レジャー

マクセル アクアパーク品川 ここが大事  楽しむための攻略マニュアル

アクアパーク品川

スポンサーリンク

マクセル アクアパーク品川と聞いてもピンと来る人はあまりいないかもしれませんが、しながわ水族館なら知ってる、という人はとても多いですね。

私も、しながわ水族館には子供が小さい頃に何度か訪れていてよく知っています。

しかし、アクアパーク品川は実際に行ってみるまでどんな施設なのかよく知りませんでした。

主人の会社の福利厚生の一環でミュージカルや人気スポットなどの鑑賞に無料で行くことができます。ここのところ毎年、宝塚講演(たからづかこうえん)を観てきましたが、今年はアクアパーク品川になりました。

申し込みの時になんとなく水族館ぽいところのようだとの認識で出掛けていきましたが、そこは水族館ではあるものの、単なる水族館ではなく音・光・水が上手く融合しており、イリュージョン(幻想)の世界が広がっています。

一度出ても、再入場のハンコを手の甲に押してから出ればその日、何度でも再入園が可能です。

休憩で、一度外にでてランチして、ゆっくり休んで再入場するということもできるので、小さいお子様も飽きずに一日過すことができます。





アクアパーク品川

〈営業時間〉

10:00~22:00

定休日:なし

営業カレンダー

 

〈チケット購入〉

アクアパーク品川を観るにはチケットが必要ですが、割引やクーポンなどがあれば是非利用してお得に楽しみたい!!

実際、割引クーポンなどはあるのでしょうか?

チケットセンター(1F受付または券売機)

大人:2,200円

小・中学生:1,200円

幼児(4歳以上):700円

 

WEB前売り入場券

 

年間パスポート

大人:4,200円

小・中学生:2,300円

幼児(4歳以上):1,300円

アクアパーク品川のチケットの割引は割引率が低く、クーポンについても見当たりません。

もともと、レジャー施設の中では安価なチケットなので割引率を高く設定することが難しいと思われます。

ですが、エポスカード窓口提示で100円割引や生協(せいきょう)/コープなどで事前にチケット購入すると100円割引となります。

年間に2回以上行くなら断然、年間パスポートを利用した方がお得です。

2回以上行けば元が取れるからです。当日券で入場して館内を観ているうちに楽しいから時々行きたいと思ったら、受付カウンターで当日券と年間パスの差額を支払えば年間パスポートを発行してくれます。

〈アクセス〉

〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)

TEL:03-5421-1111

〈電車での行き方〉

新幹線(しんかんせん)・JR中央線(ちゅうおうせん)・JR山手線(やまのてせん)・京浜急行線(けいひんきゅうこうせん)⇒「品川駅(しながわえき)」下車 高輪口(たかなわぐち)から徒歩5分

品川駅を出ると目の前に品川プリンスホテルがありますのでそれが目印になります。マクセル アクアパーク品川は品川プリンスホテルの一部にあります。

JR(ジェイアール)の改札を出たら左側の高輪口方面に歩いて行きます。

エスカレーター、または階段を下りていくとバスロータリーがありますが左斜め前方の大きな大壇歩道を渡って目の前のビルの右横の道を通り抜けて行くと飲食店やショッピング街があり左手に品川プリンスホテル入り口が見えてきますが、そこも通り過ぎ坂道を直進して行くと左手にアクアパーク品川の入り口があります。

なかなかの坂道なのでピンヒールや高めのヒールは歩くのが大変です。低めの安定した靴が歩きやすいですよ。

〈車での行き方〉

首都高速外環内回り「芝公園出口」⇒出口の信号を右折して直進します。第一京浜道路を右折してそのまま直進します。品川駅前、品川プリンスホテル前を通過して一つ目の信号でUターンして品川プリンスホテルの駐車場入り口へ。

首都右側外環外回り「芝公園出口」⇒高速を下りたら左折して、二つ目の信号を右折します。直進して行くと第一京浜道路にぶつかりますので、第一京浜道路を右折してそのまま直進します。品川駅前、品川プリンスホテル前を通過して一つ目の信号でUターンして品川プリンスホテルの駐車場入り口へ。

首都高速湾岸線東行き「大井南出口」⇒高速を下りたらしばらく直進していきます。品川方面の標識が出てきたら標識を道なりに左折していきます。しばらく直進していき、二つ目の信号を左折します。(五反田方面へ)

第一京浜道路を右折して、そのまま直進していくとホテルの駐車場が出てきます。

首都高速湾岸線西行き「大井南出口」⇒高速を下りたら、400㍍くらい直進します。品川方面の標識が出てきたら標識を道なりに左折していきます。しばらく直進していき、二つ目の信号を左折します。(五反田方面へ)

〈駐車場〉

30分/500円

アクアパーク、パーク内のショップ、ボーリング場、レストラン、映画館(シネマ)を利用して5,000円以上になると3時間まで無料になります。(割引があります。)

無料になるためには印証が必要になります。チケットセンター(1F)またはサービスセンター(1,2F)で発行してくれます。

 

〈施設の混雑状況〉

やはり、午前中がゆっくり観ることができます。午前中は水槽の魚や、CGの水槽も観ることができましたが、お昼に一度外に出てランチ後に戻ってきたら、マジカルグラウンドエリアは前に進むことができないくらいの大混雑で水槽なんか観られません。何とかくぐり抜けて前進し、2Fのワイルドストリート、アジアジャングルでアザラシやペンギンを観ようと思ったのですが、ここも小さいお子さんを中心に水槽に張り付き状態でなかなか観ることができませんでした。

ゆっくりと観たいなら午前中の早い時間帯に入園すること満足いくまで水槽を眺めることができそうです。

〈外せない一番の見どころはイルカショー〉

やはり一番の見どころは、イルカショーです。

イルカのショーだけでなく、全体のが光・水・色で構成されており幻想的で観る人を魅了します。

最後まで飽きることなく楽しむことができるのです。正直水族館は小さなお子様向けという感じですが、イルカショーは大人の人でも十分に楽しむことができます。昼の部、夜の部で構成内容が変わっているので一日いても楽しめます。

最前列から背もたれのない席までは、イルカショーのときにイルカがジャンプして水中に入るときに出る水しぶきで身体がびしょ濡れになる可能性が高いエリアです。

席取りはなるべき上段を選びましょう。

席は、上段から埋まっていきますのでショーが始まるギリギリより早めにきて席取りをすることをおすすめします。

どうしても間近でイルカを観たい人は、スタジアム内にある売店でポンチョが100円で売っているので必ず購入して被るようにしましょう。イルカのジャンプから出る水しぶきに当たるとびしょ濡れになります。

また、水は海水なので乾くと塩でべたつきがあったりします。濡れたら早めに顔を洗うようにしましょう。

足下が濡れてしまったり、タオルが必要な場合ショーが終わった後、会場のスタッフがタオルを貸し出ししています。拭いたあとは返却ボックスに回収となります。

小さいお子さんは、どうしても前方に行きたがります。

濡れるのが困るからと会場でお母さんがハラハラしているのをよく見かけます。

濡れるの覚悟で楽しむのもありです、着替えの準備をしていけば濡れても大丈夫です。

〈ベビーカー置き場〉

会場の最上段に2ヶ所ベビーカー置き場があります。エスカレーター上がって会場の奥マクセルアクアパークの看板がある両サイドあたりにあります。

〈トイレ〉

1Fマジカルグラウンドを抜けてコーラルカフェバーのエリアの端に男女、車いす用のトイレがあります。

2Fへ上るエスカレーター上がってすぐ左に男女と車いす置用のトイレがあります。

施設内でのトイレは、この2ヶ所しかないので小さいお子さんを連れての来場は余裕をもってトイレに行くことをお勧めします。

〈授乳室〉

トイレの少し先に授乳室があります。小さいお子さんがイルカショーでびしょ濡れになって着替えるときも利用できます。

〈コインロッカー〉

入り口に入って目の間にあるエスカレーターの裏手にコインロッカーが設置されています。

〈喫煙〉

館内にタバコを吸える場所はなく、外に出ても吸える場所が見当たりません。唯一品川プリンスホテルの3Fの婚礼会場控え室などがある階の片隅に喫煙コーナーがあるのでここでたばこを吸うことができます。

それ以外は、飲食店でもほぼ喫煙ができないと考えてよいでしょう。





まとめ

マクセルパーク内にも売店はあり軽食を食べることができますが、しっかりとしたご飯を食べたいなら一度外に出てレストランを利用する方がよいでしょう。

近くにあるレストランはランチでも2000円以上はかかります。先日入ったレストランですが、雰囲気はとても良かったのですが、隣との席があまりにも近すぎて、隣の人の当たり外れで楽しい時間が過ごせるかどうかが大きく左右されてしまいます。

どうせ一人2500円も払うなら、ホテルのレストランを利用すれば良かったと後悔です。

品川プリンスホテルのレストランホリデーランチは3500円くらいで食べることができます。バイキング形式でドリンクデザートまでいただけて、隣の席も適度に空間が保たれておりゆっくり過すことができると考えるなら決して高いとは言えない気がします。

歩きやすい靴で、着替えを持つかポンチョを持って出掛けましょう。

お昼は、ちょっと高いかもしれませんがホテルのビュッフェを選ぶことで、ゆっくりとした時間を過すことができその日一日楽しい時間を過したという満足感を感じることができるでしょう。

⇒ よみうりランド 人気のイルミネーション らくらく渋滞回避術

⇒ 富士急ハイランド 毎年人気の冬のクリスマスイルミネーションが無料で観られる

⇒ 昭和記念公園花火大会で花火をラクラク見学するための攻略法

⇒ 築地市場が豊洲に移転 豊洲市場と築地場外市場を両方楽しむための攻略法

⇒ 高幡不動尊 初詣の護摩修行は大混雑 らくらく渋滞回避攻略法

⇒ 横浜赤レンガ倉庫で横浜クルーズを楽しむための絶対ここは外せない 【保存版攻略法】

⇒ 南町田グランベリーパークにスヌーピー(SNOOPY)ミュージアムがオープン!その全容を公開

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 深大寺門前そば 深大寺の門前そば 平日も休日もいつでも混雑必至!安くて美味しいお…
  2. 羽村市動物公園 空いてる小さな動物園が人気!子連れのお出かけは羽村市動物公園に決…
  3. 南町田グランベリーパーク スヌーピーミュージアム 南町田グランベリーパークにスヌーピー(SNOOPY)ミュージアム…
  4. 富士急ハイランドクリスマスイルミネーション 富士急ハイランド 毎年人気の冬のクリスマスイルミネーションが無料…
  5. ピザ ピザ窯でピザ作り初心者でも簡単に自宅にいながらおいしいピザが楽し…
  6. 富士急ハイランド新料金 入園無料化になる富士急ハイランドが新料金体系を発表
  7. 千葉ポートパーク 潮干狩り 千葉ポートパーク アクセス抜群で潮干狩りやバーベキューが楽しめる…
  8. 八王子花火大会 八王子花火大会の場所決めから暑い日中を快適に過ごす為のノウハウ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 横浜中華街
  2. 保険セールスレディー
  3. 滝沢秀明
  4. 厚生労働省82万円の壁
  5. 聘珍樓
PAGE TOP