レジャー

高幡不動尊 初詣の護摩修行は大混雑 らくらく渋滞回避攻略法

高幡不動尊

スポンサーリンク

年末は、毎年恒例の除夜の鐘(じょやのかね)から始まり、初日の出、初詣(はつもうで)と神社(じんじゃ)やお寺(おてら)や初日の出スポットといった場所が大混雑します。

そんな、大混雑とわかっていてもなぜか日本人は初詣に行きたいのです。

初詣で厄(やく)を落としたり、受験合格のお願い、家内安全(かないあんぜん)などたくさんお願いしたいことがあるからですね。(^_^.)

私も、家から車で15分~20分くらいで東京都日野市(とうきょうとひのし)にある有名な高幡不動尊(たかはたふどうそん)のお正月の護摩修行(ごましゅぎょう)に行くことがあります。お正月の高幡不動尊の混み具合は半端ではありません。

ゆっくり出かけようと思っている人は覚悟しくださいね!





多摩都市(たまとし)モノレールの「高幡不動駅(たかはたふどうえき)」から5分の場所にありますが、お正月は、駅を降りてからその5分の距離へ到着するのに1時間以上かかるときもあるのです。夜中から始まっている護摩修行から帰ってくる人達とこれから高幡不動尊へ向かう人達でなかなか前に進むことができないからです。

境内(けいだい)も多くの人がいるため、入場規制がかかってなかなか中に入ることができません。

電車やバスといった公共機関で訪れても周辺は人、人、人でなかなか思うように歩くことができないことは覚悟しなければなりません。車での来場はもっと覚悟が必要です。年末年始の高幡不動尊は終日開いているため、専用駐車場に停めることは容易ではありません。周辺にも有料コインパーキングはありますが、すぐに満車になってしまいます。

私は、元旦の朝5時に高幡不動尊に到着するように出かけますが、高幡不動尊の目の前の道路はもうすでに渋滞気味でした。

朝の5時頃の高幡不動尊到着で、ギリギリ専用駐車場に停めることができました。

そのあと30分もしないうちに満車になってしまいました。

危なかったです。。。(^_^.)

車を駐車して護摩修行の受付に行ったのですが、これまた混んでいて受付に15分~20分くらい並んだでしょうか、護摩修行には護摩料金(ごまりょうきん)がかかります。

護摩修行

お護摩とは、梵語でホーマ(homa)といい、〈焚く〉〈焼く〉などの意味をもつことばで、仏の智慧の火を以て煩悩(苦の根元)を焼きつくすことを表します。

御本尊(不動明王)の前に壇を設け、さまざまな供物を捧げ、護摩木という特別な薪を焼きつくし御本尊に祈る真言密教独特の修法で、たいへん霊験あらたかであると云われております。

お護摩の火は不動明王の智恵を象徴し、薪は煩悩を表しています。護摩の儀式を通じて薪という煩悩を、不動明王の智恵の炎で焼きつくし、ご信徒と共に、ご信徒の願いが清浄な願いとして高まり、成就する事を祈ります。

お願い事は、家内安全・商売繁昌・身体安全・厄災除・災難消除・当病平癒・手術成就・負傷平癒・心願成就・社運隆昌・事業繁栄・工事安全・作業安全・交通安全・旅行安全・安産満足・六三除・方災消除・身上安全・無病息災・合格成就・就職成就・学業成就・開運満足・新生児祈願・ 御礼等が有ります。

引用元:高幡不動尊HP

お願いするための護摩札(ごまふだ)は、札(ふだ)の大きさで料金が代わってきます。

護摩料(ごまりょう)3,000円、5,000円、10,000円、30,000円の4種類があります。金額が大きくなるにしたがって木札が大きくなります。私が護摩修行を受けていて分かったのは、30,000円以上の大きな木札を購入した人は、護摩修行お焚きあげのときのにお坊さんがお経を呼んでいるときに札に書かれた名前を読み上げてくれていました。ほとんどは、企業さんで個人の方はいなかったように思います。商売繁盛(しょうばいはんじょう)にと会社の名前で祈祷(きとう)してもらっている人が多かったように思います。

個人の参加では、3,000円や5,000円くらいの人が多かったと思います。私も、3,000円の護摩料を払って護摩修行をしました。

お正月の初詣の護摩修行(ごましゅぎょう)はいつ行ったらよいの?

おすすめは、元旦の朝3時から5時ころまでに高幡不動尊に到着するように出かけるのがおすすめです。

八王子(たちおうじ)や昭島(あきしま)方面から来ると高幡不動尊の駐車場は右手となり反対車線からくる車が渋滞しているとなかなか入ることができない可能性があります。できたら、聖蹟桜ヶ丘(せいせきさくらがおか)や立川(たちかわ)方面から来ると高幡不動尊の駐車場は左手にあるのでスムーズに入ることができます。

お正月三が日は、夜中も結構混んでいますが、昼間ほどではありません。昼間に出かける予定の人はかなりの覚悟で出かけてくださいね。こんな人混みは絶対嫌だという人は1月下旬ころをおすすめします。このころになると混雑もかなり解消されていますので、、、

高幡不動尊

住所:〒191-0031 東京都日野市高幡733

電話:042-591-0032

アクセス

=車の場合=

中央高速道路 国立・府中I・C~国道2号線 日野・八王子方面から川崎海道で高幡不動方面へ

中央高速道路 八王子I・C~国道16号線 橋本方面から北野海道に入り川崎海道から高幡不動方面へ

駐車場:無料

高幡不動尊近隣駐車場

=電車の場合=

京王線 「高幡不動駅」下車 徒歩3分

中央線「立川駅」から多摩都市モノレールに乗り換えて「高幡不動駅」下車 徒歩5分

お正月の護摩修行の時間は?

元旦は午前0時から、2日・3日は午前6時からとなり、4日からは午前8時からというスケジュールです。

※昨年の予定ですが、毎年ほぼ変更がありません。

護摩修行は予約制ではないので、当日来場したときに受付を済ませて先着順でおこなうことになります。

護摩修行の時注意すること!

護摩修行のため本堂に通されると、かなりの人数が座っています。そのため足を崩して座ることはできません。正座で30分近く座ることになりますので、正座に慣れていない人はかなりつらい時間となることは覚悟してください。私も知らずに行ってしまい、護摩修行が終わった後足が痺れてしばらく立ち上がれませんでした。。。(^_^;)

正座椅子のようなものがあるとかなり便利です。というか、正座が苦手な人は絶対持っていくことをおすすめします。

後は、真冬の明け方ということでかなり本堂も冷え込んでいますので、ホッカイロなどあると安心ですね。

高幡不動尊はペット同伴可能!

高幡不動尊の園内はペット同伴可能です。ワンちゃんと一緒に初詣もできますが、三が日は特に多くの人で混雑していますので、人ごみが苦手なワンちゃんは一月下旬の少し空いてきたころに出かけるのがよいですよ。

ちなみに、電車でペットと一緒に来る場合は、立川からの多摩都市モノレールはワンちゃんの料金は無料で乗車できます。犬用ベビーカーも折りたたまずに乗車できます。





まとめ

初詣の護摩修行に行く場合は、夜中から明け方5時前には来場できるようにしましょう。それ以降はどんどん人が増えていきます。

護摩修行をする際に正座に自身のない人は、正座椅子(せいざいす)を持参しましょう。

高幡不動尊は一年のうちで正月三が日が最も込み合いますが、それ以外でも四季折々の花々を楽しめることから、4月の桜(さくら)のシーズンや6月のあじさい(アジサイ)のシーズンもかなりの人で混み合います。

目の前の北野海道(きたのかいどう)は、日中はほとんど渋滞しています。近くには多摩動物園(たまどうぶつえん)もあることから特に4月あたりの気候のよいときはさらに北野海道が混雑します。

そのシーズンに来園を考えている人は、早い時間帯に高幡不動尊に到着するようにしましょう。

遅い時間になればなるほど、目の前の北野海道は渋滞が激しくなります。

⇒ 多摩動物園公園に行くなら暑い夏はサマーナイトに行ってみよう

⇒ 富士急ハイランド 毎年人気の冬のクリスマスイルミネーションが無料で観られる

⇒ 築地市場が豊洲に移転 豊洲市場と築地場外市場を両方楽しむための攻略法

⇒ 昭和記念公園花火大会で花火をラクラク見学するための攻略法

⇒ よみうりランド 人気のイルミネーション らくらく渋滞回避術

⇒ マクセル アクアパーク品川 ここが大事  楽しむための攻略マニュアル

⇒ 横浜赤レンガ倉庫で横浜クルーズを楽しむための絶対ここは外せない 【保存版攻略法】

⇒ 谷保天満宮(やぼてんまんぐう) 初詣スポットで大人気!寒さ対策おすすめルート

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でhappy_recipe777をフォローしよう!


スポンサーリンク

関連記事

  1. キャンプ キャンプ場でこれだけあれば満喫度120%の7つ道具
  2. 部分日食 部分日食を観る人必見!3年に一度の部分日食を見るためのベストな場…
  3. 八王子花火大会 八王子花火大会の場所決めから暑い日中を快適に過ごす為のノウハウ
  4. PICA富士吉田 PICA富士吉田キャンプ場とその周辺の楽しみ方
  5. サマーランド サマーランドで一日快適に過ごすための外せないポイント
  6. 昭島市民プール 東京都の昭島市民プールの駐車場にスムーズに入るには
  7. 富士急ハイランド画像 富士急ハイランド2018年7月から入園料無料化で遊び方が変わる
  8. サマーランドナイトプール サマーランドのナイトプールで楽しく過ごす為の外せないポイント

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 聘珍樓
  2. 株主優待
  3. 子育て画像
  4. 葬儀
  5. 七五三
PAGE TOP