生活

扶養控除申告書どうする? 子供がアルバイトで扶養から抜けたら税金がヤバイ

扶養控除等申告書

スポンサーリンク

年末が近づくと毎年悩まされる、給与所得者の扶養控除等(異動)申告書(きゅうよしょとくしゃのふようこうじょとうしんこくしょ)。。。

子供が小さいときはあまり気にもしなかったこの書類ですが、子供が高校生、大学生と成長するにつれて気になりだす申請書ですね。

そうは言っても高校生の時は、年収でも扶養から抜けるほどアルバイトできる時間もないので心配ないのですが、大学生となると高校生の時とは違ってアルバイトができる時間も増えてきます。

うっかり、子供がアルバイトしすぎて稼ぎ過ぎてしまうと。。。

恐ろしいことになるんです(゜_゜>)

扶養から抜けてしまったら税金はどうなってしまうの?とハラハラする親御さんは多いのです。

思っていても、もし子供が扶養から抜けてしまったときにご主人の年収がどのくらい減ってしまうのかまでは、把握している人は意外と少ないのではないでしょうか?





まず、扶養控除ってどんなのがあるのか確認してみましょう?

扶養控除と扶養控除金額

①一般の扶養控除対象⇒38万円

その年の12月31日の時点で16歳未満の扶養親族(ふようしんぞく)のこと。

②特定扶養親族(とくていふようしんぞく)⇒63万円

その年の12月31日時点で19歳以上23歳未満の扶養親族のこと。

③老人扶養親族(ろうじんふようしんぞく)のうち同居老人以外⇒48万円

その年の12月31日時点で70歳以上の老人で、同居していないこと。

③老人扶養親族(ろうじんふようしんぞく)のうち同居老人⇒58万円

その年の12月31日時点で70歳以上の老人で、常に同居している祖父母、父母などがあたります。病院の入院なら同居(どうきょ)と認められますが、老人ホームに入所している場合は同居とは認められません。

 

今回は、②番の特定扶養親族(とくていふようしんぞく)が該当します。

19歳から23歳といいますと、高校卒業して働いているか、大学生(だいがくせい)か、専門学校生(せんもんがっこうせい)ですね!

働いているなら、当然扶養から抜けますので問題ありません。問題なのは大学生や専門学校生です。学校の授業の関係で多く働けるときもあればあまり働けない時もある不安定なアルバイトの状態の時にうっかり扶養から抜けてしまったら(+o+)

どんなことが待っているのでしょうか?

特定扶養親族(とくていふようしんぞく)の控除の条件は。。。

①親族要件

②所得要件

③年齢要件

となっています。

19歳から22歳の子供でアルバイトの収入が103万円以下/年という要件がすべて当てはまれば、特定扶養控除(とくていふようこうじょ)を利用できます。

※大学や専門学校に通っていなくても要件を満たせば利用できる控除です。

【所得税】控除額⇒扶養控除38万円+上乗せ25万円=63万円

【住民税】控除額⇒扶養控除38万円+上乗せ12万円=45万円

 

=給与所得控除(きゅうよしょとくこうじょ)計算=

<収入金額⇒給与所得控除額計算>

180万円以下⇒収入金額×40%(65万円に満たないとき65万円)

180万円超360万円以下⇒収入金額×30%+18万円

360万円超660万円以下⇒収入金額×20%+54万円

660万円超1000万円以下⇒収入金額×10%+120万円

1000万円超1200万円以下⇒収入金額×5%+170万円

1200万円超⇒230万円(上限)

 

=所得税率=

<課税される所得金額/税率/控除額>

195万円以下/5%/0円

195万円超え330万円以下/10%/97500円

330万円超え695万円以下/20%/427500円

695万円超え900万円以下/23%/63万6000円

900万円超え1800万円以下/33%/153万6000円

…..

 

<例:扶養人数子供2人(19歳.21歳)>

年収550万円

社会保険料78万円程度

基礎控除38万円

特定扶養控除63万円×2人=126万円

給与所得控除計算の表を見ながら計算していくと。。。

所得=年収-給与所得控除になるので、

給与所得控除は⇒550万円-{[550万円×20%+54万円]=164万円}=386万円①

社会保険料約78万円+基礎控除38万円(本人分)+特定扶養控除126万円(2人分)=242万円②

所得税⇒①-②×税率

※税率は①-②の金額を所得税率表にあてはめてください。

386万円-242万円×10%-97,500円

144,000円-97,500円=46,500円/年

おおよそ、となります。

 

これが、21歳の子供がアルバイトで103万円/年超えてしまったらどうなるでしょうか?

<例:扶養人数子供2人(19歳)>

年収550万円

社会保険料78万円程度

基礎控除38万円

特定扶養控除63万円×1人=63万円

給与所得控除計算の表を見ながら計算していくと。。。

所得=年収-給与所得控除になるので、

給与所得控除は⇒550万円-{[550万円×20%+54万円]=164万円}=386万円①

社会保険料約78万円+基礎控除38万円(本人分)+特定扶養控除63万円(1人分)=179万円②

所得税⇒①-②×税率

※税率は①-②の金額を所得税率表にあてはめてください。

①-②の金額を税額票にあてはめます。

386万円-179万円×10%-97,500円

207,000円-97,500円=109,500円/年

なんとその差、109,500円-46,500円=63,000円程度年間で税金を多く払うことになります。

今まで毎月、4,000円弱支払っていた所得税は9,000円程度まで増えてしまうことになりますね。↴

さらに、住民税も同じように控除が無くなりますので負担が増えます。

市民税は市町村ごとに納税金額が異なってきますので一概に計算は難しいですが、簡単な計算ソフトがありますので利用してみると良いでしょう。

住民税自動計算ソフト

計算してみた我が家の場合は、子供が1人特定扶養控除から外れたら、、、、

およそ、63,000円程度/年 増額の税負担となりそうです。(ー_ー)!!





まとめ

上記には、生命保険料控除や地震保険控除などのその他控除は計算していませんので、おおよその金額になりますが、所得税(しょとくぜい)と住民税(じゅうみkんぜい)合わせて約126,000円の増税です。

今までの手取りからさらに1万円引かれてしまうということになるのでしょうか。。。。

痛いですね;;

こんなことになる前に、早い段階で子供にはアルバイトの金額上限を伝えておきましょう。

もし、手遅れということならあきらめましょう!

来年は、気を付けるように子供に伝えるしかありません。

給料はほとんど上がらない時代に、社会保険料(しゃかいほけんりょう)の負担は大きくなり、子育てにもお金がかかり老後の年金も期待できないとなるとますますお金を使わなくなりますね。

経済が良くなるには、みんながお金を使って循環させないといけないのですが、恐ろしくて必要以上に使えません。。。

働けば働くほど税金や社会保険料をしっかり取られてしまいますが、それでも働かないと生活できません。少しでも収入が増えるように様々な工夫が必要です。

⇒ 格安SIMマイネオで年間19万円以上スマホ通信費を節約できた方法

⇒ 厚生年金国民年金の82万円という新たな壁は私たちにはどんな変化があるのか

⇒ 1DAY保険に注目自動車任意保険料が高い若い世代は上手に活用しよう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 厚生労働省82万円の壁 厚生年金国民年金の82万円という新たな壁は私たちにはどんな変化が…
  2. 保険セールスレディー 生命保険会社のセールスレディとして働いてみて良かったこと悪かった…
  3. 中古車業界就職 中古車業界で働くことを考えている人はまずこれを読むべし
  4. マンション マンション購入で絶対気をつけるべき4つの項目
  5. カーシェアリング カーシェアリングを利用するかマイカーを購入するか実際に検証してみ…
  6. 人工木ウッドデッキ ウッドデッキ選び人工木ウッドデッキを選ぶべき理由
  7. ゲリラ豪雨災害 ゲリラ豪雨の水害から身を守るために普段からしておくべきこと
  8. ぬか床の作り方 ぬか床の作り方と上手に保存する方法を知って健康的に節約しよう

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. リクルート服装
  2. 八王子花火大会
  3. 高卒認定試験
  4. ふるさと納税
  5. お盆休みホテル
PAGE TOP