生活

次世代放送4K8K 12月からNHKなどでスタート 今さら聞けないその内容

4K8K次世代テレビ

スポンサーリンク

とうとう、2018年12月1日からNHK(エヌエチケー)などで次世代放送(じせだいほうそう)新4K・8Kが本格スタートします。

以前から4K/8Kについての次世代放送サービスのニュースが度々取り上げられていましたが、2020年の東京五輪を前に、本格的なスタートとなります。しかし、4K/8Kという言葉はだれもが聞いたことがあると思いますが、その詳細まではなかなか浸透していないようです。





今さら聞けない4K・8Kってなに?

簡単に言うと、現行のテレビのハイビジョンを超える超高画質、次世代映像です。今よりも、もっと高精細で臨場感のある画質が楽しめます。色彩もより豊かになり、実際に見ている色により近い色を楽しるようになります。スポーツ鑑賞についても、ぼやけがなく、今までよりもよりなめらかな動きを楽しめるようになります。

4Kと8Kの違いは、

4Kは、現行の画質の4倍の高画質を楽しめます。

8Kは、現行の画質の16倍の高画質を楽しめます。

8Kは、美術館(びじゅつかん)、コンサートやスポーツなどの鑑賞により適しており、より臨場感のある映像を楽しむことができます。

2020年東京オリンピックまでに次世代映像である4K、8Kテレビで臨場感あるスポーツ観戦をしたいと思っている人も多いかもしれませんね。

どうして4K・8K放送が導入されるの?

これは、総務省(そうむしょう)の管轄で2020年の東京オリンピックを見据えて、多くの人々に、臨場感があり迫力のある映像でオリンピックを楽しんでもらうことを一つのの目的に導入されました。

4K・8Kを観るにはどうしたらよいの?

ほとんどの人は、現在使用しているテレビは4K・8Kに対応していないので、4K・8Kの高画質で観たいなら、テレビを買い替えないといけないという選択肢になるでしょう。

あるいは、もうすでに4K・8Kに対応しているテレビをお持ちの方もいるかもしれません。ですが、このテレビだけでは次世代映像である新4K・8K映像を視聴することができないのです。

対応テレビに加えて、BS・110度CSアンテナと新4K・8K衛星放送対応のチューナーの三点がないと視聴できません。(-“-)

現在市販されている4K対応テレビを使用している人は、新4K・8K衛星放送に対応していないため、新しい放送を受信するためには、新しい規格に対応した受信機やチューナーが必要になります。そして、新4K・8Kに対応する新たなCAS(キャス)チップが必要になります。

CASチップを入手するには。。

新4K・8K対応テレビを購入すると付属品でついてくるのですが、早期に購入した人は後日、別発送となることがほとんどです。a-cas(エーキャス)カードは、2018年10月移行随時発送の予定です。

5月に東芝(とうしば)が新4K8K内臓テレビREGZA(レグザ)を発表しています。a-cas(エーキャス)チップの量産は7月頃に始まるため、早く購入した人は、テレビのメニュー画面でQRコードを読み込むと東芝のサイトが表示されます。そこで必要事項を記入すると後日CASチップが届くという流れになっています。チップの製造が追いついてくれば、テレビを購入した時に同胞されることになるでしょう。

ちなみに、casチップはUSB形式になります。

新4K・8Kを視聴するときの注意

新4K・8K放送は、新しい放送波である左旋円偏波(させんえんへんぱ)という電波を使用します。

●現在の放送波である右旋円偏波(うせんえんへんぱ)で4K放送のみを視聴する場合。

機器交換が不要の場合もあるのですが、現在放送されている全てのBS放送のチャンネルが見られなくなる場合があります。現在使っている機器や施工状況によっては、新たに機器や配線の交換が必要になる場合があるのです。

●新しい放送波である左旋円偏波(させんえんへんぱ)での放送も視聴する場合。

=戸建て衛星(BS及び東経110度CS)受信システムの場合=

①交換が必要な場合・・・322MHz対応していない場合や電波が外部に漏れてしまう場合

・混合器(こんごうき)

・ブースター

・分配器(ぶんぱいき)

・同軸ケーブル

・直列ユニットor壁面端子(へきめんたんし)

・分波器(ぶんぱき)

②交換が必要な場合・・・左旋(させん)に対応してない場合

・BS/110度CSアンテナ

新4K/8Kを観るための工事費用ってどのくらいかかる?

=新築で新たに設置した場合=

・アンテナ・・・25,000円程度

・ブースター・・・30,000~40,000円程度(電波が弱いときだけの工事)

・テレビ端子・・・5,000~7,000円程度

・アンテナ混合器・・・7,000円程度(ブースターを使用した場合は不要)

・分配器・・・5,000~20,000円程度(部屋数によって変動)

・分波器・・・4,000円程度

結構かかるのがお分かり頂けるかと思います。。。

導入するかは慎重に検討しましょう。

 

次世代放送である新4K・8K映像は誰でも観られるわけではない。

基本的に地上波でテレビを見ている人にはほとんど関係のない話です。次世代放送を観たいのであれば、対応テレビや受信機器費用の他に、衛星受信料を支払って有料チャンネル契約をしなければならないということです。

=新4K・8K衛星放送に参入するチャンネル=

(BS右旋で4K実用放送の認定を受けたチャンネル)

・BS朝日(視聴料無料)

・BSジャパン(視聴料無料)

・BS日テレ(視聴料無料)

・NHK SV 4K

・BS-TBS 4K (視聴料無料)

・BS-フジ(視聴料無料)

※BS民放5局は視聴料無料

(BS左旋で4K実用放送の認定を受けたチャンネル)

・ショップチャンネル

・QVC

・映画エンタテイメントチャンネル

・WOWOW(ワウワウ)

・NHK SV 8K

(110度CS左旋で4K実用放送の認定を受けたチャンネル)

・スカパーチャンネル4K 1~8チャンネル

これらの、チャンネルで新4K・8Kを楽しむことができます。有料チャンネルがほとんどなので次世代映像を楽しむなら、もれなく有料チャンネルの契約が必要になる場合がほとんどです。





まとめ

新4K/8K次世代放送を視聴するためには、対応テレビとBS/CSアンテナ、衛星放送対応チューナーが必要です。新4K/8K次世代放送対応テレビでない場合は、アンテナ、チューナー以外にも部品が必要になったり、工事が必要になる場合があります。

地上波しか観ない人には何かを交換したり、工事が必要になることはありません。今まで通りお使いのテレビを視聴することができます。

新4K/8Kで次世代放送を視聴するのは衛星放送になります。BS民放5局は無料チャンネルのため視聴料はかかりませんが、それ以外の有料チャンネルで次世代放送を視聴する場合は、対応テレビ、アンテナ、チューナーと工事費用に加えて、毎月の視聴料がかかります。

映像にこだわりがあり、臨場感、迫力のある映像をどうしても観たいという人にはそれだけの費用をかけて切り替えるのもありかと思いますが、費用面を考えるとじっくり検討してからの切り替えをおすすめします。

⇒ 派遣会社選びを慎重に 誰も教えてくれない派遣会社の裏事情

⇒ ローソン銀行が開業することで、私たちにメリットがあるのか検証してみた。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. 厚生労働省82万円の壁 厚生年金国民年金の82万円という新たな壁は私たちにはどんな変化が…
  2. ふるさと納税 ふるさと納税返礼品の制度見直しで得する人はやっぱりこの人だった!…
  3. 派遣会社の裏事情 派遣会社選びを慎重に 誰も教えてくれない派遣会社の裏事情 
  4. トマト栽培 トマト栽培で良く起こる現象尻枯れ病はどうして起こるのか
  5. コールセンター コールセンターと総合コールセンターの違いを理解せよ!仕事選びで後…
  6. 傷病手当金 傷病手当金をもらっていると配偶者の社会保険に加入できない現実
  7. エアコン掃除 エアコンの嫌な臭いを速攻で完全消臭できる裏技 誰でも今すぐ簡単に…
  8. 外壁・屋根塗装補助金 外壁塗装・屋根塗装で補助金が利用できる場合があるのをご存じだろう…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. アクアプール多摩
  2. 換気口掃除エアコンフィルター
  3. 保険セールスレディー
  4. オペレーター業務
  5. 安室奈美恵
PAGE TOP