みがマックスとなり、うっかりしていると同伴者とはぐれてしまうほどです。

そんな人混みでもはじめからお店を決めていれば余計な時間をかけずに目的地へ到着できますね。





中華街を120パーセント満喫するためのおすすめルート

横浜中華街

広い中華街なので、闇雲に歩くのも時にはよいかもしれませんが効率よく歩けば疲れも軽減できます。

今回は有名なお粥屋さんでおかゆを食べて、その後は焼き小籠包(しょうろんぽう)を食べブタまん、お土産にゴマ団子というルートです。

上記地図参照

ココ① 謝甜記 貮号店(しゃてんきにごうてん)

ここ謝甜記(しゃてんき)のお店はおかゆで有名な店です。私が15年前くらいに行ったその頃から、行列ができるお店でした。

今回久しぶりに中華街に行ってみると貮号店(にごうてん)がオープンしており、こちらも行列ができておりました。

ですが、2店舗あることで以前より並ぶ時間は極端に減ったと思います。

11月23日の祝日の午後15:30ころでしたが一号店は2組2号店は4組並んでいました。

今回は新しくオープンした2号店でお粥をいただくことにしました。

五目粥(ごもくがゆ)620円と貝柱粥(かいばしらがゆ)910円の中碗を注文しました。

ココでは、あえて有名なお粥のみ中くらいのサイズで注文します。その後食べ歩きするためにあまりお腹をいっぱいにしないようにします。

ココでは、並んで15分程度で中に入れました。15:30の時点でも並ぶのですから夕食時はかなりの待ち時間になることは覚悟したほうがよいかもしれません。

時間があれば、早めにお店に入るようにしましょう。

ココ② 鵬天閣 小籠包専門店(ほうてんかくしょうろんぽうせんもんてん)

謝甜記(しゃてんき)を出た後、東の方向に歩いていくと交差点にぶつかるその左角にあります。

レストランもあり、中で食事をすることもできますが、ほとんどの人はテイクアウトで歩きながら小籠包(しょうろんぽう)をほおばっていますね。

横浜中華街 鵬天閣小籠包(しょうろんぽう)

〔フカヒレと豚肉の二種盛りセット620円〕がちょうどよいサイズです。熱々で提供してくれるので中に入っている肉汁の飛び出しに注意が必要です。

茶色くこげた部分はかりっとした触感で上部の部分はもっちりとした皮の触感を楽しめます。

中の肉あんはジューシーで一個でかなり満足できます。

他ではなかなか食べることができない焼き小籠包(しょうろんぽう)は中華街にきたら絶対に食べたい一品です。

ココ③ 江戸清 本店(えどきよほんてん)

ココ江戸清さんは、中華街の食べ歩きの火付け役になった元祖ブタまんのお店です。

ブタまん以外にもシュウマイや小籠包(しょうろんぽう)、焼豚(チャーシュー)なども販売していますが、ここ江戸清(えどきよ)さんはブタまんがもっとも有名です。

いろいろな種類のブタまんがありますが、シンプルにブタまん(500円)を選ぶのがポイントです。

とにかく大きいブタまんです。国産豚肉を使用しており、その上たけのこの触感がしっかりと味わえます。

コンビニで見かける肉まんを想像してはいけません。とにかく250gある長特大サイズです。2人でシェアして食べるのがベストです。

ココ④ 翠香園 菓子部(すいこうえんかしぶ)

ブタまんを食べながら中華街大通り(ちゅうかがいおおとおり)を進んでいくと、市場通り門(いちばとおりもん)にぶつかります。

そこを左折して進んでいくと市場通りの中央まできた辺りに翠香園(すいこうえん)があります。

ここのゴマ団子が有名です。

テレビ(TV)マツコデラックスやヒルナンデスなどでも紹介されるほどのお店です。

一個130円と少しお高めですが一日1000個も売れると評判のお店です。

お土産にとても適しています。

中華街には他にもゴマ団子を売っているお店は沢山あり値段もさまざまです。安いお店は一個100円で売っているところもあります。

味はお店によって少しずつ違いますので、楽しみ方としては歩きながらいろいろなお店のゴマ団子を一個ずつ買って食べあるくというのも中華街の楽しみの一つです。

 

中華街のトイレ事情

中華街は、お店で食事をすればトイレに困ることはありませんが、食べ歩きでテイクアウトばかりで中華街を歩いているとトイレに困ったという人は多いのではないでしょうか?

中華街の中を歩いているとなかなかトイレに出会うことはできません。

トイレは、

①朝陽門東(ちょうようもんひがし)の横浜中華街インフォメーションセンターにあり、車椅子(くるまいす)の方も利用できます。

②朱雀門(すざくもん)南を出たところ。

③玄武門(げんぶもん)北を入って一つ目の交差点(加賀町警察署西(かがちょうけいさつしょにし))を左折すると中華風の建物が特徴的なお手洗いがあります。

④延平門(えんぺいもん)西を入った最初の交差点を右折するとDパーキング横浜中華第一駐車場(よこはまちゅうかがいだいいちちゅうしゃじょう)が左手にあります。そこに車椅子対応の公衆トイレがあります。

このように見てみると、すべて中華街のメイン門の傍に公衆トイレが設置されていることがわかります。

門をくぐるときにトイレを済ませてから入っていくとトイレの心配をせずにすみますね!





横浜中華街へのアクセス

横浜へのアクセスはこちら↓の記事を参考にしてください。

横浜赤レンガ倉庫で横浜クルーズを楽しむための絶対ここは外せない 【保存版攻略法】

電車などの公共機関を利用するなら「ヨコハマ・みなとみらいパス」を利用するとよいでしょう。

車の場合は、土日祝日は早い段階で駐車場が満車になっていきますので、いくつか駐車場を事前に確認してから出かけることをお勧めします。

中華街周辺の駐車場検索

 

⇒ マクセル アクアパーク品川 ここが大事  楽しむための攻略マニュアル

⇒ よみうりランド 人気のイルミネーション らくらく渋滞回避術

⇒ 高幡不動尊 初詣の護摩修行は大混雑 らくらく渋滞回避攻略法

⇒ アパ(APA)ホテルが横浜・馬車道にアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉開業 新たなみなとみらいの夜景スポットを完全攻略

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 海の公園 潮干狩り 海の公園で潮干狩り シーズン到来 人気急上昇中スポットでの潮干狩…
  2. 聘珍樓 横浜中華街に行かなくても聘珍樓で食事ができる穴場スポットがある
  3. よみうりランドイルミネーション よみうりランド 人気のイルミネーション らくらく渋滞回避術
  4. 富士急ハイランド画像 富士急ハイランド2018年7月から入園料無料化で遊び方が変わる
  5. アクアパーク品川 マクセル アクアパーク品川 ここが大事  楽しむための攻略マニュ…
  6. 都立小金井公園 都立小金井公園(とりつこがねいこうえん)は犬連れOKで入園料無料…
  7. 多摩動物公園 多摩動物園公園に行くなら暑い夏はサマーナイトに行ってみよう
  8. シルバーウィーク旅行 シルバーウィークに夏の疲れをとるおすすめ旅行プランはこれ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. シルバーウィーク旅行
  2. オペレーター業務
  3. ウィルスバスター
  4. 高校進学
  5. 吉祥寺グルメ
PAGE TOP